​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜【愛鳥闘病記】:ピコちゃんも闘病(?)しています^^;ー診察編〜

2014年07月21日

〜【愛鳥闘病記】:ピコちゃんも闘病(?)しています^^;ー診察編〜

こんにちは。
くららちゃんの卵管水腫の闘病日記も容態も落ち着いてきたこの頃、少し更新の間を開けて療養していました。

くららちゃんの闘病日記がずっと続いていた為、他の子の事を書く合間が有りませんでした^^;。
・・・が、実は他の子達もくららちゃんが通院・闘病している間、一緒に通院したり闘病したりしていました^^;。

今回はそんなくららちゃんの体調が落ち着いている合間に、他の子達の状態をお伝えしておこうと思います。
・・・そんな今回は、久し振りに
6/23日、かかりつけ医にくららちゃんを連れて行った際に一緒に連れて行ったピコちゃんについてお伝えしておきますね(^^ゞ。

以前3/17日に地元の鳥専門医に連れて行き13歳という高齢にもかかわらず、お腹に脂肪が見つかったピコちゃん。

IMG_3912.JPG
↑現在13歳7ヶ月のピコちゃん(♂)。我が家の最高齢です。自家繁殖で産まれた最後の子でもあります♪
IMG_3929.JPG
当時のお腹に付いていた脂肪です。まだ黄色くなってはいない小さな透明の脂肪ですが、それでも「脂肪」は確かについていたのでした^^;。

けれど脂肪は多少大きくなった気もする気がかりな点も・・・

障害があり・足の力も弱いなど遠くのかかりつけ医に連れて行くのは迷いましたが、それらを感じさせないほど元気・食欲旺盛。
「この調子なら大丈夫かな?」と、
くららちゃんと一緒にピコちゃんも連れて行ってきた6/23日の出来事でした。

久し振りにかかりつけ医に診て頂いた、ピコちゃんの脂肪は・・・

  • お腹の脂肪は(地元の鳥専門医に診て頂いた時のデジカメ写真を持参して、変化を見て貰いました)、黄色の黄色腫(キサントーマ)にはなっていない
    ひらめきキサントーマについては「お気に入り」ブログリンク集にも載せている、こちらの「Budgie Story 2」にも綴られています。

  • ・・・が、お腹の脂肪は写真時よりも大きくなっており、確実に脂肪が付いている(大きくなっている)
    IMG_4064.JPG
    ↑確かにお腹の一部(一面)が脂肪です^^;。

  • お腹だけでは無く胸にも脂肪が付いている事を発見
    お腹の脂肪同様、黄色くになっていない透明な色であるものの、脂肪がある事は確実に分かる大きさ

    ひらめき胸にまで脂肪が付いている事には気付かなかったので、写真は撮っていませんでした^^;。


  • けれど肝心の筋肉はあまり付いておらず、胸骨はむしろ痩せている状態
    IMG_4063.JPG
    ↑以前より確実に脂肪が広い範囲で付いているのが分かります^^; 


  • 体重はかかりつけ医の所で量った時点で34グラム
    年齢の割に食欲旺盛・体重も十分なのは良い事。
    けれど、食べる割に高齢ゆえに運動が出来ない(もう放鳥しても飛ぶことは出来ません)・ケージ内でも止まり木の上で寝ている・ブランコに頭を乗せて休んでいることが多いので、食べている割にカロリーを消費しにくく脂肪が付きやすい状態。 
    IMG_3463.JPG
  • 高齢なのでこれから更に胸骨が出て痩せてくるのは予想できる。
    痩せてくれば脂肪は小さくなり皮だけになるが、胸骨が2.5度位の痩せ具合なので、34グラムをキープしつつ脂肪のみ減らしていき、胸骨付近はこれ以上痩せさせたくない
    体重も減らしたくない


  • 過度なダイエット等で身体全体の体重を減らすのではなく、脂肪のみ効率よく・健康的に小さくしていく、「健康的ダイエット」で脂肪を減らしていきたい。
    高齢だと食べることだけが楽しみになってくるので、食べながら痩せられるようにしていきたい

・・・と言う事で、体重は維持しつつ脂肪のみを減らしていく「健康的ダイエット」を色々と試してみる事になったピコちゃんなのでした^^;。


でも、「健康的なダイエット」って・・・?

13歳と言う年齢でダイエットする子なんてこれまで我が家にはいなかった為(13歳まで生きた子も稀ですし^^;)、???です。

脂肪さえ小さくなってくれれば肝機能への影響も少なくなるので、まだまだ長生きしてくれる可能性大、との事なので頑張りたいものですが・・・^^;。

・・・という訳でかかりつけ医に「健康的なダイエット法」について、色々とアドバイスを頂いても来ました。
他の鳥さんがダイエットをして効果のあった方法や、定番のペレット切り替えなど、「そんな方法が〜!?」という驚きの方法も聞いてきました。

次回はそんなピコちゃん用「健康法ダイエット」情報などを書こうと思います。
まずはピコちゃん、お腹と胸に付いた脂肪を取る「健康的ダイエット」をしています、日記でした(^^ゞ。

↓良かったらポチッとしてね。
にほんブログ村 にほんブログ村

↓ブログ村トラコミュに「インコの発情対策」(黄色腫=キサントーマ)について、主に記事を書かれている方もおります。
参考にされて下さいマセ。

にほんブログ村 トラコミュ インコの発情対策へ
インコの発情対策
posted by うず惚れ at 04:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック