​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■その他うず惚れ情報:日々徒然
  3. 〜愛鳥塾:「考えておきたい「やがて来る」と「万が一」」へ行って来ました:2〜

2019年12月01日

〜愛鳥塾:「考えておきたい「やがて来る」と「万が一」」へ行って来ました:2〜

こんにちは。
いつも見に来てくださり、有難うございます。
早いもので、今年最期の月に入りましたねあせる

前回書かせていただいたいつか」「やがて」訪れる、大切な愛鳥の老齢・不調・病気・そしてお別れ。
そんな辛いお別れをした後も、普通でいられる・生活をして行くために「今出来る事」=毎日、沢山の思い出作りクローバー

こちらの記事へ、「本当にそう思いました」「(それが介護であっても)一緒に過ごした時間を懐かしく思い出します。」
そんなお声を、メッセージ等で寄せていただきましたチューリップ紫

拙い文ながらも私の見聞きした事柄・感想に共感してくださり、とても嬉しく思うと共に、「皆さんも同じ経験をされて来たんだなぁ」、と感じました。
私こそ、貴重な経験を聞かせてくださり、有難うございましたチューリップ紫

そうして今回は、その続きになります。

明日も当たり前に来る」と思っていた愛鳥との生活の、「突然の」「予想もしていなかった」出来事ー闘病や入院・避難生活・お別れと言う辛い出来事が起きた時。
その、
万が一が起きた時に、少しでも後悔しないために「楽しい思い出を沢山作るために出来る事」について、私がお聴きして感じた事を、少し書かせて頂こうと思います。

毎日を大切に。明日できることも今日する:

私もそうでしたが、健康な子・特に若い子との生活は、明日も明後日もその先もずっと、毎日が「当たり前のように」来る、と考えてしまう事があります。
でも最近は、「必ず」「確実に」「明日を迎えられる」かどうかという事は誰にも分からないと、ますます感じるようになりました・・・。
 
突然の、思いがけなけない災害や事故・怪我・病気
これまでもそうですが、今年は特に、大きな被害をもたらした自然災害が各地で起こりました。
年齢や状況に関係なく「突然、予想もしていなかった」出来事が、幾つも起こるようになりました。
実際これまでの色々な災害でも、そんな大切な命との、突然の辛い出来事を経験された方もおられたのでは無いでしょうか・・・。

大切な愛鳥(命)と、「明日もいつもの生活を迎えられる」とは分からない出来事は様々で、何気無い「当たり前」が本当に難しいと感じさせられます・・・ショボーン

愛鳥との間に「突然の何か」「万が一」が起こった時。
そんな時によく抱く気持ちは、「あの時こうしていれば良かった」「もっとこうしてあげていれば良かった」と言う事かも知れません。
それが、後悔にも・ペットロスにも繋がる気持ちかも知れないですね・・・。
そんな気持ちを抱かないために出来る事

それは、「」「今日」「この時に」「出来る事はしておくという事。

もしかしたら「明日しよう・明日出来る」と思っていた事も、今日する事。
いつ、突然何が起きても後悔しないように、自分も愛鳥も、「日々の生活を充実させる」、と言う事でしたひらめき電球

私の場合、これまで見送ってきた沢山の愛鳥達の「万が一」を想定・覚悟して、毎日楽しくも・一生懸命お世話もして来たつもりです。
そんな
愛鳥達とは、これまで色々な生活とお別れを経験しました。
その時は最善だと思う事を精一杯・一生懸命して来たつもりでも、「万が一」を迎えた時にはどうしても、「あの時こうしていれば良かったのかな」という気持ちが起きてしまうのでした・・・ショボーン

お別れの直後には悲しさや寂しさの方が強くて、「これで良かったんだよね。」「出来る事は出来たよね。」「私達も鳥さんも、十分頑張ったね。」と、直ぐに思う事は難しかったように思います汗

「明日、どうなるか分からない。」「とにかく今はこうする事が、私の選んだ最善の事(だと思う)」。
そんな気持ちで準備して、覚悟して行なって来た事でも、「ああすれば」「こうしうていたら」、そんな気持ちを抱くのであれば・・・。
全く予想もしていない時に、お別れでは無いとしても事故や怪我・災害・病気等々、「突然の何か、予想もしていなかった事」が起きた時の気持ちは、更に辛く・計り知れないものがあるのでは無いでしょうか・・・。

そんな「明日が当たり前に来る」かどうか、確実には誰にも分からない今日。
「明日でも出来る」「今日はいいかな。明日しよう」と思う事も、「」「出来るこの時にする事
その日その日を愛鳥と共に、充実した生活を過ごす事が、(前回書かせていただいた)「楽しい思い出作り」にも繋がり、万が一を迎えた時の辛さや後悔・色々と抱く気持ちを、ほんの少しでも・幾分でも和らげてくれるのかも知れない、そんな風に感じましたニコニコ

少しずつ蘇ってくる思い出と共に気持ちも落ち着いて来た時に、その日その日、精一杯行なって来た事柄を、「あの時はあれが精一杯だったね。」「私達がそうしたいと決めたんだものね。」「きっとこれで良かったんだよね。」と、思えるようになりましたクローバー

ひらめき電球勿論、飼い主さんの日常生活や状態は、人それぞれ違いますよね。
毎日働いている人もいれば在宅の人もいて、一人暮らしの人もいれば家族と暮らしている人もいて、健康な人もいれば病気の人もいて、。
本当に事情も状況も様々で、「今日出来る事」も、人それぞれ違う事と思います。

他の人と比べて、「あの人は出来ているのに、私は出来ない」と無理をするのでは無い。
「いつか後悔しない」ために「義務的・機械的・強制的行なうものでも無い。
そんな気持ちで行っていては、いつか自分に限界が来て・倒れてしまう。
結果、愛鳥のお世話にも支障が出てしまうガーン
楽しい思い出作りどころか苦い思い出になってしまった、なんて事にもなってしまいますよねあせる


旗あるいは時に他の人が、自分と比べて「あの人はやっていない。」「私だったらやっている(いた)」「私だったらこうしていた」と言う方もおられるかと思います。
私は、他の人が「あれしなかったから」「こうしていれば良かったのに」と言うものでもないと思っています。
何が正解で間違いか、と言う「正しい答えは無い」と思っています。
もう1度、同じ鳥さんとやり直せる訳でも・今度はその人が言う方法で試す事が出来る訳
でもありませんものね。
ただでさえ、本人と愛鳥が辛い時・一生懸命頑張っている時に、(適度なアドバイスは別にしても)誰(他人)が言う事でも・判断する事でもありませんよね照れあせる

自分(飼い主)と愛鳥それぞれが、置かれた状況の中で、「自分に出来る精一杯の事を日々、無理せず楽しく行なう事
その中で、もしかすると「明日にも出来るから〜」と思う事があって、「今日出来るかななんて事はちょっぴり頑張って行なってみる

自分も愛鳥も、「今日も良くやったね。」「楽しかったね」「頑張ったね」「偉い偉い」。
その日その日1日を、愛鳥との充実した生活を送るが、「万が一」という辛い出来事が起きた時でも、「これで良かったのかな。」「幸せだったかな?」なんて、少しでも和らげてくれる、あるいはいつか気持ちが落ち着く助けになってくれるのかな、そんな風に感じましたニコニコ。 

ひらめき電球「私は違います。精一杯・最善の事を行なったのだから後悔はしない。悔いは無いです。」と言う方もおられるとは思います。
こちらも、人それぞれの考え方だと思います。
(極端に間違った飼い方・意図して行なったのでは無い限り)「私は」、「自分(その人)」と「自分(その人)の愛鳥」との間
で、「これで良かった(のかな)。」そんな風に思える事が何よりだと思っています。

・・・そうは思っていても、「いつか」「万が一」が訪れた時、その急激な変化は人も・愛鳥にも、とても大変な負担・ストレスになってしまう事はありますよねショボーン

・例えば、体に触れる事・・・飼い主の保定・爪きり・給仕や薬を飲ませる・獣医師
 の触診・エリザベスカラーを付ける際等々。
・例えば、新しい物に慣れて貰う事・・・体重計に乗って貰う・新しいペレットやオ
 モチャを与える・止まり木を変える際等々。
・例えば、普段とは違う環境の中に行く事・・・通院のための移動・キャリーや介
 護ケージ、酸素室に入る・安静・保温・入院・お預け・避難生活の際等。

そんな、普段とは違う「いつか」「万が一」に伴う変化

「ごめんね。ちょっと診るだけだから」「このお薬を飲んだら良くなるから。」「ここで安静にしようね」「いつまでの我慢だから。辛抱だから」「○○のためだから」。
人(飼い主)は、愛鳥にとって必要な事・しなくてはいけない事と、理由を理解した上で」行う
反面、愛鳥にかかる負担やストレスを考えると、どうしても悩んだり・迷ったりしてしまいますよね汗

でも、愛鳥にはその理由が分からないのです・・・
どんな「良い事」「愛鳥のため」でも、残念ながら愛鳥にとっては「普段とは違う変化」=「怖い」「どうして?」「何故?」というストレス・大きな負担にしか感じません・・・えーん

言葉が通じないのでなおの事、そうした願いや迷い・葛藤がまた、「ああすれば。こうすれば」「辛かった・寂しかっただろうな。」という気持ちになってしまう事もあるんだろうな、と思ったりもします・・・。

ひらめき電球石綿先生と同じく私のかかりつけ医も、昔お話されていましたが、鳥さんは、自分が「老いて来た」「病気になった」とは自覚しないそうです。
「普段出来た事が出来なくなった」「いつもの自分の体と違う」と、これまでの自分とは違う事・変化は感じつつも、それをありのまま受け入れて順応して生活して行く生き物だそうです。

そんな、ありのままを受け入れて・順応して行くはずの生活が、「普段とは違う突然の変化」になってしまうので、人にも愛鳥にも大きな負担・ストレスとなってしまうあせる
そうではなく、むしろ全く逆の「普段と同じ・変わらない生活の延長・「いつもと同じ楽しい・ドキドキワクワクする事」と感じる事が出来れば、「いつか」「万が一」は、お互いに幸せで楽しい生活の続きになるひらめき電球

やがて訪れる「いつか」「万が一」も、
「楽しくて充実した生活」にしましょうチューリップ黄
それが、今回の
愛鳥塾:「考えておきたい「やがて来る」と「万が一」」全体の・そうして特に印象に残った【3部 「鳥も人もストレス少なく過ごすためにできること」】の一部分、お話でした。

私は前回と今回、「「いつか」と「万が一」に備えて出来る事」が特に印象的だったので、こちらを中心に・感想として書かせていただきましたが、こちらは第3部のほんの前半のいち部分
講師:石綿美香先生本題トレーニング法はこれから〜、なのでした照れあせる

どうすれば「楽しい事。ワクワクドキドキ」に変えられるのかな?
我が家のオカメ(18歳)にも今から出来る?
ヒメウズラにも出来るのかしらあせる

そんな事を考えながら聴いたお話は、とても全て書く事が出来ない濃厚なものでした。
長くなってしまいましたので、まさかではありますが、次回少しだけ印象に残ったお話の一部とトレーニング内容を(自分への記録も兼ねて)書かせていただけたら、と思います笑い泣き

あともう少しだけ、お付き合いくださいませ。
いつも最期まで読んでくださり有難うございます。
皆様にも、心から感謝しつつ・・・チューリップピンク

↓良かったら「次回も頑張ってね」のポチッを、宜しくお願いします(日本ブログ村)。
 

左サイドにメールフォームを設置しました。お問い合わせ・ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。

↓こちらからも、可能になりました。
メールフォーム 携帯用:

posted by うず惚れ at 20:11 | Comment(2) | ■その他うず惚れ情報:日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2019年12月07日 12:51(mixiから)

まさにうず惚れさんのおっしゃる通りですね。
なるほど〜と思いながらブログを拝見しました。
読んでるうちに、大げさかも知れませんが人間の生き方、人生観にも通じるものがあると感じました。

私は、どうしても体調不良で会社を休む事が多いので、出社した時は今日一日悔いのないように仕事を一生懸命やろうと心掛けています。
それと似ているのかなと(苦笑)。

仕事以外でもそうだと思います。後でやっぱりあの時手を抜かずにやっておけば…。と後悔するのは嫌なものです。
ただ、後でやっぱりあの時はこうしていればと思う事が沢山あるのが人生ですが、それは結果論になってしまうので、ベストを尽くしていれば苦い思い出になるだけだと思う事にしています(笑)。

話が大きく脱線してしまいましたが、ふとそんな事を感じました。
Posted by ちかぞー at 2019年12月12日 22:39
2019年12月10日 04:43(mixiから)

> ちかぞーさん 
こちらも長い日記を読んでコメントくださり、本当にありがとうございます!

ちかぞーさんの言われる通りだと思います。
私も日々、ついつい明日に〜と、延び延びにしてしまう事が沢山ありますが、それは明日も当たり前にあると思ってしまうからですよね^^;。

ちかぞーさんも、心身が大変な中、お仕事や日々の出来事を後悔しないように精一杯されている事に、私も励まされます。
病気を理由にしては言い訳ですよね^^;。

いただいたコメントを拝見して、改めて気付かされる事も多く、とても感謝しています。

いつもありがとうございます!
Posted by うず惚れ at 2019年12月12日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。