初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 

2016年05月20日

〜【愛鳥闘病記】:チロルちゃんに老齢の波が?ー違和感編〜

こんにちは。
実に
1ヶ月〜振りの更新です^^;。
私自身の体調不良の為、パソコンに向かう事が出来ませんでした。
・・・そんなノロノロ更新ですが、いつも来て下さり有難うございます。

体調不良については、私自身の闘病ブログ〜それはインフルエンザから始まった?−4〜をご覧くださいマセ。


約1ヶ月〜前は、熊本が大きな地震に襲われた時でしたね・・・。
被災された皆さま、鳥を飼われている方・鳥さん達はその後如何でしょうか?

鳥の支援・レスキュー受け入れ先に関しては、〜被災された愛鳥家さんと鳥さん達へ・・・〜をご覧くださいマセ。


・・・そんな我が家も同じ頃、セキセイインコのチロルちゃん(♂・12歳)通院・投薬をしていた頃でした。
これまで書く事が出来なかったのは、私の体調不良もありましたが、何よりもチロルちゃんの状態が落ち着いてから書きたい〜と言う気持ちが有ったからでもありました。

1 チロルちゃん12年目写真.JPG
かなりの日数が経ってしまいましたが、今回の診察でチロルちゃんの体について色々な事が分かり、またようやく安心して見ている事が出来るようになったため、ゆっくり書かせて頂きたいと思います^^;。
チロルちゃんはとても怖がりサン&パニックを起こす可能性が有り、写真をあまり撮る事が出来ません。一部、掲載されている写真は以前にもブログで載せた同症状写真です。

・・・「チロルちゃんの様子が変?」と違和感を覚えるようになったのは、3月下旬、26日辺りからの事でした。
丁度
私のろっ骨の骨折が分かった頃ですね^^;。

食べてはいるのですが、何だか食欲が無いようないつもと食べる姿が違うような、そんな違和感から始まりました。
その時に量った体重は30.5g
小柄ながらもチロルちゃんにとっては標準体重内でした。

↓12歳の記念に量った体重は31g。多い方ですね♪

2 体重測定.JPG

暫く食べる量をチェックしながらも様子を見る事にしたその後、約1週間後の4月1日
ふと、チロルちゃんが止まり木から落ちる回数が増えたような気がするように・・・。

元々チロルちゃんは、10歳を過ぎた辺りから高齢化による足の神経障害=両足がグーの状態に加えて、左足指の筋を痛めて余り力が入らない〜という状態になり、その中でも順応しつつ生活していた子ではありました。
↓ 

IMG_4010.jpg
以来、時々止まり木から落ちる事は有ったので、止まり木から落ちる事自体は珍しい事ではありませんでした。
チロルちゃん仕様のバリアフリーについては、〜【愛鳥闘病記】:さぁ、ケージのバリアフリー化するぞ!!〜をご覧くださいマセ。

・・・「それにしても普段より落ちる回数が多くない?」と思った4月4日
ケージの中にいるチロルちゃんを良く良く見てみると、ケージの柵に左足を引っかけて止まり木に止まっている???

黄色の丸で囲った部分です。(お口は豆苗を食べて汚れています^^;)

1 ケージに足をかけているチロルちゃん.JPG

こちらは以前筋を痛めた方の足・・・。
1日ずっと見ていましたが、止まり木に止まっている間はずっとこの状態でした。

続きを読む
posted by うず惚れ at 05:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

〜【愛鳥闘病記】:ポポちゃん、病院へ行ってきましたー診察編〜

注)今回は糞の写真が数枚含まれています。

こんにちは。
いつも来て下さり有難うございます。
早速ですが、今回は
前回の続きで「ポポちゃん、病院に行ってきた、その結果」になります。

  1. 糞の状態について・・・
    =「確かに正常な糞に比べると細くて尿も多め」だそう。
    =「けれど、”多尿”と言うほど極端に多い訳でも無さそうですね。」
    =「糞も細いけれど、換羽がだらだら続いたりする子だとこういう糞をする子
    もいるので、ポポちゃんもその状態だと言えばそうですね。」
    ↓病院に連れて行った際の、移動用ケージにしていたポポちゃんの糞状態です。

    3 ケージ内の多尿写真.JPG

    糞検査の結果は「多少消化不良気味の物が見られますが、
    悪い菌がいる訳で
     
    も・腸内細菌のバランスが崩れている訳でもないです。」

  2. 換羽がだらだら続いている状態について・・・
    =触診をしている間にも大小の羽毛がハラハラ抜けており、「確かに羽は抜け
      続けている状態ですね^^;。
    =「新しい筆毛も出来ていますが、 抜ける羽も多く、
    換羽が終わりきらない
    (追いつかない)状態
    のなのだと思います。」
    =「ダラダラ換羽が続いているので、確かに
    本鳥の体力も肝機能も疲れている
       状態だと思います。」  
    =「それが”水をよく飲む”−”多尿気味”にしている可能性は十分にあると
        思います。」

  3.  本鳥の体について・・・
    =「触診では肉付きも良く体重も85gと標準内で健康体ですね♪」
    =「(元々変形している)下口ばしも”極端に伸びていて不自由そう”という訳
    では無く、まだ形を揃えるほどでもないです。」   
    ひらめき肝機能が弱っていると、口ばしの変形が目立ったり・伸びるのが早かったり  
      する為。 
    、下口ばしが変形して・噛み合わさらず伸びている様子。 

    2 ポポ爪切りの後. ペイント加工後jpg.jpg

    「発情による軽度のヘルニア」も、全く問題無
      く・変化も無いです。(発情も落ち着いている。)。

  4. 結論・・・
    =これまで
    換羽がだらだら続いている時用に常備していた薬を与えても、換羽が
    終わらず・多飲多尿っぽく改善が見られないとの事。
    =「年齢上も15歳と言う事で、肝機能が以前より弱ってきている可能性
    りますね・・・。 
    =「それでこれまで処方して来た薬では効果が薄くなってきている可能性も〜考
    えられるかと思います。」

    =「ひとまず2週間、これまで処方してきた”肝機能補助”の薬よりも、”

      う少し踏み込んだ薬を処方してみて、経過を観察してみましょ
       う。」
    =「抗生物質を投与するほどではないので、今回は抜きの薬で。」
    =「2週間与えて見てそれで換羽・糞の様子が改善されればそれでひとまず様子
    を見てみて下さい。
続きを読む
posted by うず惚れ at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

〜【愛鳥闘病記】:ポポちゃん、病院へ行ってきましたー症状編〜

注)今回は糞の写真が数枚含まれています。

いやはやお久し振りです。
前回の更新から1ヶ月以上が経ってしまいました。
ご心配して下さった皆様、すみませんでした。

現在鳥達も私達も何とか元気(?)に過ごしています?
細かな変化はありましたがそちらはまたいずれ、「うず惚れの闘病ブログ」の方で書かせて頂きたいと思います。(要は私自身の事情です^^;)

・・・そんな我が家は、先日2月17日に、久し振りにオカメのポポちゃんを「鳥に詳しい女医さんがいる動物病院」へ連れて行って来ました。

ポポちゃんも15歳となり、これまで以上に体調には気を付けたいこの頃。

↓「祝!!15歳」で載せた写真です^^;。(怖がりで、カメラを向けると発作を起こさんばかりにドキドキしてしまうので、なかなか新しい写真を掲載出来ませんm(__)m) 

4 ポポまったり写真.JPG

 

そんな中、これまでずっと見せていた症状、換羽がいつまでも終わらないと言う事また再度起きてしまいました。

再度起きてしまった〜というよりは、ほとんどずっと羽が抜けている状態なので、いつ始まった換羽の続きなのか〜も不確かな状態なのですが、ゴソッと抜けたていたのが1月初旬位だったので、多分その辺りから続いているのだと思います。

・・・ただ、今回は別の気になる症状も見られるようになりました。
気付いたのは1月中旬位から
ハッキリと確信したのは2月に入るか入らないか〜という頃からでしょうか?

ケージの掃除をするたびに、抜けた羽に交じって落ちている糞が何となく

  • 「多尿」=尿の部分が多い
  • 固形糞は小さくて細長い物がコロコロ

    ↓黄色の四角で囲った部分が各糞です。形の良い丸い糞では無くて細長くて小さな糞なのが分かるでしょうか?
    1 ポポ多尿糞.JPG
  • 時には敷いている新聞紙の下(ケージの床)にまで水がしみ込んでいる状態(こちらはポポちゃんが一ヵ所に良く居るという事もありますが)
    ↓黄色い四角で囲った部分に、尿(水分)が広がってしみているのが分かるでしょうか?水色の丸で囲った部分が糞です。
    2 ポポ運が細い.JPG

  • 水を飲んでいる姿を良く見るようになった。
  • 多い時には1回に飲む量が「7〜9口と言う事も・・・
  • 体重は安定しており、大体85g前後(標準は80gなのですが、教養範囲ではあります。^^;)

当初は「乾燥していて喉が渇くのかな?」とも思って見ていたのですが・・・。
いつまでも大小の羽が抜け終わらない事に加えて、多飲多尿以前も少し見られましたが)。
これまで通り、あるいはこれまでよりも肝機能が低下している可能性を心配しました。

続きを読む
posted by うず惚れ at 05:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

〜【愛鳥闘病記】:ポポちゃん、未だ換羽終らず・・・^^;〜

注)今回は糞の写真が1枚含まれています。

こんにちは。
またもや遅くなってしまった更新です。

いやはや自分の通院が毎日のようにある為、帰宅後はもう疲れてひたすら寝ている毎日です。
そんな中で鳥達がいてくれて・鳴き声を聞きながらうたた寝(?)できる事は嬉しい事ではありますが、もう少し起きていられたら〜と思うばかりです。

・・・そんな飼い主に似た訳では無いと思いたいのですが、先日8月25日に病院へ連れて行きその後投薬治療もしていたオカメインコのポポちゃんですが・・・。

診察へ連れて行った際、換羽が終わるまで〜と言う事で余裕の日数分=20日分」の薬を頂いて、ずっと欠かさず飲ませていたのですが、何故か未だに換羽が終わりません(ーー゛)。

整腸剤・肝機能補助のお薬の効果もあり、多尿だった糞の状態は綺麗な元のコロコロの糞に戻ってくれました♪

↓ちょっと逆光になってしまいましたが、コロコロの形の良い糞です。多尿も見当たりません(*^_^*)。

2 綺麗になった糞.JPG

・・・けれど、お薬が無くなる頃=20日もあれば、十分に跳ねも抜け終わり・ツクツクの新しい筆毛が生えてきてもいい頃ですが、一向に羽が抜け終わる気配がありません^^;。
もちろん抜ける数は減っていますが、ダラダラと少量の羽目は抜け続け、「このまま薬が無くなっても大丈夫?」というやつれた様子にも見えてしまいます。(心配性ですね^^;)

↓デジカメに驚いてケージの奥に逃げてしまったポポちゃん^^;。本当にデジカメも「私」も苦手なんだから〜!!

1 いったん投薬が終わったポポちゃん.JPG

最終的には「先生に相談する方が安心」と言う事で、9月12日に問い合わせの電話をし、念の為のお薬を貰いに14日、糞だけ持って病院へ行ってきました。

続きを読む
posted by うず惚れ at 03:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

〜【愛鳥闘病記】:ポポちゃん、病院へ行ってきましたー診察結果〜

注)今回は糞の写真が1枚含まれています。

こんにちは。
来て下さり有難うございました。
何とか早め(?)に更新する事が出来ました^^;。

前回書きましたが8月25日ポポちゃん本鳥とチロルちゃんの糞を、地元の・鳥に詳しい女医さんのいる動物病院へ連れて行って来ました。

診察の結果は以下の通りでした。
ポポちゃん・チロルちゃん2羽とも同じ結果でした。

  • 糞が消化不良気味・・・
    「これまでの猛暑といつもの換羽が始まった事で少し体力が低下し消化不良気味でいるのかも知れませんね。」
    「悪い菌は見当たらないので、整腸剤を少し与えて様子を見ましょう。」

  • 肝機能の低下・・・
    「2羽共に換羽期の・いつもの事なので、また肝機能を補助するお薬を出しておきますね。」
    「どうしても高齢鳥さんなので換羽など肝臓に負担がかかる状態になると、肝機能の低下・衰弱が起きてしまうのでしょうね。」


    換羽が終われば、また食欲・体重・体力も戻ってくると思います。」
    「換羽が早く終わるよう、換羽を助けて体力を維持出来るよう、いつものお薬も処方しておきますね。」
    一応20日分出しておきますね。換羽が終わる頃まで飲み水に与えて飲ませてあげてください。」


    「いつもの換羽時もそうですが、これからも年齢と共に換羽の時にはどうしても肝機能の低下が見られると思うので、その都度同じ薬を・状態によっては別の薬も調合しつつ換羽を乗り切って貰いましょう。」

  • 多尿=多飲について・・・
    ↓病院に連れて行くまでに敷いていた・当日の新聞紙も持参して多尿の様子を確認して貰いました。

    4 多能の糞別角度から.JPG

    確かに多尿で新聞紙が広範囲に濡れていますね。換羽で抜けた羽も沢山ありますね。」
    「今年は異常に暑かったので、体温調整が難しくて沢山多飲した可能性もありますね。」

    ひらめき確かにポポちゃんがいつもより多く水を飲んでいる姿を目にしていました・・・。


    「もしかすると、お預かりしている鳥さん達が、姿は見えなくても物音や聞きな れない鳴き声などで少しストレスになっている〜と言う精神的な要因もあるのかも知れませんね。」=「とてもビビりちゃん」&以前
    緊急入院した原因でもあるので・・・^^;。
続きを読む
posted by うず惚れ at 03:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

↓良かったらお好きな所をポチッとお願いします♪


↓鳥さんの闘病日記関係を集めた「日本ブログ村」のトラコミュです。病気に関するブログ・情報が表示されます。良かったら参考にされて下さい。
 にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ鳥の病気・怪我・病院

みんなで作る鳥の楽園とりっち←会員登録・参加しています。
 
小鳥レスキュー会 バナー.png
 
←埼玉県にある、鳥の保護・お世話をしているNPO法人です。保護情報は、主に法人のある埼玉県周辺になりますが、まだまだ法人の存在や活動内容について、ご存知ない方も多いので、是非1度ご覧になって見て下さいませ。NPO法人小鳥レスキュー会 活動ブログはこちら