​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜【愛鳥闘病記】:体重は増えるよ、どこまでも・・・?〜

2014年04月22日

〜【愛鳥闘病記】:体重は増えるよ、どこまでも・・・?〜

注)今回は糞のアップ写真が含まれています。

こんにちは、今回もまたくららちゃんの闘病日記になってしまいました。
お付き合い下さると嬉しいです。

・・・これまで「くららちゃん、「状態が変化しました」というタイトルで「序章」「体重」「」「腫瘤シワシワ」「体の状態」「まとめ」編と書かせて頂いたくららちゃん。

日記を更新して直ぐに換羽も終わり食欲体重も元に戻り始め体重も心配していた減少傾向から少しずつこれまでの平均体重69〜66グラムまで戻り始めたその後のくららちゃんです。

・・・が、おかしな事に体重だけがどんどんと増えて行きます\(◎o◎)/!。
体重はどんどん増えて最大時で70〜72グラム、最少でも68グラムという感じで、これまでの平均体重を軽く超えるようになってしまいました。

換羽で体重が減っていた時に病院へ連れて行っていたのが嘘のように増えて行きます
くららちゃんの徐々にゆっくりと弱って行く・腫瘤もこれ以上大きくなる可能性は今の所無い状態を考えると、いつ量っても体重に変化が無いばかりか増えて行くことが不支持でなりません(?_?)。

以前であれば食事前後や特に糞をした後であればそれなりに体重も増減していたので、きちんと体内の色々な臓器がまだきちんと活動していると判断も出来ていましたが、朝一番の比較的空腹時・餌を沢山食べた後・糞をする前・した後「いつ量っても体重変化がほとんど無いのはどういうこと〜!?」という思いです。

4/16日辺りからは、いつ量っても規則正しく70.7グラムという数字から1日動かない、なんて事もありました(?_?)。
終ったはずの換羽もまた始まったのか、体重測定当チェック時に羽毛がハラハラと、前回の換羽よりも抜けてきてしまいました。

食欲には変化が無く、良く食べてくれるようになったので糞も前回の「糞編」よりも大きくなってきました〜。

この体重の増加・体のどこかにこれといった変化も見られません・・・。
考えらえる事としては、

  • 以前「肺に水が少し溜まっている音がする」と言われていたその水が溜まりだし、体重の増加につながった?
  • 食欲が戻って来た事で、消化して糞となり、下に下りて行く為の時間がゆっくりになった?
  • ゆっくり下りて行くので、そのう・排泄腔いずれかに未消化のエサや糞が全て出ずに残っている

・・・更にちょっと気になる事は、

  • これまで痩せ具体を知る為に触っていた胸骨の辺りに、プニプニとした柔らかいものあり、触れることが出来るようになった。
  • これが肺に溜まった水が膨らんできたと言う事なのか?あるいは別の何かなのか?
  • また換羽が始まった事で体重減少の可能性はある?体重の減少変化が無いどころか増えてきた場合はどこかに異変が有る

と言う事でした。

・・・と言う事で、落ち着いたのもつかの間、再度主人と相談して4/18日に地元の鳥専門医がいる動物病院に電話
当然診ないと分からないので、翌4/19日に診察に連れて行くことにしたのでした。

詳しい診察結果はまた次回にしたいと思います(^^ゞ。
いつも細切れですみませんm(__)m。

↓糞の変化写真を掲載しています。


IMG_3948.JPG
↑食欲が戻り、糞が大きくなって来た頃の、まだ自分で自力排便している時の糞の大きさです。 
IMG_3949.JPG
↑量ってみると、確かに小粒・小まめに自力排便していた時よりも大きくなってきました。

・・・が、その後どんどん体重が増えて自力排便でする糞も大きくなりだして来た頃から、排泄腔に糞が溜まり圧迫排便でまとめて糞を出す、という補助をする回数が少しずつ増えてきた事も事実です。
多い時には1日3回圧迫排便をする事もありました。

IMG_3952.JPG
↑久し振りに圧迫排便で出た、特大の糞です。圧迫排便をした頃の大きさを思い出してしまいました^^;。
IMG_3953.JPG
↑糞自体には特に異臭や色の変化は見当たらず、見た目にはこれまで通りの良い糞です♪

IMG_3954.JPG
↑水分も十分、糞も大きいながらに形・色も良くツヤツヤしています(^^ゞ。

さすがにこれだけ大きな圧迫排便をした時は、出た糞の量(約3グラム)分、体重も減りましたが、それでも糞を出す前は70.7グラム、糞をした後68.7グラムと体重は多い方でしたね・・・。

これ以上本鳥の体重変化は望めないくららちゃん。
腫瘤も今の所安定しており、むしろ本鳥の換羽時の体重減少に伴い、多少小さくなる&皮膚もシワシワになったくららちゃん。
・・・それで体重だけどんどん増加・今にも72グラムを超えるほどに増えるのはどういう事・・・?

体重の増加も・再度の換羽も・糞を自力で出来なくなって来た事(圧迫排便回数が増えた事)・肺の水の溜まり具合胸骨の辺りにあるプニプニとした触感鼻や口の億から聞こえるプチプチという音。

これらを診てもらいに行ってき4/19日の診察
結果は次回、順を追ってまたご報告させて頂きたいと思います。

いつも読んで下さり有難うございますm(__)m。

↓良かったらポチッとしてね。
にほんブログ村  にほんブログ村

posted by うず惚れ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック