​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜【愛鳥闘病記】:くららちゃん、病院へ行ってきましたー診察結果編〜

2014年05月31日

〜【愛鳥闘病記】:くららちゃん、病院へ行ってきましたー診察結果編〜

注)今回は腫瘤のアップ写真が含まれています。

こんにちは、いつも応援に来て下さり有難うございます。

先日、思いがけずパルちゃんの嘔吐事件で一緒に健診に行ってきたくららちゃん。
気になる事も多々あったので、鳥専門医の先生にお話ししてしっかりと診てもらってきました。

診察では、

  • 腫瘤は前よりも重くなっている様子がうかがえる。多分以前よりも重くなっている可能性が大
  • 本鳥はこれまで同様、腫瘤を触ったり・いじったりする事は無いが、多分生活(特に移動)に多少の不便さを感じ始めているかも知れない。
  • 腫瘤がシワシワなのは、多分本鳥が痩せてきている事と・皮膚が腫瘤に引っ張られているのでシワシワの部分が多くなっているのではないか。
  • 腫瘤自体も以前より小さくなった印象がある。腫瘤の成長が止まったのではなく、本鳥が痩せてきているので腫瘤もそれに伴って痩せて(?)来ているという事だと思う。


  • カサブタ部分からの多少の出血は生活上仕方がないが(予防出来る事は全てしているので)、カサブタから菌などへの感染症が心配
  • 腫瘤部分(カサブタ部分)の羽毛が多少濡れているので、もしかすると何処かから少量の膿(うみ)が出ている可能性も考えられる。
    腫瘤の形が変化しているのは、上記腫瘤本体の痩せ具体と、もしかすると膿が出ている関係もあるのかも知れない。
    IMG_3967.JPG
    以前と違い、確かにくららちゃんを垂直に保定すると、その場で動かなかった腫瘤が下にタランと垂れ下がってくるので、重さと触感の違いを感じました。
    この腫瘤写真を撮るのにも、腫瘤を2〜3本の指で支えていないとコロリンと下へ垂れてしまいます・・・。
     


  • 圧迫排便がしにくくなったのは、腫瘤本体が重くなり垂直保定の際に下に下がってしまうので、排泄腔・本来押す部分に腫瘤が来てしまい邪魔をしている事が考えられる。
  • 腫瘤が下がってしまうので、排泄腔(肛門の穴)と胸骨の間が狭くなってしまい、圧迫補助(お腹を押す)する範囲が狭くなってしまい、その為に上手に排泄腔(お尻の穴)を開くことが難しくなってきているのだと思う。


  • 以前見つかったそのうが下に下がりつつある状態は、腫瘤のお蔭(?)でそれ以上、更に下に下がっているという事は無い。
  • エサもきちんと入っているし糞も出ているので、食滞などは起こしていない。


  • 羽毛はどうしても老鳥や闘病中の子など、代謝が悪くなってきた子だと換羽後新しい羽毛が綺麗に生えて来なかったり・筆毛のまま抜け落ちてしまったり・糸状になってそのまま落ちてしまう〜といった状態が見られるようになる。=高齢・闘病中の子には仕方のない事
  • 個体や体調にもよるが、くららちゃんの場合筆毛が生えつつも再度沢山の羽毛が抜け始めた〜という事は、ダラダラと長く続いてしまっているのかも知れない。
  • あるいは換羽時期の区切りが無く、抜けたり生えたり〜の繰り返し状態が続いているのかも知れない。

・・・という沢山の新たな状態が見つかりました。

結果、今後は



  • 腫瘤に関してはくららちゃんが痩せて行く反面、腫瘤自体は大きいままなので、今でもバリアフリーではあるものの、今後更に移動しにくくなるかもしれない事を念頭に置いておく。
  • 実際、腫瘤の変化に気付いてから、腫瘤のある方の足が床に届くスレスレの状態になってしまったので、体重測定や自力で糞をする時など踏ん張る時に足が浮いている時もありました・・・(-"-)。
  • カサブタが綺麗になったり・皮膚が乾いて見えるようになったら、膿が出ていないかどうか注意して観察する。=膿が出ていたらいつまでも羽毛が乾かず濡れているはずだそう。
  • 腫瘤が菌などに感染すると、色や形・膿が出る・食欲不振・自力排便困難・憂鬱状態が見られるようになるので、良く観察し、直ぐに病院で感染症の治療を〜


  • 圧迫排便の補助に関しては、腫瘤を上に持ち上げる・尾羽を後ろ側に多少引っ張って排泄腔部分を広げる等、押して出しやすい方法を色々と試してみる
  • 一度で出なくても、後に本鳥が自力でしていたり・小まめに補助して出してあげられるようであればそれで良い。=無理に一度で出そうとしなくても良い
    (腸の粘膜が破れたり・胸骨がもろくて折れてしまう可能性も(・・;)←怖い!!)


  • これまで同様、くららちゃんの体重と様子を観察して、臨機応変にいつでの飲める「肝機能を助ける薬」プラス換羽用ビタミン剤を与えて様子を見る。
  • 特に換羽がいつまでも続く・体重がどんどん増える・食欲減少など。=毎日与えて・その子に与えても大丈夫な薬なので、必要に応じて他の高齢鳥やパルちゃんにも与えて大丈夫♪

・・・というアドバイスと薬を頂いて帰ってきました。

因に、頂いたお薬は毎日でも・くららちゃんの調子が悪そうな時だけでも・他の子達が換羽に入った時でもいつでも与えられるお薬を20日分

くららちゃんとパルちゃん以外の子達3羽も一気に換羽に入ってしまったので、お薬を与えるとあっという間に無くなってしまいます^^;。
・・・という事で、お薬のみであればいつでも直ぐに処方して貰えるようにお話をしてきました(^^ゞ。

かかりつけ医に腫瘤を見つけてもらい治療を始めて以来、「手術をせずにどの位生きられるのか」聞いた事があります。
先生は「個体や腫瘤の状態にもよりますが、大体1年から長くて1年半」と伺いました。

・・・そんなくららちゃんは今月5月で1年になりました。

IMG_3969.JPG
↑今の所、体重は増減を繰り返しつつも、糞も自力で出しており、圧迫排便の補助をする事も少なくて済んでいます。
私も今のうちに狭い範囲内でくららちゃんの負担を出来るだけかけない方法を探さねば!!

きっとこれから先が本当の、くららちゃんの闘病生活になるのでしょうね・・・。
私もそれなりに心の準備をしつつ、でも少しでも長く一緒の時間を過ごせたら〜と願うのみです。

腫瘤持ち闘病生活、長期更新を目指そうね(^^ゞ

・・・そんな日にちが経つごとに色々と新たな症状も出てきているくららちゃんではありますが、自分で食事・自力排便をしてくれています。
朝晩2回、スポイドで与える5滴の病鳥用フォーミュラーも嫌がることなく飲んでくれています。

そんなくららちゃんを少しでも長く見ていたい、そう思うこの頃でした。

↓良かったら応援をよろしくお願い致します。
にほんブログ村 にほんブログ村

posted by うず惚れ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック