初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 

2018年01月31日

”鳥にアロマは危険?”

前回に続いて、本日、2つ目の更新です。

アロマディフューザーを使用して、リラックス気分を楽しまれる愛鳥家さんはおられるでしょうか?

 リラックスするにはお手軽な商品では有りますが、こちらを使用する事で、鳥さんの健康・命に関わるかも知れない事柄が起きています。

注意ご使用される際には、下記のサイトや・かかりつけの獣医師などにご相談の上で、安全にご使用される事をお勧めいたします。

 ・鳥にアロマは危険?(アメブロではリプログ・画像リンクで表示してあります)

 ひらめき電球他に参考になるサイト:

・コンパニオンバード.com:アロマのインコへの影響、アロマディヒューザーの危険性について。

  また、上記リプログサイトに掲載されている画像の中に、私のブログ記事も表示されていましたので、こちらも改めて記載させて頂きます。

〜今流行のアロマでヒューザーの使い方について〜(14年の記事になります)

  私達の周りには、身近に・手軽に有りつつも、鳥さんにとって危険なものが沢山ある事に注意して行きたいですね。 

アメーバブログからの転記になります。


  

posted by うず惚れ at 04:38 | Comment(2) | L鳥用に〜:お役立ち&ご注意情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100均で販売されている除菌ティッシュについて

こんにちは。

今月1月4日からのシッティング中、鳥友達から貴重な情報を頂いていました。

シッティング日記が終わってから転記させて頂く予定でしたが、すっかりずれ込んでしまいましたので、今回遅ればせながら記載させて頂きますあせる

100均で販売されている除菌ティッシュ」を、鳥さんのケージ掃除に使われている方もおられるかも知れません。

こちらのティッシュに、鳥さんにとって有害となる物質が含まれている事はご存知でしょうか!?

注意鳥さんを飼われている方には大切な情報です。
情報元からの「拡散・コピペしてよい」との許可を頂いていますので、こちらに転機させて頂きます。

以下、転記文になりますメモ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

TUBASA「愛鳥塾」後のトークセッションで
獣医の方が「最近気になっている」ということでお話されたそうです。
「是非拡散を!」と、特別講師として参加された方からご連絡頂きました。
下記頂いた原文のままです。

「100均(特に100均で、とおっしゃっていました)で
売られている、『除菌ティッシュ』をケージの止まり木や、鳥部屋での掃除(フンをふき取るなど)に使われている飼い主さんが飼っている鳥さんたちが肝臓がパンパンになっているケースが見受けられる」とのことです。
もし、処置が遅ければ早くて3日ほどで亡くなってしまうことがあるそうです。

恐らく、この『除菌ティッシュ』に含まれている成分を小鳥さんがなめてしまい、それがどうやら肝臓に悪影響を与えているようです。

鳥さんにアルコール系「エタノール」ましてや「メタノール」は禁忌です!!!
どうか飼い主のみなさまくれぐれもお気をつけてください。
毎日のケージやお部屋を掃除するのに使用する洗剤などは、くれぐれもその成分にはご注意を。
自然のもの由来と言っても、どこまでがそうなのかはわかりかねます。
一番安全なのは熱湯など、明らかに他の成分が入ってないものを使うのが無難だそうです。」

と、コピペでも使用してよいとありましたので、掲載しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注意どうぞお心当たりのある方は、こちらをご覧になり、また鳥さんを飼われているお友達などにもご連絡・拡散して頂けますと幸いです。

アメーバブログからの転記になります)


  


posted by うず惚れ at 04:24 | Comment(4) | L鳥用に〜:お役立ち&ご注意情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

〜さぁ、ケージのバリアフリー化するぞ!!転記〜

こんにちは。

闘病用の小さなケージにすんなり移ってくれれば良いのですが、まだそこまでしなくても〜という鳥さん、いませんか?
あるいは、2羽凄く仲良く同居していて別々にするとストレスが〜という事も・・・。 

・・・我が家の鳥達の中にもそんな困ったサンが・・・。
かかりつけ医に尋ねると、「最終的に生活・安静・体力温存しなくてはいけなくなるまでは、一緒に生活させてあげるのも元気の元かもしれませんね。」との事。

そんな、2羽が一緒に過ごす事が出来て、上の止まり木から落ちても怪我をしないようなレイアウトを闘病記から転記したいと思います。(^^ゞ。
特に今回は止まり木を低くしなくても、上げ底に出来て落ちても怪我の心配が少ない応報を〜と思います。

・・・ケージは至って普通。
どこにでもある昔ながらのセキセイインコ用ケージです。
おなじみHOEI社のケージですね。
←楽天市場参照。今は色々と保温や介護に便利なケージが沢山売られていますよね♪

今回はケージ自体を替えず、止まり木も低くせず、止まり木から落ちた時に怪我をしないようにだけする事にしました。
・・・なんて言っても高齢鳥がパニックになるんだもの・・・^^;。

・・・と言う事で、このブログを作成する前に亡くなってしまった子(ミントちゃん)にも試した、「踏ん切り網撤去&上げ底床」計画を試してみる事にしてみました。

IMG_3834.JPG
↑その時の計画実行中写真。
たらーっ(汗)理由は同じく他に離れない同居の子(この時はパルちゃん^^;)がいた為。病気の子のみ床で生活して貰い、元気な子は上で生活して貰う事に・・・。
  1. そんな訳で、まずは糞切り網の撤去。 
    IMG_4038.JPG
    ↑ケージから糞切り網を取り除きます。糞切り網が無くなるだけで、落下した時に怪我をする確率が格段に減ります。固いものね・・・。 

  2. 次に我が家ご用達、100円ショップで売られている食器などを包むプチプチ登場!!  
    IMG_4040.JPG
    ↑今使っているケージには切らなくても良い、丁度ジャストなサイズが売られていて便利です♪汚れが気になるようであれば、プチプチの袋を更に別の袋(指定ゴミ袋など)で梱包すれば、外側が汚れたら外袋部分だけ取り換えれば良いので便利です♪
    ひらめき私は使った事が無いですが、今はペット・ケージ用シーツ(インコ用)も売られているようなので、こちらをプチプチや新聞紙の代わりに使うのも良いかも?ですね。
    いずれも鳥専門店CAP!から♪
  3. こちらを糞切り網が無くなって低くなった床一面に敷き詰め、上げ底状態にします。
    IMG_4039.JPG
    ↑まさにジャストサイズ。簡単に糞切り網が有った時と同じ床の高さに出来て、エサ入れなどを低い位置に置き直す必要もなく、落ちてもプチプチがクッションになって足を痛める事もありません♪高さはプチプチの枚数を増減する事で自由に調節出来ます。 

  4. 丁度良い高さに調節出来たら後はこれまで通り新聞紙を上に乗せるだけ。 
    IMG_4041.JPG
    ↑いつも通り新聞紙が敷いてあれば、糞切り網が無くても鳥さんは違和感を感じません。高さも同じなのでエサ箱の調整などもしなくて済むので、これまでと全く同じ生活を送る事が出来ます♪ 

  5. 最後は元通りケージに設置すればよいだけ。 
    IMG_4042.JPG
    ↑糞切り網と同じ高さにプチプチを入れて新聞紙を敷いているので、いつも通り・違和感も手間も無く新聞紙の出し入れ・取り換えが出来ます♪

    ひらめき後は補助的に上に上り易いようにハシゴを設置したり、鳥に必要だと思う工夫をするだけです。
    我が家では既にハシゴは入れてあったので特に追加で入れる必要はありませんでした。

・・・これでいつもの大きなケージで生活して貰いつつ、上の止まり木から落ちてもクッションが有るので怪我をする(悪化させる)心配もありません
高さも糞切り網が有った時と同じ高さなので、床が低くなって前よりも高さが出て危険〜という事もありません。

ひらめきもちろん落下しそうな部分には物を置かないことも必要ではありますね。

プチプチでこれまでと同じ床の高さに調節してあるので、床に直にエサ箱他を置く必要もありません
新聞紙を交換するたびに床に置いたエサ箱他を出し入れしたり・ずらしたりする必要もないので、鳥さんのストレスにもならずに済みます。

exclamation新聞紙を出し入れする時に多少、ケージの床・出し入れ口に引っかかったりする事はありますが、それ位は仕方の無い事、と言う事で・・・。^^;。

exclamationあとは、もし女の子など発情していたり心配の可能性が有る子だと、新聞紙に潜ってしまう可能性が有るので、この方法は使えないかもしれませんね・・・^^;。
たらーっ(汗)実際ケージ住まいの子(男の子ですが)も時々新聞紙を破って暴走していますから^^;。
暴走するだけなら良いのですが・・・(^^ゞ。

とりあえず、まずは上記方法でバリアフリーリフォーム化終了です。
糞切り網が無くなっただけなので2羽共に違和感無く生活してくれています。

早朝に相変わらず誰かが落ちる音がしますが、これまでのように糞切り網が有って「ガシャーン!!」と言う音がするよりは、「ポスン」という音で済んでいるので前よりは安心かな?と思ったりも・・・。

本当は低い止まり木のみで生活して欲しいのだけれど、くららちゃんパルちゃんのように、小さな闘病用ケージでいよいよ過ごさなければならなくなるまでは、出来るだけ普通の生活をさせてあげたいとも思いますよね・・・。

exclamationもちろん鳥がギリギリまで止まり木に止まって我慢する事は知っているので、そういう兆候を見落とさないように常に観察・兆候が出たらどんなに嫌がっても体調優先ケージにしますが・・・。

今はこの床の状態で違和感なく普通に生活している2羽なので経過観察といったところでしょうか?。
病鳥の状態に応じてレイアウト改良・リフォームしなければならないので、いつも頭を悩ます私です。

あせあせ(飛び散る汗)今も腫瘤から時々出血の絶えないくららちゃんのケージレイアウトを、毎日試行錯誤しつつ変えています。
どうしたら腫瘤を引きずらずにくつろいだり・移動したりできるかなぁ・・・?

皆さんの所ではどんな素材を使ってリフォームされていますか?
お役立ちグッズが有ったら教えて下さいマセ。

↓良かったらポチッとお願いします。
 にほんブログ村 にほんブログ村にほんブログ村

こちらのケージレイアウト情報(素材)に関しては、「鳥用に〜お役立ち&ご注意情報」にも一部抜粋転記しておきたいと思います。

2014年07月05日

〜トーラス社 「小鳥の知恵快調飲料」のお勧めと注意点〜

こんにちは。
今回別のカテゴリ【愛鳥闘病記】で紹介させて頂いた、「トーラス社 小鳥の知恵快調飲料」について、こちらの鳥グッズカテゴリでも転記・追加編集してご紹介させて頂こうと思います。

今回、くららちゃんの糞の状態・病院から処方された「止血剤+抗菌剤」を飲まない事が判明し。
それに代わるサプリとして教えてもらったサプリメント。

かかりつけ医から新しく教えてもらった、前回の日記でも書いた鳥用サプリメント!!

↑こちらのサプリは鳥専門の本格的なサプリ(ネクトン他)が出るよりも前から、私もホームセンターで良く見かけた記憶があります。
見た事がある方もおられるかもしれませんね。


・・・ただ、まだ鳥に関する知識なども浅かった頃
ホームセンターで売っている物は場合によっては「小動物」と一緒にされており、

  • 本当に鳥用か。
  • 信頼できる栄養素がきちんと入っているか。
  • 消費期限は記載されているか。
  • 新しい日付の物か。古い在庫整理品ではないか。

・・・といった不安材料も沢山あり、かかりつけ医もお話ししていましたが私も、「正直言って信頼していなかった。」というのが正直な感想でした。

けれど、鳥に関するエサや飼育用品もある程度ホームセンターでも充実するようになったからでしょうか?
こちらの商品にもスポットが当たるようになったそうです。

サプリの中に入っている原材料については、上記画像をクリックして頂くと内容が記載されたページに移動しますので、そちらで確認されて下さい。
メーカーである「トーラス社」が記載されている「特徴(効能)」も記載されています。

この記載に加えて今回、かかりつけ医がお勧めしたこのサプリの良い点と言うのが、

  • 原材料の中に漢方がいくつか含まれている
  • 人でも漢方薬を飲むのは苦くて苦手な人が多いが、このサプリは漢方から抽出された甘味料が使われていて、これまでに使用した子は比較的飲める子が多かった
  • 上記HPの特徴(効能)には記載されていないですが、原材料として挙げられているものの中には、他の特徴(効能)として、「消化を助ける。」「腫瘤等からの炎症を抑える抗菌作用」がある。
    ひらめき鳥専門に処方してもらっている「強肝剤」と成分が似たようなものが入っている為、こちらのサプリを与える時は「強肝剤」とは一緒に混ぜない事(入れない事)という注意点もあります。
    他の薬を処方されている鳥さんについても、同じように相談されて下さいね。

・・・といった点。

腫瘤からの感染や炎症が心配。」「糞の状態が安定しない。」「処方薬では無く出来るだけ自然に近い、体に優しいサプリで体調改善が望めるかもといったくららちゃんの状態回復には合うと思われるサプリ

くららちゃんにはお勧めかも。似たような症状で改善が見られた子も(数はまだ不特定らしいですが)いる。当てはまる症状がある子には一度試してみるのも良いかも。」と勧められた次第なのでした。

帰宅後私も気になって、ネットで原材料を一つ一つ調べてみる事に
すると、各原材料ごとに、「整腸作用・消化を助ける・炎症を抑える・便秘軟便改善・消化促進・抗菌作用・化のう止め・甘味料・肝機能障害の補助」といった特徴(効能)がある事が書かれていました。

もちろん原材料全てが漢方薬ではありません。
原材料の中のいくつかが漢方薬となっていました。
アマゾンの口コミ(小鳥の知恵 快調飲料 )などを見ると、良くなった子もいれば微妙な子もいて鳥さんによって様々なようです。

「健康な子や通常のサプリが必要な子であれば、鳥専門店で売られている
【鳥用総合ビタミン剤の定番】NEKTON【ネクトン】NEKTON-S(ネクトンS) 35gなどで十分」だとも、かかりつけ医は言われていました。

ひらめきくららちゃんのように闘病中・排便に問題がある子など、特定の疾患持ちの子限定、あるいはかかりつけ医に相談の上、与える方が無難だと思います。
なのでかかりつけ医も「そのサプリに合うと思われる症状の子にのみ勧めている。」と言われたのだと思います。


とりあえず近くのホームセンターで購入し、一度「強肝剤」を中止してこちらの小鳥の知恵 快腸飲料 / 小鳥の知恵 / 鳥 エサ小鳥の知恵 快腸飲料(30mL)【小鳥の知恵】[鳥 エサ] を50CCの水(強肝剤の粉薬を混ぜるのと同じ水の量)に3滴入れて、お試しで与えてみました。

苦手な「止血剤+抗菌剤」が入っていなかったせいもあるのかも知れませんが、くららちゃんは違和感なくサプリ入り飲み水を飲んでくれました♪
そうして以前に近い、丸い尿のある糞を自力でしてもくれました〜♪

先生やサプリの説明書には「状態に合わせて適量を。」「セキセイであれば3〜5滴で良いと思います。」との事だったので、5滴にしてみると・・・?
味が違うのか(量的にはほんのちょっとなんですよ。容器の入り口がスポイドのように小さいので^^;)途端に飲むのを控えるので、今は3滴で様子を見ています。

ひとまず自力で糞してくれるようになりました。
日によって、コロコロした良い形であったり・崩れていたり〜と、まだ不安定ではありますが圧迫排便の補助はほとんど無くなりました

サプリが効いて来たのでしょうか・・・?

とりあえず、今の所くららちゃんは自力で少しずつ良い感じの糞をしてくれています。 回数も増えてきました。
糞だけなら状態は良好になりつつあるようでした(*^_^*)。

ひらめき今回ご紹介したサプリに興味がある方は、良く医師と相談された上で与えられるか決めて下さいね。
医師によってはお勧めしない考えの方も、もしかするとご存じない方もおられるかと思います。
その点はご了承くださいマセ

あくまでもくららちゃんの状態を想定した上での紹介です。

今は鳥専門に
【鳥用総合ビタミン剤の定番】NEKTON【ネクトン】NEKTON-S(ネクトンS) 35gなどで十分」なども販売されていますよね。
整腸作用のある物も色々なメーカーさんから出ているので、わざわざこちらを与える必要はないのかも知れません。

当てはまる子にはお勧めのサプリともなるかと思いますので、参考までに紹介させて頂きました。。

トーラス社 小鳥の知恵シリーズー楽天市場
小鳥の知恵 快調飲料ーアマゾン

↓良かったらポチッとしてね。 
にほんブログ村

にほんブログ村

2014年01月18日

〜今流行のアロマディフューザーの使い方について〜

いつもご訪問有難うございます。

先日、私自身の闘病日記で「超音波式加湿器」を新購入し使い勝手が良かった〜といった内容の日記を掲載しました。

こちらの加湿器には、器具に指定された部分にアロマオイルをたらしてその香りを発散された水蒸気と一緒に放出する・・・という、癒し・アロマ効果作用も一緒に楽しむことが出来る仕様となっています。
←私が購入した超音波式加湿器です。

ブログでも書きましたが、私は匂い系全般で喘息が出てしまうので私自身使う事はありませんが、今はこういう加湿器やアロマ効果のある物が結構出回っていますよね。
・・・そんな内容の日記を公開した時に、とある鳥飼い友人から注意を促す情報提供メッセージを頂きました。

とある鳥を飼っておられる方のブログで、アロマディフューザー(精製油はラベンダー)を使用したところ、使用して暫く立った後、鳥さん達が相次いで落鳥した〜という内容のものでした。
それで私にも「こういう事があったようです。」と情報を下さったのですね。

因みにアロマディフューザーというのはどういうものかご存知でしょうか?
★アロマディフューザーはこちらー楽天市場より★
★私が購入した超音波加湿器はこちら。アロマ効果が有る様式の物もありますー楽天市場より★
商品自体は異なる物も多く、ディフューザーの方がアロマ効果の高い仕様に感じますが、加湿器にもアロマ効果を出すことのできる物が出回っている事がお分かりだと思います。
使われている方もおられるかもしれませんね。

・・・そんな中での友人からの不慮の事故を知らせるブログの記事を紹介して貰い、私自身も読みに行って確認した次第です。
具体的にどういう仕様の物・アロマ精製油を使われたのか分からないので、どんな物・当時の使っていた状況・鳥さんとの関係は分かりませんが、「こういう危険もあるようですよ。」という情報でした。

丁度先日パルちゃんの診察の前に頂いたメッセージだったので、かかりつけの小鳥の先生にも「詳しい状況は分かりませんが〜」と言う事を前提に確認してみる事にしました。

続きを読む

↓良かったらお好きな所をポチッとお願いします♪


↓鳥さんの闘病日記関係を集めた「日本ブログ村」のトラコミュです。病気に関するブログ・情報が表示されます。良かったら参考にされて下さい。
 にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ鳥の病気・怪我・病院

みんなで作る鳥の楽園とりっち←会員登録・参加しています。
 
小鳥レスキュー会 バナー.png
 
←埼玉県にある、鳥の保護・お世話をしているNPO法人です。保護情報は、主に法人のある埼玉県周辺になりますが、まだまだ法人の存在や活動内容について、ご存知ない方も多いので、是非1度ご覧になって見て下さいませ。NPO法人小鳥レスキュー会 活動ブログはこちら