​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■その他うず惚れ情報:日々徒然
  3. 〜愛鳥塾:「考えておきたい「やがて来る」と「万が一」」へ行って来ました〜

2019年11月27日

〜愛鳥塾:「考えておきたい「やがて来る」と「万が一」」へ行って来ました〜

こんにちは。
いつも見に来てくださり、有難うございます。

前回の〜再びましろちゃんが来てくれました〜から、早くも2週間が経ちました。
気が付くと、もう来月ひと月で今年が終わってしまうんですね・・・あせる
この頃は、月日が経つ早さを感じながら生活している私ですが、今月11月は週末毎に色々な出来事があったせいか、特に猛スピードで過ぎて行っているように感じています。

11月17日(日)も、TSUBASAの愛鳥塾:「考えておきたい「やがて来る」と「万が一」」へと行って来ました。
電車を乗り継ぎ片道2時間+徒歩20分。
私にとっては、病気で引き篭もりになって以来初めての、一人で県境を越えて・初めての場所へ行く、という大冒険でもありました照れあせる

上記、愛鳥塾のリンク先を見ていただけるとお分かりかと思います。
今回のお話は、今年は特に多かった自然災害に遭った時(万が一)や、やがは愛鳥に訪れる病気・高齢(やがて来るにどんな備えが出来るか、という、聴きたくてもなかなか聴く事が出来ない、貴重なテーマについて学んで来る事が出来ましたクローバー

私も、9月に愛鳥:ヒメウズラのましろを亡くしました
そうして、この愛鳥塾に参加する前後には、我が家で
一番の高齢鳥:18歳のオカメインコ(ポポ)の様子に違和感を感じて、「週の始めに病院へ連れて行くかどうか」と検討していた時でもありました。
まさに、「今、聴いてみたい」お話だったのでした。

どのお話も、とても興味深くてあっと言う間の時間でしたが、その中でも特に、「その時の私」の心に響いたお話が、【第3部 「鳥も人もストレス少なく過ごすためにできること】の中で話された、今回のブログタイトルにも記載した「考えておきたい「やがて来る」と「万が一」」というお話でしたクローバー
講師であり、各地で「コンパニオンバードの為の行動やトレーニングについて」講演やセミナーを開催されている石綿美香先生ご自身の経験を元に語られたそのお話。

以下、私が見聞きしたお話への感想になります。
良かったらお付き合いくださいませ。

ひらめき電球石綿美香先生の活動他については、コンパニオン・バードための行動&トレーニングをご覧になってみてくださいね。

毎日、沢山の思い出作り:

いつか」「やがて」訪れる大切な愛鳥の高齢化・不調・病気・そしてお別れ
愛鳥がとても愛おしくて・大切で、それ故に愛鳥が亡くなった時に、ペットロスに陥ってしまう方も多い事と思いますショボーン
(程度の差は、人それぞれあると思いますが)そんな辛いお別れをした後も、普通でいられる・生活をして行くために「今出来る事」

それは、「毎日、沢山の思い出を作る」という事でした。

石綿先生も、大切な愛犬を亡くされました・・・。
誰でもそうですが、大切な命とのお別れは、直ぐには笑ったり・普段通りの生活をする事は難しいと思いますショボーン
人それぞれ、悲しい気持ちの深さ・大きさも、立ち直るまでにかかる時間の長さは違う事と思います。
石綿先生もそんな気持ちの中、少しずつ月日が経って行く中でふと、亡くした子の事を思い出した時に、「クスッ」と思い出しては笑っている自分に気付いたそうです。

私も、そうして皆さんもされている事チューリップ黄
起きたら「おはよう」の挨拶をチューリップ赤
「行ってきます」「ただいま」「お休みなさい」「ご飯食べた?」「今日は何して遊ぼうか」「可愛いね」「大好きだよ」「偉いね」「よく頑張ったね」チューリップ赤
それはもしかすると、楽しい思い出ばかりでは無いかも知れないです・・・。

けれど、目の前に「その子」はいないけれど、まるで目の前にいるかのように蘇ってくる「あの子と過ごした」色々な思い出チューリップ紫
そんな出来事を思い出しては、いつの間にかちょっと顔がほころんでいたり・涙を流していたり・・・。
そんな日々を過ごして行くうちに、少しずつ気持ちが落ち着いて来て、少しずつ普通でいられる時間が出来て来て・増えてきて前へ進む事も出来る。
そんな「思い出を沢山作りましょう」
私には、そんなお話感じましたおねがい

ひらめき電球勿論、そこまで進む事・時間の経過も人それぞれ違う事と思いますが・・・。

私も、
これまで沢山の愛鳥とのお別れがありました
最近では9月にヒメウズラのましろを亡くしたばかりです。
その
1年前には、同じくヒメウズラの茶子を亡くしました。
今でも思い出すと涙が出て来たり、「どうしてましろは、茶子はここにいないの?」と思ってしまう事がありますショボーン
2羽が我が家に兄弟と共に来てくれた事がつい昨日の事のように思えます。

ましろの闘病が始まってから、(まだこちでは詳細を書いていませんが)初めて酸素濃縮器をレンタルして酸素室を作ったり・ネプライザー治療を受けて貰ったり、開口呼吸で辛いであろう中でお薬を飲んで貰ったり・・・。
勿論、健康で長生きしてくれればそれが一番なのだと思います。
全ての思い出が楽しい事ばかりではありませんが、そんな最期のお世話も、また一つの思い出となっていますチューリップ紫

ましろや茶子だけではなく、これまでの愛鳥達と過ごした1日1日は鮮やかに残っていて、主人と思い出話に花を咲かせたり・写真を見ては懐かしんだり・時にはちょっとしんみりしたり・・・。
そうして今、我が家に居てくれる子達を更に愛おしく・大切に感じたりも。
普段の何気無い出来事さえも愛おしい、そんな日々の愛鳥との生活一つ一つを大切に胸に刻みつつ、これからも生活して行きたいと思わされましたクローバー

・・・とは言っても、誰もが抱くお別れの悲しみ・喪失感・後悔。
どうしても避けて通る事は出来ませんよね・・・。
特に、「明日も当たり前に来る」と思っていた愛鳥との生活の、「突然の」「予想もしていなかった」出来事やお別れは、辛いものがあると思います。

長くなりましたので、次回は万が一」が起きた時に少しでも後悔しないために、楽しい思い出を沢山作るために、私がお聴きして感じた事を少し書かせていただけたら、と思います。

ひらめき電球「私は、ペットロスになんてならない。なるような飼い方はしない」と言う方も、中にはおられるかも知れません。
人それぞれ、あくまでもお話を聴いて「私が」感じた事・考え、として捉えていただけたらと思いますニコニコ

いつも最期まで読んで下さる皆様にも、心から感謝しつつ・・・チューリップピンク

↓良かったら、「出来るだけ次回は早く書いてね」のポチッを宜しくお願いします(日本ブログ村)。
  

左サイドにメールフォームを設置しました。お問い合わせ・ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。

↓こちらからも、可能になりました。
メールフォーム 携帯用:

posted by うず惚れ at 04:49 | Comment(4) | ■その他うず惚れ情報:日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2019年12月07日 12:15(mixiから)

ペットロス。どうしても避けられない事ですものね。
うず惚れさんのブログを読んだら、前の職場の方を思い出しました。

女性の先輩にあたる方だったのですが、実家で飼っていたワンちゃんが亡くなってとても落ち込んでいると話してくれました。
話を詳しく聞いていましたら、高齢で確か15年以上生きた大往生だったのですが、それは分かっているんだけどやはり諦めきれない、心の整理がつかなくて悲しい気持ちになると言っていました。

どうすればいいかな?と聞かれて答えに困ってしまった次第です。

久しぶりの遠出お疲れ様でした。電車に2時間も乗るのは、慣れてないとすごく疲れるとお察しします。人混みを歩くだけでも大変な事ですよ。
私も、慣れたとは言え体調が悪いと頭がクラクラします(汗)。
ゆっくりお休み下さい。
Posted by ちかぞー at 2019年12月12日 22:32
2019年12月10日 04:37(mixiから)

> ちかぞーさん 
いつもコメントを、ありがとうございます。
また、いつもながら、とっても長い日記を読んでくださる事にも感謝しています。

以前の職場の先輩も、愛犬とのお別れでとても悲しんでおられたんですね…。
本当に、分かってはいるけれど諦めきれない、という気持ちは、どんな動物(人も)にも一番強く出る気持ちだと、今回私も改めて感じさせられました。

自分もその気持ちが分かるだけに、何て言葉をかけて良いか難しく思いますが、ちかぞーさんのように、お話を聞いてくれるだけで心は軽くなります。

お隣の県とは言え、電車が1時間に1本という事が、一番の緊張でした^^;。
1本逃すと...。

ちかぞーさんも普段、人混みの中を頑張って通勤されている事を思うと、普段いかに自分が恵まれた状況で休んでいられるか実感させられました(^^ゞ。

ちかぞーさんも、いつも本当にお疲れ様です。
また、ありがとうございました。
Posted by うず惚れ at 2019年12月12日 22:33
やがてくる万が一はだいぶ前?に受講しましたが、うず惚れさんのブログのほうがより心に残りました...。とてもお考えに共感出来ました。

ゆう2019-12-02 19:45(アメブロから)
Posted by ゆう at 2019年12月12日 22:35
>ゆうさん

コメントを、ありがとうございます。

私がお聞きしたお話と、全く同じかは分かりませんが、私が聞いたお話は、ブログで書いた部分はほんの少し、後はバードトレーニングが中心でした。
今回書かせていただいた部分が、ゆうさんのお心に共感していただけたのでしたら、書いて良かったと、私も思わされます。

こちらこそ、ありがとうございました。

うず惚れ2019-12-03 19:53:06(アメブロから)
Posted by うず惚れ at 2019年12月12日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。