​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■鳥のここがポイントー鳥バカ日記
  3. 〜茶子ちゃん2歳9ヶ月 思い出日記〜

2019年03月11日

〜茶子ちゃん2歳9ヶ月 思い出日記〜

こんにちは。
いつも見に来てくださり、有難うございます。

無事に「産まれて3年目」「お迎え3年目」を迎える事が出来、日記にも書く事が出来た我が家のヒメウズラ達。
今も変わらず仲良く元気&産卵が始まった3羽です

そうして今回は、「お迎え3年目」では書く事が出来なかった、昨年10月26日に急死してしまった、我が家のもう1羽のヒメウズラ:茶子ちゃん思い出日記になります黄色い花
                  ↓

茶子 加工写真.jpg

16年1月14日に、元親さんのお宅でヒメウズラの雛ちゃん達9羽が産まれた時、我が家に「里子に」というお声をいただきました。
我が家の諸事情で、「これ以上鳥は増やさない」と心に決めていたものの、その雛ちゃん達のあまりの可愛さに、我が家に迎える事になったヒメ達です。

当初、いきなり4羽もお迎えする事には不安もあり、最後の最後まで茶子をお迎えするかどうか迷っていた事がありました💦
迷いに迷って・「ましろちゃんの同居鳥になってくれるといいな」と、最終的にご縁でお迎えする事になり、茶子と名前を付けて我が家の子になったのでしたおねがい
宝石赤詳細は
〜我が家に来て1年になりました〜をご覧くださいませ。

全体が綺麗な茶色の虎縞模様に、口ばしの下〜喉と胸〜お尻までが薄っすら白い羽毛がチャームポイントの茶子でした🎵
                  ↓

茶子 加工写真.jpg

恐らく、上記サイトに掲載した卵写真は、これまでの産卵の色から茶子の卵
産まれて2ヶ月、我が家に来て2週間で初産卵
その後も、定期的に産卵・抱卵を繰り返すましろとは異なり、茶子はあまり抱卵する事無く、よく卵を産む女の子でした💦

1年後の17年5月10日に初軟卵を産み、その後28日にも軟卵を続けて産んで、ヒメウズラの女の子の産卵について、色々と考える事になったのもこの頃でしょうか。
旗初代にして我が家の初ヒメウズラ(女の子:うららちゃん)は、卵トラブル知らずだっったので・・・。

これまでは、茶子よりも早く病院のお世話になる事になったましろに付き添い、
地元の獣医師に健康診断に連れて行っていましたが、初めて遠くのかかりつけ医の元へ健康診断に行ったのも、この辺り(17年6月12日)でした・・・。
未だにこの時の日記も書く事が出来ず・・・照れ💦

それでも、突然真剣抱卵に入ってご飯も食べず、とても心配してウズラ飼いの先輩達にアドバイスを求めた事も・・・
そうしてアドバイスを求めた後、割と早く真剣抱卵が終わりもした茶子でした笑い泣き

ましろちゃんが大好きで、寂しがり屋の茶子ちゃん。
ましろの怪我や・時には抱卵で別居している時には、寂しさから普段以上にコリコリナデナデさせてくれる、我が家で一番人慣れもしていた茶子ちゃん
                  ↓

茶子 加工写真.jpg

昨年7月下旬に卵管蓄卵材症疑いで別居が始まり、9月には卵管嚢胞の疑いも出たものの、症状は「ほとんど変化ないですよ」と、地元の獣医師にも遠くのかかりつけ医にも言われるほど、症状が悪化する事も無く良好でした。
亡くなる前日には、かかりつけ医の所へ定期診察に行き、「本格的に投薬治療をするのは、まだこれから」で、そんな茶子の様子に安心しながら、アメブロで親バカ日記を書いたりも・・・。

・・・まさかその日の夜に茶子がいなくなるとは思ってもいなかった本当に急な出来事でしたショボーン
旗ブログに掲載する際は、病院に行った日付けと合わせたかったので、日記の公開日を25日にしてあります。実際に書き終えて公開したのは26日の早朝でした。)

今でも、ふとましろがいるケージの、隣の空いたスペースを見ると、そこに茶子がいない事が不思議で、まだ茶子がそこにいる気がしてついつい覗いてしまいます。
今でも、3年前に茶子が我が家に来てくれた様子が、昨日の事のように思い出されますクローバー

そんな、3年前の事を元親さんとお話していた時に、
元親さん:「うず惚れさんのお宅にヒメ達を連れて行った時、茶子ちゃんがましろちゃんの上に乗っかって、思わず顔を見合わせた事、覚えていますか?」
・・・私、覚えていないんですよ〜笑い泣き
そんな事もあったんですね。
元親さんも、そんな茶子の様子を覚えていてくださっていた事が、とても嬉しかったですチューリップ黄

真ん丸で、「トコトコ」歩くと言うよりは、「ポテポテ」と言う表現が似合う子でした。
ましろが「お姫様」なら、茶子は親しみがあって素朴な「町娘」といった感じかな?(親バカ爆  笑
                 ↓

茶子 加工写真.jpg

あっと言う間の2年9ヶ月で、時々「茶子は本当に居たんだよね」なんて思う事もありますが、茶子との思い出は沢山あって、その手に伝わっる温もりも現実にあった事で、写真を見ると、その一つ一つが鮮やかに思い出されて、「やっぱり茶子は確かに居たんだね」と、そんな思いにふけるこの頃でもありましたクローバー

そんな茶子との沢山の思い出が詰まった2年9ヶ月。
とても一つにまとめる事は出来ませんが、ほんの少しの思い出を、写真動画で見ていただけますと嬉しいですおねがい
(約6分と、かなり長くなっています)
                 ↓

まだまだ、茶子の事で書いていない事が沢山あります。
いつか・少しずつ書いて行きたいと思っています。
まだまだ茶子の事を宜しくお願いしますねクローバー

最後までお付き合いくださり、有難うございます。
皆様にも、いつも心からの感謝をお伝えしつつ・・・チューリップピンク

↓良かったら「茶子ちゃんの事、忘れないよ」のポチッを宜しくお願いします(日本ブログ村)。
  

左サイドにメールフォームを設置しました。お問い合わせ・ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。
↓こちらからも、可能になりました。
メールフォーム 携帯用:

posted by うず惚れ at 01:38 | Comment(4) | ■鳥のここがポイントー鳥バカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2019年03月11日 11:16 (mixiから)

茶子ちゃんへの愛情がたっぷりの動画でした。
6分程との事ですが、あっという間に終わってしまいました。
愛嬌があって甘えん坊の茶子ちゃん。本当に残念です。
Posted by ちかぞー at 2019年03月16日 23:45
2019年03月12日 00:19 (mixiから)

> ちかぞーさん 
いつもコメントをありがとうございます。

ちかぞーさんのコメントに、思わず涙がポロリとしてしまいました。
茶子が居た証・私の気持ちが伝わってくれて、とっても嬉しかったです!

コメントに癒されました。
ありがとうございます。
これからも、ヒメ達と共に、きっと時々出てくる茶子の事を、宜しくお願いしますね(・_・、)。
Posted by うず惚れ at 2019年03月16日 23:45
2019年03月12日 10:56 (mixiから)

茶子ちゃんマシロちゃんのことものすごく大好きだったのですね。一緒に産卵までしたがるくらいに。すごく幸せそうです。まるでラブバードのよう。
突然のことって心がついていかないですよね…。
Posted by ゆう at 2019年03月16日 23:46
2019年03月12日 20:19 (mixiから)

> ゆうさん 
コメントをありがとうございます。

茶子は本当に、ましろ大好き&人にも馴れた鳥さんでした。
ラブバードのよう、本当にそう思います。

愛聴とのお別れは、何度経験しても・どんなお別れの形でも慣れる事はありませんよね…。
せめて今いる子達が、少しでも長生きしてくれるよう願いたいです。
Posted by うず惚れ at 2019年03月16日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。