◆左サイドにメールフォームを設置しました。何か有りましたら、こちらからご連絡下さいませ。◆

■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。

 なかなかリンク集を完成させる事が出来ない為、お勧めのインコ本を画像にして右サイドバーに臨時に表示しました。
リンク集が完成次第、新カテゴリ内や記事下に画像リンク集を移動・編集したいと思います^^;。
暫くは縦長レイアウトになってしまいますがご了承下さいマセm(__)mー2014.07.18。

🚩右サイドバーに臨時設置してあるアマゾンリンク集は、新刊発売時等に、随時更新してありますのでご覧下さいませ。−2017.05.05
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. L愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜ましろちゃんが・・・(>_<)!!〜

2018年02月17日

〜ましろちゃんが・・・(>_<)!!〜

こんにちは。
不調だったPCの問題が解決し、ようやくブログの更新に取り掛かる事が出来るようになりました。
前回の更新から、約2週間振りの更新です。
こんなノロノロのブログ更新ですが、いつも来てくださり有難うございます。

我が家のヒメウズラ:ましろちゃんが介護生活に入ってから、もう3週間が経とうとしています。
                 ↓ 

8 ましろコリコリ写真.jpg

「いくら落ち着いて見ていられるにしても、そろそろ書かなければ〜」なんて思っていた矢先の先日14日(日付けが変わった頃)。
ましろが危うく虹の橋を渡りかけてしまうと言う出来事が起きてしまいましたえーん💦
私はもうパニックと涙と手の震えが止まらず、今、ましろちゃんが生きている事に感謝しつつ毎日を過ごしています。

原因は多分、ペレットの喉詰まり・・・ですビックリマーク

ましろちゃんが闘病生活に入ってからは、合わせて、なるべく産卵を抑えるようにと、餌の量を調節する生活もし始めた頃でした。
丁度、購入したものの使う事が無く、保存してあったラウディブッシュ社のローファットのペレット(獣医師の許可で処方されるペレットです)。
1日の餌全体量を減らし、寝る前〜寝て少し経ってから追加する時にはこちらのローファットを追加し、最終的には朝晩2回に分けてご飯を食べて貰う、そんな量の調節の練習に入り始めた頃でした。
こちらがローファットのペレットの粒(原物)写真になります。
                 ↓

1 ローファットペレットの粒のサイズ.JPG

我が家の女の子達は、普段のメインペレット(ズプリーム社のペレット セキセイサイズ(無着色) ミルで少し砕いた物にプラス、ズプリーム フルーツタイプ(フィンチサイズ) を少量混ぜたもの)も、ローファットのペレットも、特に好き嫌いする事無く食べてくれていたのですが、一つだけ気になる事が・・・。 

注意ローファットの粒の大きさ自体は、砕いたズプリーム(セキセイタイプ)とほぼ同じ大きさではありましたが、それを食べる時のましろちゃんは、どこか飲みにくそうにしながら食べているような印象がありました。
左:ローファットの粒(原物)、右:セキセイタイプの粒(無色)をミルで砕いたものとフィンチタイプ(色付き)をブレンドしたもの、の比較写真になります。
                 ↓

2 ズプリームとの比較写真.JPG

「少し砕いてあげた方が食べやすいかな?」なんて思っていた、そんな矢先の出来事でしたえーん
その日も、夜食に少しローファットのペレットを少量追加して、ましろが食べに来て、お腹が空いていたからいつも通りガツガツ食べ始めて・・・。
(茶子とは療養中なので別居生活ですが、茶子にもあげています。)
・・・そんなましろと茶子ちゃんの様子を見ていたら・・・?

ふと気付くと、ましろが口を少し開けて上を向き、喉にある何かを出そうとでもするかのように「ウエウエ」し始めたのです・・・。
旗これから書く出来事は、パニックでほとんど記憶がありませんので、その記憶を辿って書く大まかな出来事になります。

その様子を見て直ぐに、「ペレットが喉に詰まったガーン!?」と思いました。
「やっぱり砕いてあげれば良かった」そう思っても、時すでに遅し。
口を少し開けて上を向き、喉をウエウエして少し経ってから、ましろは再度ペレットを口にしました。
「飲み込もうとしているのかな・・・?」
でも、再度同じ仕草を繰り返します💦

「一旦、このペレットは取ろう!!危ない!!」
直ぐにローファットのペレットを容器ごと取り出しました。
ウエウエしているものの、どこかで引っかかっているのか・出て来ないのか、なかなかその仕草は終わりません。
水も飲もうとしません。

「・・・お水を飲ませた方がいいのかな?」「でも、逆に肺に入ってしまったら誤嚥させてしまうし。」「喉をさすってあげた方が良いのかな。」「でもそれでかえってペレットが奥の方に落ちてしまっても・・・」
もうパニックですえーん

とりあえず一度、ウエウエしているましろをそっとケージから取り出し、スポイドでちょぴっとだけお水をポタリ
ウエウエしていた姿とは逆に、今度は口を固く閉じていたので、喉を少しだけ・そっとさすり、口を開けた所で少しのお水が喉へ流れて行きました。
旗お水を飲み込むというよりは、口を開けたので、ただ喉の奥に流れて行ったという感じです。
でも、ましろは苦しいのか手の中で暴れてジタバタ。
直ぐにケージへ戻しました💦
こちらは後日、ナデナデしている時に撮った写真です。ましろの口にお水を垂らし・さすった時の姿はこんな感じで、写真のよう仰向けではなく横向きになります。
                 ↓

6 ましろコリコリ写真.jpg

そうしてケージに戻ったましろは再度、ペレットをついばむ仕草を見せたので、今度はいつもの小粒のズプリームを少々差し入れを。
それをましろは1粒2粒口にするも、その後は再度上を向いてウエウエ・・・。
お水は飲もうとせず(水のみ場に行こうともせず)、スポイドを口に近づけても「嫌」と顔を背けてしまいます・・・。

様子を見ながら、再度ましろをケージから出してお水をほんの少し・喉をさすりさすり・またケージに戻し〜を計3回位したでしょうか・・・。
合わせてましろを見ながら、お世話になっている動物病院へ夜間緊急留守番電話を入れ・いつ折り返しの電話が来ても直ぐに出られるように着替えをし・ケージの保温の準備をし・診察券の用意・タクシーを呼ぶ準備・・・。

もう何から行って良いのか・何をすれば良いのか、頭は真っ白。
手は震え・汗だくの半泣き状態でした・・・えーん

そんな時、ましろがプシップシッ・・・と、飲んだ水(多分、飲んだというよりは喉に溜まっていたものだと思います)を口から吐き出しました。
鳥さんがクシャミをする時のような感じです。
その後は首を下に下げ・目を瞑ってジッとし始めてしまいました。

「ましろガーン!?」
声をかけると、再び目を開けて顔を上げて、少ししてから再度プシップシッ・・・。
また首を下に下げて目を瞑ってジッとして・・・。
「ましろ〜!!」
ついこの間、2歳になったばかりなのに!」「介護もようやく落ち着いて来たのに!!」「どうしてもっと早く、ペレットを砕かなかったのか・・・」
・・・そんな思いが走馬灯のように頭の中をグルグルと・・・えーん

そうして、ましろが喉を詰まらせてから30分程経とうとした頃でしょうか。
ましろが急に「ゴフッドンッ!!」 と、これまで口に入れたであろうお水とペレットを吐き出したのでした!?
(丁度テレビなどで、溺れて気を失った方が水を吐き出した瞬間、そのものです。)

口からゴフッドンッと出て来たお水と色の付いたペレット(ズプリーム)他、幾つかが出て来た瞬間は、私にはまるでスローモーションに見え、今でも鮮明に覚えています。

・・・そうしてましろははっきりと意識を取り戻しました
その場に有ったズプリームのペレットを食べ始め、お水を飲み始め・・・。
虹の橋を渡る寸前で戻って来てくれました !!
「ましろ〜!!」「苦しかったね」「よく頑張ったね!」「自分で出せたね!!」
パニックの半泣きから喜びの大泣きですえーん💦

病院から折り返しの電話はまだ来ていなかったので、直ぐに病院へ「何とかなりました」のご連絡を。
仕事中の主人のスマホにも「ましろが死んじゃう所だった〜」と連絡を。

その日はましろが心配で眠れなくて、朝まで徹夜でした。
「また何かあったら怖いから」と、ズプリームも粉の部分を選んで入れて、お水もたっぷり入れ直し。
「明るくしたら、眠れなくてお腹も空くから」と、遮光性カーテンを掛け、その隙間からジ〜ッと覗く怪しい人影の私・・・💧
慌てて帰って来て、ましろを見てホッとする主人。

その日以来、安静を考慮しつつも、「生きていてくれている事が嬉しくて」ほんの少しのコリコリ時間が増えてしまった、ましろです。(産卵してしまうので、少しだけね。)
                 ↓ 

5 ましろ元気になる.jpg

思わずその日の夕方には、ましろちゃん達の親元さんであるこうままさんへLINEでご連絡まで入れてしまいました。
旗こうままさんには、ましろの介護のご報告や・食事量の調節の事などで色々とアドバイス頂いており、本当に心強い先輩ウズラーさんです。 
旗ローファットのペレットについては、こうままさんも驚いておられましたが、改めてこうままさんからも、お年と共に色々な物が飲みにくくなる事や、こうままさん宅のヒメウズラちゃんの事などについてお話を聞かせて頂きました。

「ましろ〜。よく頑張ったね。」えーん
                ↓

7 ましろ足の怪我があり仰向け写真.jpg

改めて、今回ましろの喉を詰まらせたローファットのペレット原物大と、ズプリームのペレットの砕いた粒を比べてみました。
何処にローファットのペレットがあるか、お分かりになりますか?
                 ↓

3 混ぜてみた写真.JPG

黄色い丸で囲った、他と少し違って白い色の物がローファットのペレットになります。
大きさ的には、砕いたズプリームのペレット(セキセイタイプ)とそれ程変わらないような感じがするのですが、粒の角が四角く尖っている(出っ張っている)のが飲みにくさの原因だったのでしょうか・・・?
                 ↓ 

4 白い粒がローファット粒.JPG

「インコ ペレット 喉つまり」
少しネット検索しただけでも色々な出来事が出て来ますので、稀ではありますが、それでも起こり得る事柄なのだと思いますショボーン
(・・・そうして、して上げられる事が無いのも辛いです。)
こうままさんともお話していたのですが、こうした思わぬ出来事は(これまで飼って来た)セキセイよりもヒメウズラの方が多いような気がします。

また、喉にペレットを詰まらせる事も怖い事ですが、誤嚥でなくて幸いでした。
誤嚥の場合は、今回のようにパニックになる時間も無く・あっと言う間の出来事だと聞いた事があります。
いずれにしても、もう同じ事は繰り返したくありませんし怖いです!!
特にお腹が空いてパクパク食べる時は要注意だと思わされました。

・・・と言う事で、その日は念の為、ローファットのペレットの残り全てをミルで更に調節して極粒状態に💦
                 ↓

1 砕いたローファット写真.JPG

左:更に砕いたローファットの粒と右:元々砕いてあったズプリームの粒の比較写真になります。
                ↓

2 ズプリームと比較.JPG

他の子達(特に男の子達)が食べるペレットも、不安で全て極粒にさせて貰いました。
・・・分かりますか?💧
                 ↓

3 右下:イースター社 左:黒瀬フー粒比較.JPG

左上:更に砕いたローファット、右上:女の子のメイン食のズプリーム、左下:黒瀬ペットフード社の小粒サイズ(こちらも少々砕いて角を取りました)、右下:イースター社のペレット(こちらだけ粒が小さいので砕いていません。)
                ↓ 

4 同粒比較写真.JPG

・・・本当は、廃番になってしまったズプリーム社のフィンチサイズ:無着色があると良いのですが・・・。
フルーツタイプ(色付き)は売られているのに、残念ですショボーン
旗男の子達は、ズプリームを余り食べてくれないので、今は入手し難くなったラウディブッシュ社のペレット(ニブルスタイプ)がメイン食になっています💧

旗比較写真を撮り忘れてしまったのですが、ローファットの粒の大きさは、見た感じは「ラウディブッシュ社のメンテナンス(ニブルス)」と、ほとんど変わらない大きさだと思います・・・。

入手出来なくなっても困るので、イースター社 インコセレクション トータルペレット 黒瀬ペットフード ネオ・フード・小粒サイズ を試行錯誤しながらお試ししているのですが、食べ具合はイマイチ、でしょうか・・・。
黒瀬ペットフード社は、今回購入した物よりもまだ小粒の極小粒があるので、次回からはこちらにしようかしら・・・。
(本当は、前回お試しサイズで黒瀬ペットフード ネオ・フード (フィンチサイズ)を購入したのですが、「ちょっと小さいかな」と今回小粒にしたのでした。でも私が怖くなってしまいました💧。食べ具合にもよりますが、フィンチサイズに戻そうかな・・・?) 

旗こちらのペレットあれこれについても、ヒメ達の健康診断日記と合わせて書いていく予定です^^;。

いずれにしても、ましろが、自分でペレットを吐き出してくれて本当に良かったですえーん
今、改めてましろが生きていてくれている事に感謝です!!
                 ↓

9 同 ましろコリコリ写真.jpg

生きていてくれて有難う!!
                 ↓

10 同 ましろ写真.jpg

ましろと別居中で寂しい茶子も、我慢してくれて有難うおねがい
                ↓

11 茶子もコリコリ.jpg

・・・この頃、一緒に「有難う」されている茶子でした💦
                 ↓ 

12 同 茶子写真.jpg

我が家で愛鳥が亡くなってからまだ2年
また愛鳥を亡くしてしまうのかと、その悲しい記憶が蘇ってしまった今回の出来事。
何度繰り返しても慣れる事の無いこうした出来事が、少しでも先の事でありますように・・・。

皆様も、どうぞ鳥さんの誤嚥・喉詰まりにはお気を付け下さいませ。
また喉詰まりについて、「こうしたら良いよ」というアドバイスなどがありましたら、こちらも是非情報をお願いいたします。

ここまで読んで下さり、有難うございました。
皆様にも、心からの感謝をしつつ・・・チューリップピンク

↓良かったら「良かったです」のポチッを宜しくお願いいたします。(日本ブログ村)
   


↓こちらも参加しています。↓良かったらついでにポチッとお願いします。
blogram投票ボタン 


posted by うず惚れ at 05:52 | Comment(8) | L愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2018年02月17日 10:14 (mixiから)

うわぁー。まさに緊急事態でしたね(大汗)。危ない、危ない。人間でも、小さな子供さんやお年寄りの方が喉を詰まらせて、最悪のケースになる事も少なくありませんから。
うまく吐き出してくれて、本当に良かったですね。
Posted by ちかぞー at 2018年02月18日 02:50
2018年02月17日 18:43 (mixiから)

> ちかぞーさん 
コメントをありがとうございます。
本当に、パニックでした(>_<)。

ちょっとした事でも、違和感を感じたら、直ぐに対処しないといけない事を痛感しました。
何かあってからでは、取り返しがつきませんものね…。

今回は、ましろの生命力に助けられました。
でも次は無いと思って、気を引き締めます!
ありがとうございました。
Posted by うず惚れ at 2018年02月18日 02:51
2018年02月17日 20:30 削(mixiから)

ご連絡遅れてすみません。体調を崩してしまいまして、しばらくPC関係はノーコメント状態でした。ようやく書き込みができる感じです。

とにかくましろちゃんが無事でよかったです。うちのオカメもこの間、餌で口の中を傷つけて口内炎になりましたし。ドジで喉に詰まらせることが多いし、ダイエットしてるので、がつがつ食べる時は要注意です。ペレットでなくシードメインですが、大きめの角のあるペレットや餌などは、必ず砕いて小さめにしてあげています。うちの場合は、すり鉢で砕きます。

餌で米関係は、つるっと滑って噛めないので、業者さんに米をブレンドされてるところはわざわざ頼んで、別袋へ入れて頂いています。

うちの場合ですが、オカメが食べている時変な顔して、上を向いたら、すかさず、水を飲むように促して飲ませます。

無理に飲ませなくても、喉が詰まりそうになると勝手に飲んでくれますが。万一今回の状態になれば、うず惚れさんのように、スポイトで、保定して投薬するように飲ませて、上下にシェイクするというか、軽く振ります。

この方法は、実はうちのオカメは、投薬が嫌いで、口の中に薬をためてあとで、こっそり吐き出すという悪さを過去何度かしたので、
投薬も、喉つまりの解消も、水を飲ませたら、お腹に中にちゃんと入るように、上下に軽く振り、流し込み作業をします。

これをすると、ちゃんと薬を飲んでくれます。あとは、人間でも、脅かすとちゃんと飲みこむというか、私が口の中から、つまり物をとろうと、くちばしを開けようと手を出すと驚いて、換羽がピーンとなりますので、それで治す感じです。

食べ物以外の異物は、飲み込ませたらダメなんで、この方法は使えないと思いますけど・・

参考までに書かせて頂きました。本当に無事でよかったです。
Posted by ピノコ at 2018年02月18日 02:52
2018年02月17日 22:21 (mixiから)

> ピノコさん 
コメントをありがとうございます。

オカメとヒメウズラの嘴の形状が違い、なかなか口に水を含ませるのが大変だと思う、この頃です。
インコ類は嘴の形状上、隙間から少しでも入れる事が出来ますし、入れば反射的に飲み込む事も出来ますよね。

ヒメウズラは、隙間無くきっちり嘴を閉じるので、まずお水を入れる事が大変です。
なので、喉をさすると、少し開けてくれて入って行くと言う感じですね…( ̄。 ̄;)。

お水(お薬)で有ればまだ良いのですが、固形物が詰まった場合の対処は、本当に難しいです。

上下に軽く振ったり・脅かしたりですか...(^-^;。
ちょっと家の子には出来ませんね(^^;)。
ベタ慣れの子では無いので、保定するだけで十分驚きになりますし、お薬が嫌で口に溜める習性でも無いので(まず口を開けないので)、ちょっ勇気がいるかも、です。

取りあえず、これからは気を付けますね。
Posted by うず惚れ at 2018年02月18日 02:53
改めてその時の状況を読んでいて、とっても力が入ってしまいました!自力で吐き出すって本当に頑張ったと思います(T_T)偉かったねぇ♪
やっぱり粒の大きさや角張り具合も関係あるけど、文鳥さんでもシード詰まらせる?引っ掛かる?事があるようなので、たまたま変な所に入っちゃったのかもですね!こちらとしては、特に女の子には時間稼ぐために粉を食べて欲しいけど、粒々好きだしで悩みますね〜(^_^;
エサ問題と卵問題と悩みは尽きません(>_<)
LINEお返し出来ずすみません〜じじが少し調子悪いのと、同じく寝落ちが多くて(;・ω・)また送りますね!

(アメブロから) 2018-02-17 10:31:51
Posted by こうまま at 2018年02月18日 03:06
>こうままさん
コメントと、大変な中、色々とお話を聞いて下さり、ありがとうございました!
頭の中が真っ白、と言う文字通りの経験でした...。
もう、こんな怖い思いはしたくないものです(>_<)。

じじちゃんが大変な事、ブログを拝見して知りました。
お辛い事、知らずにすみませんでした。
口をパクパクさせる仕草が、ましろと重なり、胸がとても苦しいです...。

お薬が少しでも効いて良くなりますように...。
心から願っています。

返事はどうぞ、気にされないで下さいね。

(アメブロから) 2018-02-17 19:39:39
Posted by うず惚れ at 2018年02月18日 03:07
ましろちゃん、たいへんだったんですね。
オエオエなってるましろちゃんを、
うず惚れさんがどんな気持ちで介抱したか、
もう想像するだけで身がすくんできます。
頑張って吐き出してくれて本当によかったです!
廃業になったPCNF社から出していたペレットは、輸入時に異物を社員が取り除けたりしていたらしいですよね。
現在は、ラウディブッシュ直輸入版のペレットを使い始めたのですが、こちらはさらに大粒が混じってるんです。
目視して、危なそうな粒だけ取り除けていたのですが、ちゃんとすりつぶさないといけないなと危機感を持ちました!
ましろちゃん、教えてくれてありがとう。これからも長生きしてね。

(アメブロから) 2018-02-18 01:20:35
Posted by はーぴん at 2018年02月18日 03:08
>はーぴんさん
コメントを有難うございます。
また、ドキドキさせてしまってすみません^^;。
お陰さまで、ましろが頑張ってくれたので、こうしてブログにする事が出来た出来事でした。

あの小さなヒメウズラが、喉を詰まらせたら・・・と思うと、もう思い出す事も辛い出来事でしたが、これからは今以上に気を付けて行きたいと思わされました!!

PCNF社のペレットが、手作業で異物を取ってくれていた事には本当に感謝ですよね。
鳥さんに良い会社が無くなる事は残念です・・・(-_-;)。
私も、目視で危なそうな粒は取り除いているのですが、今回の出来事で怖くなって、ミルでもう少し砕いてしまいました^^;。

何が起こるか本当に分かりませんよね・・・。
これからも気を付けたいと思います。
はーぴんさんのお宅のヒメさん達も、健康で長生きして欲しいです。
有難うございました。


(アメブロから) 2018-02-18 03:04:48
Posted by うず惚れ at 2018年02月18日 03:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。