初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 

2013年05月14日

〜あらら〜。鳥本まみれの我が家になりました・・・(^^ゞ〜

先日からずっと探していた鳥本1冊
地元から隣市の書店で思い当たるところ全て回って探したのですが、どうしても見つからなくて手に入らずにいた書籍がありました。

その名も鳥クラスタに捧ぐ鳥4コマ2 オカメインコから文鳥ヨウム等など鳥づくし♪ 
どうしても見つからなくて我慢ができず、アマゾンで注文することにしたのですが・・・?

「4コマ 鳥」で検索すると、次から次へと出てくる鳥の本
その中にはたった今購入した本もあれば、まだ販売したことすら知らなかった本が〜(>_<)。

これはもう注文するしかないでしょう!!

・・・ということで注文した本と書店で購入した本合わせて3冊
まさに鳥・鳥・鳥本まみれとなってしまいました(^^ゞ。

主人には「もう好きにしなさい^^;」とあきれられましたが、鳥本が少ない今は1冊でも貴重ですよね。
しっかりゲットさせて頂きましたわ〜^m^。
・・・そうして増えて行く鳥の本は、もう置く本棚も場所もなく積み立てられていくのでした・・・。

これだけはどうにかしたいものですね(^^ゞ。

鳥好きさんはご存知だと思いますが、こちらの本には1巻もありますよね。
既にゲット済だったため、まさが2巻が出るとは思いませんでした。
鳥クラスタに捧ぐ鳥4コマ オカメインコから文鳥ヨウム等など鳥づくし♪


 

こちらでも扱っていました(^^ゞ
CAP!
鳥クラスタに捧ぐ鳥4コマ オカメインコから文鳥ヨウム等など鳥づくし〓 / よしだかおる 【単行本】
 鳥クラスタに捧ぐ鳥4コマ オカメインコから文鳥ヨウム等など鳥づくし 鳥4コマ&コミックエッセ...
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 用品・グッズへ
にほんブログ村

posted by うず惚れ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | L鳥・インコ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

〜最近の鳥・インコ飼育本のご紹介〜

最近は一言で「鳥の飼い方」「飼育本」といっても、色々なジャンル・テーマに絞った内容のものが販売されるようになりましたね。
私が初代のセキセイを飼っていたころはほんの数冊しか置いてなくて、飼育内容も今では間違いと思うようなものも書かれていて時があったものでしたもうやだ〜(悲しい顔)

犬・猫など、以前からポピュラーだったペットに比べると、まだまだ鳥(インコ・オウム)の飼育・病気に関しては分からないことも多く、書籍も少なかったので心細い思いをされた方も沢山おられたのではないでしょうか?
それが今では「鳥の飼育・飼い方」といった全般(総合書)」以外にも「鳥の品種別に分けた飼育方法」やノウハウ」「エサの配合・ペレットの種類、サプリメント、環境」「鳥の病気・救急・対処法」といった特定の分野のみに焦点を当てたものが数多くみられるようになり、自分の知りたい分野を選んで購入することができるようになりましたねわーい(嬉しい顔)

さらには「鳥の気持ちが分かる本」「鳥と楽しく生活するための本」「鳥の”どうしてこういう行動するの?”」「鳥のしつけ・コミュニケーションの仕方」といった、鳥の心理にかかわる本まで出るようになりましたね。
よりいっそう飼い主(愛鳥家)さんには奥の深いところまで知る事ができるようになったのではないでしょうか・・・?

一般の書店でも販売されていますが、鳥専門のお店でなければ手に入らないもの・入りにくいものまで販売されており、インターネット通販でも手軽に入るようになったのも良いですよね。
・・・今回はそんな鳥飼い初心者さんからもっと我が子の事を知りたい・・・という質問も多かったため(mixiで)、それぞれ厳選してみました本

続きを読む
posted by うず惚れ at 18:32 | Comment(8) | TrackBack(0) | L鳥・インコ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

〜お気に入りの「すぴすぴ事情」:鳥バカ本です〜

ご存知の方もおられるかも知れませんね。

少女マンガ雑誌「メ○ディー」で書かれている「文鳥漫画」のコミックス版です。
同社文庫本のしおりキャラにもなっていますね。
その名も「すぴすぴ事情」
【送料無料】すぴすぴ事情 [ 立花晶 ]

私自身、文鳥は飼った事が無いので未知の世界の話で、とても興味深く・楽しく読ませて頂きました。
・・・が中でも一番笑ったのは、鳥を飼っている方は品種にかかわらず共通の鳥バカというところでした。
まるで自身自身のことを見ているようでした。

作者は「業界用語?」として漫画中で描いていましたが、よく鳥を飼っておられる方ならこんな言葉を鳥に使うことってないでしょうか?
  • 「出せ出せコール」・・・愛鳥がケージから出してほしがっている時
  • 「ブルブルしなさい」・・・水浴びしたあと、グッショリしている愛鳥に水気を飛ばすように言う時
  • 「餅」「団子」「雪見大福」・・・丸くなってんていえる時の表現。
・・・そうして愛鳥家さんなら一つは経験した事がある、愛鳥の「かじり癖=小悪魔」・「寂しい時の鳴き声=嘆きの声」・「換羽期に抜けた羽を集める=コレクション」などなど・・・。

そんな愛鳥家であれば誰しもがつい口にしてしまう言葉・行動・表現が、この本ではあますところ無く書かれていたりします。
思わず「こういうこと言うのわが家だけではなかったのね。」「同じことしてる」「分かる。分かる〜。」と、納得してしまうことだらけの事が満載の内容となっているのでした。

「鳥を飼っている人って皆同じなのね〜」・・・と、納得してしまう1冊。
勿論文鳥を飼った事が無くても、鳥好きであればだれでも楽しめるお勧めの一冊です。 
【送料無料】すぴすぴ事情 [ 立花晶 ]

【送料無料】すぴすぴ事情 [ 立花晶 ]
価格:690円(税込、送料込)

楽天ブックスは品揃え200万点以上!
すぴすぴ事情―白文鳥偏愛日記 (花とゆめCOMICSスペシャル)
posted by うず惚れ at 20:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | L鳥・インコ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

〜最新の鳥専門本・情報満載ー「コンパニオンバードの病気百科」です〜

私が今一番欲しい鳥専門の本、「コンパニオンバードの病気百科」です。

つい最近書店で見つけたのですが、前回紹介した「手乗り鳥の健康の本」の最新版といった感じです。
(出版社は違いますが。)



時間が無い中での立ち読みだったので、詳細は購入して見てみないと紹介出来ないのですが、ちょっとした立ち読みでも驚いた掲載内容を少しご紹介しますと・・・。


  • これまで知られていなかった病気や、あまり詳しくは分からなかった病名・一つの病気(病名)として扱われていた症状が、別々の病気として紹介されており、これまでに無い、新しくて最新・本格的な鳥の病気に焦点を当てた情報本
  • 写真はモノクロながらも感染を起こす病気の元となる細菌を、顕微鏡から見た角度で写真掲載されており、病院へ行った時にモニターを通して見せて頂く、顕微鏡の画面・見た事がるような菌の写真がアチコチに掲載。
  • 「手乗り鳥の本」同様に、病気で鳥の体に現れる症状などが写真で掲載されており、こちらも自分の大事な鳥が「おかしい」と感じた時に写真と見比べて調べる事が出来る
  • とても酷い状態のくちばしの写真などが掲載されており、「可愛そう」と思いつつも「こういう症状が表れたらこの病気の可能性もあるんだ・・・。」と、鳥に現れる症状によっても愛鳥の病気を探す手掛かりになる。

・・・そんな貴重な情報が満載でした。

因みにこちらの本は、不定期に発行されている鳥専門の情報誌「コンパニオンバード」の出版社から発行されたものなので、これまでの情報を集めた最新情報集かとも思われます。↓参照。
鳥のトリコ〜今日も鳥バカ絶好調!!〜のショッピング-コンパニオンバード雑誌他


うつろ覚えではありますが、確か体の部位・症状別に分かり易く分類されて掲載していたと思います。
詳しくは本の詳細・レビューをご覧くださいマセ。



また私が驚いたのは、鳥にも「アレルギー性鼻炎」が有るという事でした。

続きを読む
posted by うず惚れ at 20:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | L鳥・インコ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

〜鳥飼いさんには是非1冊お勧め本ー「手乗り鳥の健康の本」−です〜

小型〜大型まで多種の鳥の飼育・病気・環境について扱われている飼育本です。

お勧めは「健康な鳥」と「病気の鳥」の症状(糞・くちばし〜羽・体全体)を、カラー写真で「これでもか!!」と言うくらい比較掲載してあるので、自分の飼っている鳥さんがどれに当てはまるのか参考にする事が出来る点です。

他にも「火傷でそのうに穴が開いてしまった子」「痙攣する子」「主要を持った子」など、特殊な怪我や病気の子の・飼い主さんによる実際の闘病日記・介護生活が掲載されており、特殊な事態にも対応する為の事前知識も得る事が出来ます。

私自身が管理するmixiの「鳥の飼育・病気相談コミュニティ」でも紹介し、沢山の方の反響を得た、鳥専門の飼育・病気の本でもあります。

残念ながら出版社が移行し・通販のみで入手可能な、書店では手に入れる事の出来ない貴重かつ、在庫あるのみ(?)の希少な本なので、興味を持たれた方はお早めにご注文・入手される事をお勧めします。
CAP!

私のバイブル本でもあります。
posted by うず惚れ at 02:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | L鳥・インコ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

↓良かったらお好きな所をポチッとお願いします♪


↓鳥さんの闘病日記関係を集めた「日本ブログ村」のトラコミュです。病気に関するブログ・情報が表示されます。良かったら参考にされて下さい。
 にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ鳥の病気・怪我・病院

みんなで作る鳥の楽園とりっち←会員登録・参加しています。
 
小鳥レスキュー会 バナー.png
 
←埼玉県にある、鳥の保護・お世話をしているNPO法人です。保護情報は、主に法人のある埼玉県周辺になりますが、まだまだ法人の存在や活動内容について、ご存知ない方も多いので、是非1度ご覧になって見て下さいませ。NPO法人小鳥レスキュー会 活動ブログはこちら