​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜【愛鳥闘病記】:くららちゃんの新事実とかかりつけ医のアドバイスー3〜

2014年12月14日

〜【愛鳥闘病記】:くららちゃんの新事実とかかりつけ医のアドバイスー3〜

注)今回は諸事情のある写真が含まれています。
注)今回はとても長文です。ゆっくりお読みくださいマセ^^;。

こんにちは。
今回もくららちゃん闘病日記、その後に来て下さり有難うございます。
前回に続いて今回も、くららちゃんに関するかかりつけ医から聞いた事実日記です。


くららちゃんの年齢について
くららちゃんが亡くなった時、電話で訃報を伝えた時、かかりつけ医も時々お世話になった地元の鳥に詳しい女医さんにも

「くららちゃん、大往生でしたね」「超長寿インコちゃんでしたね。」と言う言葉を真っ先に頂きました。
くららちゃんが亡くなるまでに生きた年数は10歳8ヶ月と1日

我が家ではこれまでに飼った子で一番の長寿は、セキセイインコで13歳5ヶ月〜7か月という子が最高でした。
セキセイでも10歳を超えれば長生き〜と言われていたので(諸説ありますが)、くららちゃんも長生きをしたと言えばそうなのだと思います。

・・・くららちゃんは腫瘤を発症するまでの間、100%健康体という訳ではありませんでした。

IMG_3660.JPG
↑年齢を重ねると共に代謝が落ちて換羽が上手くできなくなり、特に尾羽が一度抜けてしまうと、途中まで伸びては筆毛のまま抜けて〜を繰り返し、長い尾羽が最後まで伸びる事は無くなりました。写真のように尾羽の短い方が印象に残っていたりします。
IMG_3947.JPG
↑同じように、途中から左の肩にあたる部分に骨の一部が羽毛から出て私達の手にあたる・左の翼全体が曲がってしまう・飛べなくなってしまう(元々飛ぶことは上手ではありませんでしたが^^;)、という症状も見られました。
exclamation後にかかりつけ医に診て貰い、腫瘤をかばっている為、翼が変形し、変形した肩の骨部分が羽毛から見えている=「骨」だという事が分かりました。

・・・そうして腫瘤と言う病気を持ちつつも10年も生きていてくれただけでも十分すぎるほど幸せ。
むしろ10年も生きてくれた事は凄い事
感謝すべき事なのだと思います。

けれど私というのは欲張りで、「腫瘤を発症しなければもう少し長く生きることも出来たのではないか?」とついつい思ってしまうのでした・・・。
そこでかかりつけ医に「くららちゃんがどうして”大往生””超長寿”と言えるのか」尋ねてみたのです・・・。

これまでにも通院の際に、何度か尋ねた事ではあったのですが・・・。

ジャンボセキセイの寿命について
初めての健康診断から亡くなる直前までずっとかかりつけ医のお世話になってきたくららちゃん。

ジャンボセキセイは初めてではありませんでしたが、まだジャンボについてそれ程詳しく理解していた訳では無かった中、病気やショップの環境が悪くて我が家に迎えた子ばかりだったので、何かしらの病気や問題を持っており、よくかかりつけ医のお世話になっていました。

実際、くららちゃんをお迎えするまでに5羽の先輩ジャンボを飼っていました。
・・・が、お迎えしたその日の夜に・治療のかいも無く数週間で・突然亡くなっていた子・闘病しながら数年生きた子など、介護する・短命のジャンボちゃん・・・というイメージが定着しており、最終的に健康な子でも7歳で病気で亡くなりました・・・。

当初はジャンボセキセイについて=特に闘病・介護についてばかり、その時からずっとお世話になっていたかかりつけ医にアレコレと質問をしていました。
(このお話しもいつか書きたいなぁ・・・。)

・・・そんなさなか、くららちゃんのみきちんとした鳥専門店からお迎えした子。

先に亡くなった子達のショップでの境遇や病気・亡くなった年齢から言っても、くららちゃんは確かに「長生きした」と言えるのだとは思います。

健康で長生きに育てたくて、くららちゃんをお迎えした時になって初めて、「ジャンボセキセイについて」改めて色々と教えて頂くようになったきっかけでもありました。(ーー゛)。

その時々にかかり付け医からよく聞かされていた事、「ジャンボセキセイの平均寿命は大体5〜8歳」と言う事ではありました。

  • 太りやすい体質なのでどうしても年齢と共に肥満=(人間で言う)肥満から併発する病気になってしまう子が多い

  • ジャンボ=太らせる・高脂肪のエサを与える必要がある、と誤解している飼い主さんもまだ多い。(私も初めはそう思っていました。)

  • 特に品評会に出品するような、いかにもジャンボ・ジャンボしている子の寿命は短い。(大きく見せる為に太らせたり・立派に見えるように餌を改良・ほっぺのポッチなど綺麗にバランスよく整える為、羽毛を意図的に抜いたりする等々理由は色々あるそうです。)

  • セキセイから品種改良された鳥の為、同じセキセイでも分からない事が多く、未知でセキセイとは別鳥と考えた方が良い。=まだ知られていない病気なども多く、治療法など分からないものもある、未知の鳥さん

よくかかりつけ医には、「長生きさせたければ、セキセイと同じ食事でシンプルに・太らせないように育てる事が一番ですよ。」と言われていました。
「ジャンボと言う見た目にこだわるのでなければ、小柄でもジャンボらしくなくてもその方が良い。」と・・・。

・・・そうして、特に「見た目がジャンボセキセイ」にこだわっておらず、少しでも長生きして欲しかったので、エサも生活環境も一緒に飼っていたセキセイ達と何ら変わることなく同じように育てていたくららちゃんでした。

慢性鼻炎や小さな問題はあったものの、1個も卵を産む事も発情する事も無く、臆病さんで、でもマイペースでおっとりした性格に育ったくららちゃんです。
そのくららちゃんが最終的に生きた年齢は10歳8か月と1日・・・。

結果、かかり付け医談=

  • ジャンボセキセイでくららちゃんのように10歳まで生きた子は(先生の診察経験では)あまり見た事が無い

  • 大抵診察に来るジャンボさんは「肥満」など、ジャンボ特有の病気で来る

  • 肥満などにならず、腫瘤を持つまで生きた子はあまりいない。=逆に言えば腫瘤他の病気を持つ前に、肥満(肥満から併発した病気)他で亡くなってしまう事がほとんど

  • 「くららちゃんは、ジャンボらしく太らせたりせず、聞いたアドバイスやセキセイ達と同じ食生活他の環境で育てられたので、10歳まで・腫瘤を持つまで生きる事が出来たのだと思います。」
  • だからジャンボセキセイの中での「大往生」「超長寿」
  • くららちゃん自身のの最後の寿命まで全うした」。

・・・という事なのだと伝えらえました。

これまでにも何度も聞いて説明されていた事柄ではありました。
けれど、今くららちゃんを10歳で失って初めて、くららちゃんが「ジャンボセキセイではよく生きた」のだと思わされました。

セキセイでもどんどん医療や食生活などの環境が整ってきて、昔は5歳と言われていたのが10歳前後まで生きてくれる子が出てきてくれた鳥の世界。
くららちゃんもかかり付け医のアドバイス等、沢山の補助や(自分の事なので何とも言えませんが)良い環境(?)が有って「頑張って10歳まで生きてくれた」のだと分かったような気がします。

喜ばないといけない、贅沢なくららちゃんとの生活(時間)だったんですね・・・。

・・・でも、もし腫瘤を発症しなければ?
嚢胞性疾患=卵巣嚢胞を発症しなければ?
まだもう少し生きられた?

そんな思いは残ってしまいます。
その点はまた次回書かせて頂きたいと思います。

長くなってしまいましたが、くららちゃんは確かに「ジャンボらしくはなかった」けれど、「長生きして」「望む以上に生きてくれた」のだと思います。

他のジャンボさん達も同じように長生きしてくれたら〜と願います。

品評会も一度だけ行った事があり、「さすがジャンボセキセイ!!」と思った事もありましたが、飼い方は色々ですものね・・・。

ここまで読んで下さり有難うございます。
心から感謝致します。
↓良かったら「くららちゃん長生きしたね」のポチッをよろしくお願いします。

posted by うず惚れ at 02:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック