​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. L愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜茶子ちゃんが急死しました:訃報日記〜

2018年11月21日

〜茶子ちゃんが急死しました:訃報日記〜

こんにちは。 
前回の更新から、あっと言う間に日が過ぎて、もう直ぐ1ヶ月が経とうとしています
その間に色々な事がありましたが、今回はその内の一つ、残念なお知らせをしなければならなくなりました。

前回25日の日付けが変わる頃)、アメーバブログで
”””【親バカフォトバトン】”””〜親バカ全開してもいいですか(^^ゞ?〜記事を書かせていただいたばかりで、私自身、未だに信じられないのですが、ヒメウズラの茶子ちゃんが、

10月26日22時ちょっと過ぎ急死してしまいました・・・。
                   ↓ 

8 砂浴びを始めた茶子しゃん.JPG

アメブロ記事を書いた日(25日)は、当の茶子の通院日でもありました。
(こちらのサイトでは〜、アメーバブログを更新しました。〜になります。) 
そのアメブロでも書いていますが、今年の7月から卵管蓄卵材症・9月には卵管嚢胞(疑い)を発症し、でもこれまで特に大きな変化も無く、ずっと経過観察のみの通院でした。 

25日の通院も、普段の経過観察・健康診断、そんないつもと変わりのない通院。 
先生にも「とりあえず、体力のある今から漢方薬を試して行きましょう。」「これから状態が悪化して行く場合は消炎剤他、水が溜まってきたら本格的な治療・投薬を」「痩せないように食事内容・量の管理を」等々、これから先のアドバイスを言われる程度で、まだまだこれから先が、茶子の本当の闘病生活になる予定でした。
 
診察後も・帰宅後も普段通り。 
ご飯もチンゲンサイも・大好きなミルワームも食べて、いつも通り「今日は疲れたね。お休みなさい。」
深夜・早朝、様子を見た時も、特に変わった様子は見られませんでした。 

変化が見られたのは、翌26日、起床してからでした。
起こした時には、少し動き回ってはいた茶子の朝一番の体重測定では、前日71.9gだった体重が74.9g!?
違和感を感じて病院に連れて行った結果、卵材症と診断された時と同じような違和感を感じました。

体重測定後に入れた、朝一番のご飯はほとんどご口にしませんでした。

「昨日の疲れが残っているのかな?」そんな事を思いつつ、少し様子見ていた間に、茶子は目をつぶり・膨らんで一ヶ所でじっとして始めて・・・と、突然・急変しました。 

急いで先生の留守番電話(午前中のみの診察なので既に閉院後)にメッセージを入れて、ご連絡が来るのを待っている間に、保温の強化、ズプリームペレットの粉末をお湯で溶いた流動食と・漢方薬を、スポイドで一定間隔で補助をして・・・。

流動食と漢方での水分補給をするようになってからの茶子は、ほんの数回程、卵を産む時のような力む姿を見せるようになりました。
補助以外、朝から何も口にしていなかったので、勿論、糞も殆ど出ていませんでした。
「糞がしたいのかな?」
「もしかして糞が出来ないのかも

この時の茶子は、じっとしつつも、時々開ける目にはまだ、様子が急変した当初よりも目に生命力が戻ったような印象を感じました。
「給仕・水分補給で、少し落ち回復しれくれたのかな?」
そんな事を思わせる茶子でした。

20時頃先生から折り返しのご連絡があり、アドバイスをいただきました。
「もしかすると、排泄困難(糞詰まり)を起こしている可能性があるかも知れませんね。」
先生のアドバイスは「水分補給と自力排便の補助等々」。

定期的な流動食と漢方薬の水分補給、小さなケージに移して保温しての様子見。
そうこうしながら過ごした21時45分頃
何回目かの給仕補助の際、そっとケージから出して手に乗せた茶子は、足の力が入らなくなっており、ダランとした状態でした。

一瞬感じた、茶子の死
「えっ!茶子!?」
もう意識が無い!?とパニックになったものの、辛うじて息をし・目も開けてくれた茶子。
少しの補助をすると、ゆっくり・でもコ
クコク飲んでくれた事を確認しました。
でも、そこまででした...。

呼吸に合わせて動いていた茶子の、体の微かな動きが止まりました。
この時一瞬、茶子は意識を失ったのだと思います。
「茶子!?」大きな声で叫んでしまいました。
でも、再び・微かに体が、弱い呼吸に合わせて動き始めました。
目も少しだけ開けてくれました。

主人に茶子を抱いて貰いつつ、再び先生に留守電を入れている間に、茶子の首は力無く、主人の指からダランと下がり、口からは、多分飲みきれていなかったフォーミュラーが流れ出て...。

目を閉じたまま顔を上げ、口を少し開けて、小さく1〜2呼吸ハアハア息をしたかと思っているうちに、少しずつ体が突っ張って行き・・・。
22時ちょっと過ぎそのまま静かに息を引き取りました・・・

「茶子!?やだ、逝かないで!!」
思わず、受話器を持ったまま叫んでしまいました。
でも茶子が再び目を開ける事はありませんでした。

「すみません、今茶子が亡くなったみたいです。また朝に、改めてご連絡します。」
そうメッセージを入れて電話を切り、主人から茶子をそっと受け取り・手で包み・・・。
                   ↓

12 2018_10_26 22時01分.jpg

こんなに突然、明日も明後日もその先も、当たり前にあると思っていた茶子ちゃんとの生活が無くなるとは、思ってもいませんでした。
昨日、病院に行ったばかりなのに?
どうして?
頭の中は真っ白でした・・・。

とにかくその時は、突然の事に、私自身起きている事が信じられず、ただただ動かなくなった茶子をナデナデするしかありませんでした。

享年2歳9ヶ月
元親さんの所で9羽兄弟姉妹として産まれた茶子。
こんなに突然、9羽兄弟姉妹の1羽が欠けてしまうとは、思ってもいませんでした。 
元親さんからいただいた、ヒメ達9羽勢ぞろいのお写真です。
                   

1 ヒメちゃん達9羽写真.jpg

何処に茶子がいるか分かりますか?
黄色い丸で囲った所に茶子がいます。
                   ↓ 

茶子 ここにいます写真.jpg

茶子が急死してしまった、唯一思い当たる原因はありますが、この時はまだ想像で、確定ではありませんでした。
亡くなった当初は、出来れば翌日(27日)に、予約診察が終わった後に飛び込みで、あるいは別の日に、先生に茶子ちゃんを診ていただき、分かる範囲で・推測でも構わないので、考えられる原因を知るために、病院へも連れて行く気持ちでいました。

ですが、留守番電話を聞いて、26日朝一番に電話をくださった先生と、茶子の亡くなるまでの様子等を色々とお話し、その思い当たる原因は予想からほぼ確定に変わりました。
先生は私の質問に、とても分かり易くお話してくださり、私もそれで心から納得する事が出来たので、茶子を再度、病院に連れて行く必要はなりなりました

先生もお話しながら、一生懸命涙を堪えてくださっている事が電話口から伝わって来ました。
あまりに突然の事に先生も驚かれ、「お力が及ばなくて申し訳ないです」とまで言ってくださり、「とんでもないです。先生には本当にお世話になりました。」「お電話くださり、茶子の亡くなった原因も分かりました、」「先生に診て貰えて、本当に良かったです。」。
そうお伝えした時には、私も先生も涙声でした。

茶子の急死と言う、想像もしなかったお別れになってしまいましたが、私はこちらの先生=初代から診て貰っている先生にお願い出来て、本当に良かったと心から思います。

茶子が亡くなる前日(各ブログのアップ時間によっては当日の朝)、”””【親バカフォトバトン】”””〜親バカ全開してもいいですか(^^ゞ?〜ブログを書いていた時は、こんなお別れが待っているとは想像もつかず、当たり前に、これまで通りの気持ちで書いていました。
茶子ちゃんの写真に、「その手に伝わる小さな命の温もりが愛おしい」と書いた、その温もりに、もう触れる事が出来ない悲しさを痛感しています。

生まれて2年9ヵ月我が家に来てからは2年8ヵ月の、あっという間の鳥生でした。
我が家に来て、茶子は幸せだったのかな?

茶子ちゃんと言う、こんなにも愛おしい子を、里子にくだったこうままさんにも、心から感謝しています。
皆様にも愛されて、幸せでした。
家に来てくれてありがとう、茶子ちゃん。
楽しかったよ。幸せだったよ。
出来ればもっともっと、一緒にいたかったよ。
                   ↓

36 2018_10_26 22時29分 .jpg茶子が急死してから、もう直ぐ1ヶ月になります。
もう、随分長い年月が経ったような気がするのですが、「まだ1ヶ月しか経っていないんだなぁ」と思うと共に、茶子が元親さんに連れられて我が家に来てくれた日の事は、つい昨日のように鮮明に覚えていて、ついこの間来たばかりのようにも思える、不思議な感覚でいます。

現在は、卵材症のため茶子と別居・就寝時のみ同居してくれていた、ましろちゃんの心のケアもしつつ、今いる4羽のお世話を精一杯しています。
この子達が、少しでも生きしてくれますように・・・。

旗10月25(26日)に記事にした「茶子、急死しました」日記は、アメーバブログ限定公開・mixiマイミク限定日記にさせていただいています。
あまりに急な出来事で、私自身、心の整理が出来ていなかった事や、ですが「親ばかフォトバトン」記事を見てくださり・コメントくださった方々等、親しい方々だけにでもまずはご報告を、という事で、ごくごく限定的にお知らせさせていただきました。
お許しくださいね。

そうして、ようやく心も落ち着き・もう1ヶ月も経つのだから、という事で、大変遅くなってしまいましたが、改めて全体公開にてご報告させていただく事となりました。
限定公開でご報告した時から、大分日数も経っていますので、内容も現在進行形で少し訂正・付け加え等させていただいています。
こちらもご了承くださいね。

旗これから、こちらのブログでは、日々の愛鳥達の様子を交えつつ、これまでなかなか書く事が出来なかったヒメ達の健康診断日記も含め、まずは茶子が急死してしまった考えられる原因や・通院の様子などを書いて行きたいと思っています。
記録として・懐古(回顧)日記として綴って行けたら、また、同じような闘病中の鳥さん達・飼い主さん達の、少しでもお役に立てたら幸いです。

これまでブログ等を通して、茶子を見てくださっていた方々に、心から感謝致します。
また、ご報告が送れました事もお詫びしつつ・・・。
皆様の愛鳥さん達が、少しでも幸せで長生きしてくれますように、心から願いつつ・・・。

↓良かったら「茶子ちゃん、お休みなさい」のポチッを宜しくお願いいたします(日本ブログ村)
    


↓鳥さんの闘病日記関係を集めた「日本ブログ村」のトラコミュです。病気に関するブログ・情報が表示されます。良かったら参考にされて下さい。
にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ鳥の病気・怪我・病院
posted by うず惚れ at 21:48 | Comment(26) | L愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然の事で驚いています。
親バカフォトバトンを見に来たら
もう一つ記事が上がっていて。
茶子ちゃんほんとうに急な事だったんですね。
はーぴんさんの所のビワちゃんもでしたが
あまりに悲しい事でお言葉が見つかりません。
茶子ちゃんうず惚れさんの元で
しあわせな鳥生をおくられたと思います。
ご冥福をお祈りします。

(アメブロ限定公開から) 2018-10-27 06:59:23
Posted by 蜜瓜 at 2018年11月21日 23:37
お別れは突然やって来るときと、長き治療の末亡くなったりと、どちらも悲しくまた淋しいものですね…。
先月長き治療の末、実家のセキセイさんが亡くなりました。
もう苦しくも痛くもない世界に行ったんだなと悲しみながらも思いました。
鳥さんとのお別れはこれが小さい頃から5回目になりましたが、慣れることはなく…。
悲しみと淋しさと悔しさと…そして感謝と色々な想いがあります。

無事に虹の橋を渡り、私達を日々見守ってくれていると信じています。

(アメブロ限定公開から) 2018-10-27 07:32:48
Posted by 怠け妻 at 2018年11月21日 23:38
昨日、うず惚れさんのかわいい子たちのお写真を拝見したところでした。
うずらちゃんもこんな風に抱っこ出来て、モフモフして、ちょこんと座ってかわいいんだな〜と見せていただきました。

うず惚れさんがどんなにみんなを大切にしていらっしゃるか、とても伝わってきました。

突然の茶子ちゃんのとのお別れ…お気持ちお察し致します。

一緒に居られることが当たり前のように思ってしまいがちですけれど、毎日を大切に過ごしていこうと思います。

茶子ちゃん、安らかに。

(アメブロ限定公開から) 2018-10-27 13:33:03
Posted by maron at 2018年11月21日 23:40
最愛の我が子を亡くした心の痛みが伝わってきます。何も言葉がありません。茶子ちゃんは幸せだったと思います。

(アメブロ限定公開から) 2018-10-27 17:02:54
Posted by わらわら at 2018年11月21日 23:41
>蜜瓜さん

お返事が遅くなり、すみませんでした。
本当にあっと言う間の事でした。
茶子が我が家に来た事・名前を付けた事、色々な事が昨日のように思えます。
約2年半はあっと言う間で短いですね。
きっと今は、ビワ姐さんに寄り添っていると思います。
幸せな鳥生だったと願います。
温かいお言葉を、ありがとうございました。

(アメブロ限定公開から) 2018-10-30 23:31:45
Posted by うず惚れ at 2018年11月21日 23:42
>怠け妻さん

お返事が遅くなり、すみませんでした。
怠け妻さんも、最近、お別れをしたばかりなんですね…。
本当に、どんな形でお別れしても、「ああすれば。こうしたら」と色々と考えてしまいますし、こればかりは、何度経験しても慣れる事は無いものですね…。
今は辛くない事、これは本当に救いですね。
温かいお言葉を、ありがとうございました。

(アメブロ限定公開から) 2018-10-30 23:35:22
Posted by うず惚れ at 2018年11月21日 23:43
>maronさん

お返事が遅くなり、すみませんでした。
本当に茶子とのお別れは突然で、茶子のいないその後は、何だかポッカリと穴がしてしまいました。
1個、普段より餌などの数が少ないだけで、随分違うものだと、改めて思います。
でも、親バカフォト記事を書く事が出来て、うずらの可愛さを知っていただけて、それだけで嬉しく思います。
茶子の生きた証ですね。
マロンちゃんも、少しでも穏やかでありますように。
温かいお言葉を、ありがとうございました。

(アメブロ限定公開から) 2018-10-30 23:40:58
Posted by うず惚れ at 2018年11月22日 00:09
>わらわらさん

お返事が遅くなり、すみませんでした。
わらわらさんも、お辛い思いをされましたよね。
気持ちの共有をしていただける、と言うのは、ありがたい事だと思います。
茶子が幸せだったと願っています。
わらわらさんも、鳥さん共に、お体大事にしてくださいね。
お気遣いを、ありがとうございました。

(アメーバ限定公開から) 2018-10-30 23:43:48
Posted by うず惚れ at 2018年11月22日 00:10
2018年10月27日 11:05 (mixi限定公開から)

親バカフォトバトンの直後で信じられない気持ちです...。このような急変があるなんて何とお声掛けしてよいか...言葉がありません...

Posted by ゆう at 2018年11月22日 00:11
2018年10月27日 13:43 (mixi限定公開から)

突然で、言葉が見つかりません。
ただ、ただ、茶子ちゃんのご冥福をお祈りします。


Posted by メロンパン at 2018年11月22日 00:12
2018年10月27日 21:39 (mixi限定公開から)

早すぎるお迎えに残念でなりません。お知らせいただきありがとうございました。お悔やみ申し上げます。

Posted by ちかぞー at 2018年11月22日 00:13
2018年10月29日 03:50 (mixi限定公開から)

早過ぎと、突然。。 私も同じような経験をしています。 鳥さんの女の子は早く逝ってしまうのかしら? うちのセキセイ♀は2年3ヶ月でした。。 ほんとに可愛い娘でした。 うず惚れさんの気持ちが痛いほど分かりますが、 しっかりと天国に行けるようにお見送りしてあげて下さい。 茶子ちゃんは、うず惚れさんのお仔さまで幸せだったと、心からそう思います。(-人-)合掌
Posted by ゆい at 2018年11月22日 00:14
2018年10月30日 18:57(mixi限定公開から)

> ゆうさん 

お返事が遅れて、すみませんでした。

私も親バカフォト記事を書いた後に、こういう出来事が起きるとは思いませんでした。
それだけ急でした...。
でも逆に、記事を書いた後で良かったとも思えました。
亡くなった後だと、思い出日記になってしまいますものね…。

ゆうさんもまだ、お気持ちが落ち着かない事と思いますが、そんな中、お気遣いをありがとうございました。
Posted by うず惚れ at 2018年11月22日 00:15
2018年10月30日 19:00 (mixi限定公開から)

> メロンパンさん

お返事が遅くなり、すみませんでした。

鳥さんとのお別れは、いつ・どのような形で起きるか、分からないものですね…。
こればかりは、何度経験しても、慣れる事がありません...。

これからまた、ブログで詳細を書いていこうと思っています。
良かったら覗きに来てくださいね。
お気遣いをありがとうございました。
Posted by うず惚れ at 2018年11月22日 00:16
2018年10月30日 19:03 (mixi限定公開から)

> ちかぞーさん 
お返事が遅くなり、すみませんでした。

ちかぞーさんには、いつも温かいコメントをいただき、私もブログを書く励みになっています。
茶子との、こういう形でのお別れは想像していませんでしたが、皆さんに可愛がられて、幸せだったと思います。
これからも、宜しくお願いしますね。

お気遣いをありがとうございました。
Posted by うず惚れ at 2018年11月22日 00:17
2018年10月30日 19:06 (mixi限定公開から)

> ゆいさん 
お返事が遅くなり、すみませんでした。

ゆいさんも、鳥さんとの早すぎる別れを経験されて、お辛かった事と思います。
2年〜は、本当にあっと言う間ですよね...。
つい昨日、お迎えしたような気がします....。

温かいお言葉に涙が出て来ます。
お気遣いをありがとうございました。
Posted by うず惚れ at 2018年11月22日 00:19
2018年11月06日 19:35 (mixi限定公開から)

家族と言っても過言ではない鳥さんの訃報…
ただお悔やみの言葉しかありません
Posted by ゴン at 2018年11月22日 00:20
2018年11月07日 04:02 (mixi限定公開から)

> ゴンさん 
お悔やみの言葉をありがとうございます。
どんな別れも辛いものがありますが、何の予兆も無く突然という事もまた、心の準備が出来ておらず、辛いものがありますね…。

茶子が我が家に来て約3年。
あっと言う間でしたが、私は幸せでした。お気遣いをありがとうございます。
Posted by うず惚れ at 2018年11月22日 00:20
心の痛みも癒えていない中の報告、思い出してもお辛いと思います。鳥さんは体が小さい分本当にあっという間なんですね(T_T)最後ちゃんとうず惚れさんの声に反応してくれて分かってたんだなぁと思うと沢山愛されてたんだとしみじみ思います。
我が家から無理にお願いして、もう2年8ヶ月も経ってるのですね!うず惚れさんのお家で大事にして頂いて本当に連れて行って良かったお思っています。心残りは沢山あるかと思いますが、まずはましろちゃんのケアに頑張って下さいね。
何も出来ませんが、いつも近くに住んでいたらなぁと思いますよ(;-;)
茶子ちゃんのご冥福をお祈り致します。
こまとじじにも毎日一緒に居てあげてってお願いしてます。

(アメブロから)2018-11-23 13:13:04
Posted by こうまま at 2018年12月13日 04:31
>こうままさん

温かいお言葉を、ありがとうございます。
茶子をくださった事、本当に感謝しかありません。
あっと言う間の2年8ヵ月でしたが、茶子がいてくれて幸せでした。
今は、こまちゃん・じじちゃんにくっ付いて回っているのかな、と思います。

こうままさんには、茶子が亡くなる前後に、ずっとLINEでお話を聞いていだだき、こちらもとても感謝しています。
そばにして貰っている、そんな感覚で、私には心の支えでした。

これからも、ましろの心のケアと、男の子達の長生きを目指して、精一杯お世話して行きますね。
こまちゃんから繋がったご縁は、本当に不思議で、でも私には有り難いものです。
本当にありがとうございます。

(アメブロから)2018-11-23 18:31:17
Posted by うず惚れ at 2018年12月13日 04:32
茶子ちゃんが居なくなって
まだまだその事実を受けいられない中
詳しくご報告辛かったことでしょう。
茶子ちゃん素敵なうず惚れさんに出会えて幸せだったよ。
こんなに愛されて過ごしたのだから。
虹の橋のたもとで先に行った子達と
幸せに過ごしていると思います。
今でも亡くなった子を思うと涙が溢れますね。

(アメブロから)2018-11-25 10:45:24
Posted by 蜜爪 at 2018年12月13日 04:33
>蜜瓜さん

温かいお言葉を、ありがとうございます。
もう1ヵ月になろうとしていますが、かなり経ったような気がしたり・本当に茶子は居たのかな?と思ったりする事が有ります。
でも、写真や動画には、茶子が写っていて、確かにいてくれたんだなぁ、と思ったり、これまで見送った子達とは違う感覚です。
お優しいお言葉に、改めて涙が出て来ました。
茶子がいてくれて幸せだったから、涙も出るんですよね。
温かいお言葉を、ありがとうございました。

(アメブロから)2018-11-25 17:32:28
Posted by うず惚れ at 2018年12月13日 04:34
2018年11月23日 13:37 (mixiまら)

読んでいて辛くなりました。書いているうず惚れさんと牛惚れさんが一番辛いとわかっていますが…。
改めてブログを読み返すと、もしかしたら生き物全てには寿命というものがあるのかなと、ふと思いました。
Posted by ちかぞー at 2018年12月13日 04:41
2018年11月23日 18:18 (mixiから)

> ちかぞーさん 

改めて、こちらにもコメントをありがとうございます。

3年に満たない茶子との生活は、あっという間で本当に茶子がいたのかな?という気持ちになる時が有ります。
不思議な感覚ですね。

でも、こうして、ちかぞーさんにもブログを見て貰い、コメントいだだき、茶子はしっかりと生きて・ここに居てくれたんだと思えます。
いつもちかぞーさんのコメントには、本当に感謝しています。

これからも、我が家の子達を、宜しくお願いしますね。
いつもありがとうございます。
Posted by うず惚れ at 2018年12月13日 04:42
何と言っていいか言葉もありませんでしたが。1つだけあえて
お伝えするとすれば・・

茶子ちゃんをうず惚れさんご夫婦で最後を看取って上げれた事これは、すごい事だと思います。やりたくても中々できない事だと思います。
過去の鳥さん方も、うず惚れさんはいつも看取ってあげることができていますね。

それは、うず惚れさんの愛情あっての育て方があったればこそ、その証拠になると私個人は思います。
誰もが自分の鳥をちゃんと最後まで看取りたいと思っている中でちゃんと臨終に間に合う方は少ないと思います。

だから、そのことは、すごい事だと思います。茶子ちゃんは、うず惚れさんのうちの子になり本当に幸せな鳥生だったと私個人は思います。
うちも最後は茶子ちゃんのように、ちゃんと見送りができる育て方をしていきたいと願うばかりです。

どうぞ、これからも今生きている鳥様方と1日1日楽しくお過ごしくださいませ。
虹の橋へ渡った茶子ちゃんとも来世また会えますようお祈り致しております。

Posted by ぴい at 2018年12月13日 04:47
>ぴいさんへ

温かいお言葉を有難うございます。
そうですね、見取る事が出来ただけでも、まだ良かったのかも知れません・・・。

出来ればもう少し、とは言わず、もっともっと一緒にいたかったです。
先生から処方された漢方薬も飲んで貰う事が出来て、少しでも良くなって・・・。
そんな様子も見たかったです、残念でした。

今は、他の子達、特に茶子と同居していたましろの心のケアをしつつ、少しでも長生きして欲しいな、と思います。

有難うございました。
Posted by うず惚れ at 2018年12月13日 04:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。