◆左サイドにメールフォームを設置しました。何か有りましたら、こちらからご連絡下さいませ。◆

■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。

◆なかなかリンク集を完成させる事が出来ない為、お勧めのインコ本を画像にして右サイドバーに臨時に表示しました。
リンク集が完成次第、新カテゴリ内や記事下に画像リンク集を移動・編集したいと思います^^;。
暫くは縦長レイアウトになってしまいますがご了承下さいマセm(__)mー2014.07.18。

🚩右サイドバーに臨時設置してあるアマゾンリンク集は、新刊発売時等に、随時更新してありますのでご覧下さいませ。−2017.05.05

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. L愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜【愛鳥闘病記】:チロルちゃん老齢の波が?−レントゲン結果・2〜

2016年07月11日

〜【愛鳥闘病記】:チロルちゃん老齢の波が?−レントゲン結果・2〜

こんにちは。
暑い日が続いていますが(お住まいの地域によっては寒くてストーブを点けておられる方も)皆さま・鳥さん達は如何お過ごしでしょうか?
いつも見に来て下さり有難うございます。

普段の様子に違和感を感じ、病院での診察で軽い趾瘤症腎肥大ー痛風の可能性が見つかったチロルちゃん。
意を決してお願いしたレントゲンで、軽い腎肥大の他にももう一つ、気になる点が見つかりました・・・。

先生曰く、「右側・翼の曲げ伸ばしをする辺りの骨にもカルシウムの沈着が見られますね」との事。
通常、問題の無いセキセイのレントゲン写真は、骨が均等に透き通っているそうです。
・・・が、チロルちゃんの場合は問題の部分が微妙にまだら模様
一緒に確認させて頂きましたが、骨の透け具合に濃淡が有るとの事でした。

鳥のレントゲン写真:
飼鳥の医学by横浜小鳥の病院6.正常なレントゲン解剖ー(2) 正常なセキセイインコのオスのレントゲン写真・VD像
・上記同サイト:
2.症例 レントゲン写真 VD像:カルシウム沈着写真
鳥のつばさの骨格の理解:チロルちゃんの場合、丁度こちらの画像−人で言う手首に当たる部分〜ひじ辺りになります。
レントゲンは仰向けで撮るので、向かって左側が右の翼になります。

その結果、チロルちゃんには軽度ではあるものの「多骨性骨化過剰症(PH)ーカルシウム(Ca)代謝に関係する病気」の症状が見られるという事が分かりました・・・。

多骨性骨化過剰症(PH)について:
わたらい先生の憂鬱多発性骨化過剰症


多骨性骨化過剰症(PH)の症状は

  • 足の麻痺ー足を挙げる・動かさない・神経圧迫
  • 飛ばなくなる

等々、既に診断を受けた趾瘤症腎肥大ととてもよく似ていました・・・(・・;)

考えられる原因としては、

  • セキセイインコに良く見られる
  • 特にカルシウムの沈着は高齢の子に多い

・・・という事の他に、精巣腫瘍を併発している・あるいは将来発症する可能性が有るかも〜との事でした\(◎o◎)/!。
・・・と言うのも、多骨性骨化過剰症(PH)には多くの場合

  • 精巣肥大ー足の神経圧迫
  • 過発情・あるいは産卵をしない雄雌に起こり易いー発情と産卵のアンバランス
  • エストロゲンの過剰症―生理現象

といった発情が関係している事が多いそうです。

過発情、あるいは卵巣・精巣腫瘍を疑って病院で診て貰った結果、多骨性骨化過剰症がレントゲンで確認された〜と言うケースが多い、との事でした。

チロルちゃんにもレントゲンでは微少の精巣肥大が見られたそうです。
まだ良く見ないと気付かない位、ごくごく微少な物ではあるそうですが・・・。
(精巣肥大かも〜と疑って見るから気付いた、と言う程度)

精巣腫瘍と発情について:
飼鳥の医学by横浜小鳥の病院飼い鳥の発情ー雌の持続発情に関連する問題点 5.
・上記同サイト精巣腫瘍
小鳥のセンター病院 小鳥の病気.com鳥さんの発情 No.16
🚩チロルちゃんのレントゲン写真は、まだ軽度・翼の一部分だけなので、上記サイトのレントゲン写真程ハッキリ・広い部分で見られた訳ではありませんが・・・。

多骨性骨化過剰症(PH)と精巣腫瘍は、高齢化と共に起こる生理的なものと発情の有無が関係しているようですね^^;。(ちょっと難しかったです^^;)

・・・チロルちゃんの場合は、これまで余り他の子達と群れず・1羽でまったりしている事が多かったので、発情行為は全く見た事が無い子でした。
精巣腫瘍って過発情の子に見られるとばかり思っていました・・・

・・・そんなこんなで、ちょっと足の様子を診て貰うだけのはずだったチロルちゃん。

軽い趾瘤症の他に、同じく軽度の腎肥大ー痛風の可能性多骨性骨化過剰症(PH)精巣腫瘍の可能性〜という複数の病気(症状)と、今後発症するかもしれない病気が見つかる、という結果になりました・・・。

先生曰く、「長生きしてくれる鳥さんには、どうしても色々と出て来てしまうんですよね・・・。」「仕方が無い事だと思いますよ。」との事でした。
長生きしてくれるのは嬉しいですが、健康で長生きして欲しい・・・と願うのは難しい事なのでしょうかね・・・。

とにもかくにも、早めに病気が見つかっただけでも良しとしなければいけないのかも知れないですね。
とりあえず、これからの治療として、

  • まずは趾瘤症の治療と改善(投薬とケージレイアウトの変更)
    こちらに関しては、〜【愛鳥闘病記】:チロルちゃんに老齢の波が?ー診察編〜・今後の治療をご覧下さいマセ。
  • 軽度の腎肥大が見つかったので、痛み止めは腎臓に負担のかからないものを処方
  • 投薬が終わった後、足裏の発赤・痛み・炎症が無ければひとまず様子見

  • 腎疾患については腎疾患用のペレットに切り替えて食事療法を始めるー予防と悪化防止
    ーライディ社フォーミュラーAKBirds’Grooming Shop(横浜小鳥の病院 併設ショップ)
  • 薬を飲んで貰う為、野菜は与え無い事
  • カルシウムも撤去

  • 痛風・精巣腫瘍の症状が見られないかどうか、小まめにチェック
    🚩痛風・精巣腫瘍共に:止まり木から落ちる・足を挙げる・足の発赤・腫れ・食欲不振が見られないか
    🚩痛風:足(関節)に白いブツブツが出来ていないか・脱水症状を起こしていないか
    🚩精巣腫瘍:鼻のロウ膜が雌化していないか・お腹が膨らんできていないか
  • 改善が見られない・様子がおかしいと思った時は、随時診察・レントゲン検査をして、趾瘤症の再発か・腎疾患ー痛風の発症か・多骨性骨化過剰症(PH)ー精巣腫瘍かどうかを確認し、随時治療をして行く

・・・と言う事になりました。

↓腎疾患用ペレット。とりあえず食べてくれるかどうか様子を見る為、お試し小分けサイズです。先生曰く、「腎疾患用ペレットは比較的小粒で食べやすくて美味しいらしく、好んで食べてくれる子が多いですよ。」との事でした

1 フォーミュラーAK写真.JPG

↓アップ写真です、サイズはラウディブッシュ メンテナンス フレーク 黒瀬 ネオフード 小粒 に近いと思います。

2 腎臓疾患用ペレット.JPG

チロルちゃんは比較的シードサイズの小粒ペレットがお好みなので、とりあえずペレットをすり鉢で砕いてもう少し小粒〜粉にし、いつもの主食(シード+ペレット)に振り掛ける事から始めてみます。

この日記を書いている現在、投薬から3ヶ月が経っています^^;。
ペレットは100%切り替え〜とまでは行きませんが、何とか粒々にしたものを食べてくれているようです。

元々100%ペレット食ではないので、シードを無くすと体重が激減してしまうチロルちゃん。
シードの量はそのまま+主食のペレット量を減らして、腎疾患用のペレットをふんだんに振り掛けて〜と試行錯誤しています。

お蔭さまで(?)こちらのペレットは、通常サイズをその後1袋購入
近々2袋目に入ります。
・・・少しでも口に入ってくれていると良いのですが^^;。

お蔭さまで投薬終了後、1週間ほどして足裏の発赤・腫れがほとんど良くなりました。
体重も30.1gに。
投薬終了、約1ヶ月後にはテーピングを巻いた止まり木にも普通に止まれるようになり、逆にテーピングをカジカジしてボロボロにするまでになりました^^;。
↓まだ足をかすかに浮かせつつも、止まり木に止まっています♪

5 止まり木に両足で止まれるようになる.JPG

↓いたずら出来るまで元気になり、テーピングをカジカジ。ボロボロになってしまいました。嬉しい巻きなおしです。 
6 テーピングはボロボロ.JPG
幸い、再発も無く生活してくれていたチロルちゃんですが、この一連のブログを書いている間に、再度止まり木から落ちるようになったり・余り食欲無いように見えたり・体重も28グラムまで減ったり〜と行った気になる様子を見せるようになりました。

診察には連れて行かず、同じお薬だけを貰って10日間の投薬行いました。
・・・でも、初めての投薬後のようには改善されていないかな・・・?
気になる点も幾つか・・・・。

再度診察を受ける為の予約もしました
近々連れて行って来ます。
こちらについてはまた後日書かせて頂きますね^^;。

いつも長文を読んで下さり有難うございます。
もっと頻繁に更新出来れば、ここまで長く書かなくてもいいんですよね^^;。
読んで下さり心から感謝いたします。

↓良かったら「早く更新・短めの内容をお願いね」のポチッをお願いします^^;。
(日本ブログ村)
   


こちらも参加しています。
↓良かったらついでにポチッとお願いします^^;。
blogram投票ボタン 

↓日本ブログ村
 
 

↓鳥さんの闘病日記関係を集めた「日本ブログ村」のトラコミュです。病気に関するブログ・情報が表示されます。良かったら参考にされて下さい。
にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ鳥の病気・怪我・病院

posted by うず惚れ at 07:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | L愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チロルちゃん。頑張ってね♪お体に良いゴハン食べて良い子だね。
Posted by 沙紀 at 2016年08月11日 09:02
>沙紀さんへ
コメント有難うございます。
お陰さまで、何とか小康状態を保ってくれています。
また、闘病日記の続きを書かせて頂きますね。
チロルちゃんの応援に感謝します。
Posted by うず惚れ at 2016年08月12日 02:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック