​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜【愛鳥闘病日記】:帰って来ちゃいました。ポポちゃんの事情ーその3^^;〜

2015年08月03日

〜【愛鳥闘病日記】:帰って来ちゃいました。ポポちゃんの事情ーその3^^;〜

こんにちは。
毎日暑い日が続いていますが、いつも来て下さり有難うございます。

さてさて、早速ポポちゃんのお話し、前回の診察の続きについて書きたいと思います。

私が帰省中に突然体重が増加し、帰宅後直ぐに診察に連れて行った結果、「肥満」と「発情」と「発情からくる軽度のヘルニア」になっていた事が分かったポポちゃんですが・・・。

体重も発情も、数日間投薬をしたものの私が発情抑制になった事で、直ぐに落ち着いた事は前回書かせて頂いた通りです。
発情はまた幾分見せるようになりましたが、こちらはまだ改善の余地がある程度だと思います^^;。

・・・そうして今回見つかった「発情による軽度のヘルニア」ですが・・・。
↓前回掲載した通り、先生に言われるまでヘルニアになっているとは全く気づかなかった私達です。股が筋肉で膨らんでいる程度だと思っていました・・・。

1 2015_07_06 ヘルニア写真.JPG

ヘルニアは、我が家でなった子はこれまで1羽もいなかったのでポポちゃんが初めてです。
発情過多な子がなり易いとは聞いていましたが、まさか我が家で・しかも14歳のポポちゃんが起こすとは思っていなかったので、ちょっとビックリ・衝撃的な出来事でした。

参照HP:
●飼鳥の医学by横浜小鳥の病院:腹部膨大2
ヘルニアインコの画像ショッキングな画像もありますので、こちらは自己判断でお願いします。
  • ポポちゃんのヘルニアについて・・・
    =「ポポちゃんのヘルニアは腹筋が軽く裂けてはいますが、幸い今すぐ手術しなければならない〜と言うほど重症ではありませんね。」


    =「裂けた腹筋に溜まっているのは今の所”空気”のようです。」「ヘルニアになっている・膨らんだ部分を押すと中身が引っ込むので、空気が体内に戻っているんだと思います。」


    =「幸い、臓器が避けた服筋から外に出てしまっている・臓器がねじれたりしている様子も無さそうなので、発情さえ押さえればこれ以上悪化する事も避けられますし、膨らみが引いて行くという事もありますよ。」

・・・との事でした。

↓この角度が一番膨らんでいるのが分かるでしょうか・・・?本当にわずかな膨らみですが、ヘルニアの怖さは聞いていたので早期に見つけて貰えて良かったです。

4 ヘルニア別角度写真.JPG


もし発情が治まらなかったり・ヘルニアの膨らんだ部分が大きくなって来たりした場合は、手術も最終的には考えなくてはいけないですが、発情が治まってこのまま小さくなると良いですね。」・・・と先生。

exclamation私の鳥友達や病気相談をして来られる方の中には、「発情過多からヘルニアになった。」「ヘルニアの状態が良くならない。」「手術を勧められている。」という方も何人かおられます。

exclamation中には最初の方で参照させて頂いた「ヘルニアインコの画像」と同じような状態になりつつ、発情を抑えつつ闘病されている方もおられます。


ポポちゃんの場合、先生のお蔭で早期発見して頂き私と言う発情抑制剤もあるのでこれ以上悪化させないようにただただ発情を抑えるのみです
なかなか発情対策をしても治まらない〜と言う声も沢山聞く中で、ポポちゃんには私と言う発情抑制=ストレスがある事は幸いだったのだと思います。

↓本当に私達には全く気付かなかったです。触診の時、先生が真っ先に「あれ!?」と言う顔をされて念入りに診察されていたのでただ事ではないと・・・。良く気付いたなぁと思います。 

3 ヘルニア横写真.JPG


14歳と言う年齢から手術=特に麻酔は厳しいと思いますし・・・。

・・・なので私が心を鬼にして発情を抑え、長生きして欲しいものです!!
主人にも自重して貰わないと・・・ね^^;。

現在、ポポちゃんは発情を抑える為、よく潜っているケージの床部分を取ってケージの床が丸見え状態にしてあります。
糞切り網の下には新聞紙を敷くだけにしているので、多少糞は(遊びで)口にするものの、小まめに掃除する事で何とか口にしないようにしています^^;。

床のケージ部分があるとついつい潜ってしまい、ヘルニア部分にも脂肪が溜まったりして悪いかなぁと・・・。
体重・発情は落ち着いているものの、 念には念を入れて〜といった感じです。

・・・そんな我が家で初のヘルニアを発症したポポちゃんでした。
もっと大変な状況で投薬・治療・発情を抑える工夫を色々とされている方に比べたら、軽くて幸いだったのだと思いたいです。

exclamation鳥さんの発情過多は男の子にしても・女の子にしても、色々なトラブルを起こしてしまいますので、出来るだけ繁殖以外では避けたいものですね・・・。
あせあせ(飛び散る汗)特に飼い主さんが大好きっ子と言う鳥さんをお持ちの方は大変だと思いますが、
何とか薬や注射等、手術をせずに治まってくれる事を願っています・・・。


↓は私のバイブル本、鳥の病気に関して詳しく書かれている本です。
鳥さんの発情過多で起こるヘルニア他の病気や発情予防についても分かり易く書かれています。
在庫のみ・絶版になっているものもありますので、良かったらまだあるうちに手にされる事もお勧めしたいと思います。

1:↓こちらは最新の鳥の病気のみを扱った本です。鳥専門医が監修されており、具体的に書かれています。発情に関して起こる病気についても複数の病名が記載されています。 より詳しい症状説明の為、多少ショッキングな写真画像も掲載されています。


2:↓こちらは在庫限りの絶版本です。私が一番最初に手にした本格的な鳥の病気について書かれた本です。特殊な病気(痙攣・そのうの火傷・腫瘍等)の闘病日記や介護する時のケージレイアウトなど、知りたい事が載っています。
・・・この本が絶版と言うのは残念ですね。

「産卵の防止法について」も書かれています。実際の書籍価格は3.500円なので、安く売られている今がお買い得となっています♪
私がmixiで管理している鳥コミュニティの【管理人お勧めの飼育本!!】で目次画像を含め、詳しく説明しています。
見る事が出来る方は是非ご覧になってみてくださいね

3:↓こちらも在庫のみとなっています。私が飼育本が少ない中、初めて手にしたインコの飼育本です。鳥の病気についても書かれていますが、こちらは主に普段の生活環境(エサ・ケージ・置き場所・温度管理・季節の管理法他)と、自家繁殖させる場合の繁殖のさせ方などが書かれています。

こちらも、実際の書籍価格は1.305円なので、お安くなっている今が手に入れる最後のチャンスとなっています。

↓良かったら闘病中の鳥さん、「皆頑張ってね」のポチッをよろしくお願いします。
   

posted by うず惚れ at 04:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック