​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜【愛鳥闘病記】くららちゃん、再び闘病へ−腫瘤編〜

2014年08月15日

〜【愛鳥闘病記】くららちゃん、再び闘病へ−腫瘤編〜

注)今回は腫瘤のアップと出血痕写真が多数掲載されています。

こんにちは。
かなり長い事更新を休んでいてすみませんでした。

前回日記を更新した前後から、以前からずっと書いている腫瘤持ち・卵管水腫を抜いたのくららちゃんですが、その間もずっと病院へ行かないまでも自宅で格闘をしていた最中でした。

くららちゃんの格闘・・・。
それは腫瘤に出来たカサブタが剥がれ・出血し・組織の再生を助ける粉末の薬振り掛け・またカサブタになり・出血し〜を繰り返す事でした。

1 08_06 昼頃 くららちゃんカサブタ全部はがれた時 後に粉付ける.JPG
↑8/6日早朝、カサブタ全部が剥がれて出血痕と皮膚が露出した状態です。(血は直ぐに自然止血されているので、私達夫婦が見つけた時はほんの少し手に付くくらいですが・・・。)
2 くららちゃんカサブタ全部綺麗にはがれた時.JPG
↑別角度から撮った腫瘤。折角のカサブタが全部綺麗にはがれてしまい、出血痕と綺麗になった部分・ジクジクした部分が入り混じっています。 
3 08_07 夕方 カサブタの一部はがれ薬つける .JPG
↑上記2枚の写真・粉末の粉を付けた後の翌日8/7日夕方。再び腫瘤にはったカサブタが再度一部のカサブタがはがれ、再度出血しました。 
4 別角度から.JPG
↑腫瘤の向かって右側は比較的皮膚が再生し易いのですが、左側が凹んでしまってその部分がいつもジクジク湿った状態です。出血もこちらの部分から起こる事が多いです。
6 同ケージの様子.JPG
↑主にいつもいるブランコ周辺に付いていますが、まだ完全止血されない中で餌を食べに行ったりするので、ケージ全体にこすった後が有ります。
7 深夜再度はがれたカサブタ有り写真.JPG
↑再度8/7日、日付が変わる頃、残っていたカサブタがはがれて出血!!ケージには取れたカサブタが残っていて、剥がれた事が分かります。
8 同カサブタ込みの写真.JPG
1日に1回だけの事もあれば、2〜3回量の多い出血をするので、粉薬を付けても追いつかず、貧血が心配で「どうしたら出血しなくて済むか」ケージのレイアウトを代えたり等々、色々と試行錯誤をしていた毎日です。 
9 同カサブタはがれ出血・粉付ける.JPG
↑あまりに向かって左側のカサブタの無い部分のジクジクが続き、なかなかカサブタになってくれません・・・。 
10 08_08 日付をまたいで 同カサブタはがれて粉付ける.JPG
↑カサブタになってそのまま自然に取れてくれれば、綺麗な皮膚が腫瘤にはり、そのまま出血の心配の少ない綺麗な腫瘤になってくれるのですが・・・。
ケージレイアウトだけの問題では無く、カサブタが出来にくい・ジクジクしている部分自体に問題がありそうです。

・・・こんなに1日に何回も出血したり・カサブタが頻繁にはがれたり、ケージ全体に出血痕が付くのは、腫瘤が大きくなってから何度かありましたが(その1その2)、ここまで多い出血回数・ジクジク状態はこれまでにはあまりありませんでした・・・。

この時、当地は連日の猛暑日
36〜38度の日もあり、闘病中の鳥達には気を使ってはいました。

・・・が、それでもその暑さに加え、度重なる出血で体重も卵管水腫の水を抜いて以来65グラム(腫瘤込み)前後で安定していたものが、最低レベルの63〜61グラムまで落ち、そこで増える事無く止まってしまうように・・・。

貧血が起きて・食欲も無く体がダルイのでしょうか・・・?

そんなくららちゃんには貧血以外にも、「貧血が起きてる?」と思い始めた頃から別に心配症状も一緒に表れ始めたのです・・・。

・・・そうして前回卵管水腫水を抜く処置でお世話になって以来、久し振りに
8/7日、かかりつけ医に電話をして相談
させて頂きました。

そうして意を決して病院へ予約をし8/11日に連れて行った次第です。

るんるん卵管水腫は私達夫婦が触って確認した限りでは、幸い水が溜まってきて再発する〜という事も無く、水を抜いて貰ってから無事に1ヶ月が経とうとしています(*^_^*)。

気になる別の症状とその後に先生からのアドバイス、その後の続く格闘に関しては、また随時更新して行きたいと思います。

暫くまたくららちゃんの闘病日記が始まりますが、どうか応援をよろしくお願い致しますm(__)m。

↓良かったらポチッとしてね。
にほんブログ村 にほんブログ村

posted by うず惚れ at 04:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック