​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜【愛鳥闘病記】:チョコちゃんを診察してくれた動物病院〜

2014年03月17日

〜【愛鳥闘病記】:チョコちゃんを診察してくれた動物病院〜

こんにちは、うず惚れです。
いつも来て下さって有難うございます。

・・・今回は初めて行った、チョコちゃんの口ばしの伸び過ぎを切ってくれた動物病院とのきっかけについて書きたいと思います(#^.^#)。
今回お世話になった動物病院が開院したばかりの地元の動物病院である事は前回も書かせて頂いたと思います。

実はこの病院、開院する1〜2週間ほど前位だったでしょうか?
前もって郵便受けに「内覧閲覧会&開院案内」のチラシが入れてあったんですね。
いつもであれば「動物病院は鳥はなかなか見てくれないから〜」「かかりつけ医がいるから」と直ぐに捨ててしまう私^^;。

・・・が、今回は自宅からとても近く・エキゾチックアニマルも診察可能と言う事もあり、「近くだし内覧閲覧会に行ってみたいな。」「鳥の診察について聞いてみたいな。」と、何となく気になっており、HPアドレスも記載してあったので何気なく取っておいたチラシでした。(・・・そうしてそのままHPも見ず私は体調不良で倒れる事に^^)

そうして口ばしの異常が見つかった翌日は、かかりつけ医もいった事のある鳥専門医がいる動物病院も休診日、タイミング悪くその日の午後は私自身の通院日でもありました。
そんな中、チラシを見ていると新病院は3/5日は開院しており、なおかつ20時まで診察しているという記載が・・・(ー_ー)!!。

・・・でも「鳥はどの位詳しいんだろう?」「ヒメウズラなんて診て貰えるだろうか?」と不安は尽きず、ひとまず私自身の病院を終えてから電話で問い合わせをしてみる事にしたのでした。

私自身の病院は幸いにも行ってすぐに終わり時間を見たら午後の診察時間がまさに始まった事頃でした。
ひとまず病院の駐車場から「鳥を見て貰えるかどうか。」「ヒメウズラの口ばしを機って貰えるかどうか。」電話をしてみる事に・・・

電話口に出た受付の方に事情を話すと、「獣医師に変わりますね」との事。
てっきり内覧会のチラシに掲載されていた院長先生(男の人・犬猫担当だそうです)だと思っていたのですが、出たのは優しい声の女医先生

事情を話すと、「口ばしの伸び過ぎを切って整える事は出来ますよ。」「ただ、他にも糞の検査やそのう検査もする事になると料金が変わってきますが〜」との回答。
私から「糞・そのう・触診」が出来るか尋ねる前に先生の方から出てきた「鳥を診てくれるかどうか」の判断基準をクリア〜(ー_ー)!!。

遠くのかかりつけ医には連れて行く事は出来ないけれど「、自宅から約15分位の近くにある場所であれば、結果良ければ口ばしだけでも綺麗にして貰える!!」「鳥の診察に関しても感触が良さそう。」と連れて行くことにしてみたのでした^^;。

触診をしながら話を聞くと、私がお世話になっているかかりつけ医の先生の事もご存知で(鳥の講習会などで良くお会いするそうです)、開院するまでは他にもある(聞いた事はありますが遠くていった事はありません)県内の別の小鳥専門の病院に勤務されていたとの事でした。

・・・そうして「ごめんね、チョコちゃん、ちょっと口ばし診せて貰えるかな?」「「糞取らせてね。」「体重量らせてね。」「あらあら、ちょっと疲れちゃったね。ごめんね〜。」とチョコちゃんに優しく話しかけながらテキパキと診察をして下さったのでした。
IMG_3716.JPG

↑在りし日のチョコちゃん。お散歩中はストーブの前がお気に入りになっていたチョコちゃん。この頃から老衰以外に体調は悪かったのかも知れません。

・・・そうして当初口ばしだけ綺麗に切って貰うつもりだったのが、ーその3でも書いたように、触診・糞検査・その際にお腹に異常が見つかり、いつかレントゲンを・そのう検査を〜という事になったのでした。

後日、処方して貰っているパルちゃんの薬の件でかかりつけ医に電話をした際、今回診て頂いた動物病院と先生のお話をすると、かかりつけ医もご存知でした。

・・・そうして「今もこれからも高齢で連れていこれない子は出てくると思います。○○先生であれば、カルテ等の引き継ぎをしてそちらで診て貰う事も可能だと思いますので、もしその気持ちが有りましたらご相談ください。」と言われたのでした。

今はチョコちゃんだけお世話になり、これまでかかっている子は(連れては行けませんが)かかりつけ医で診て貰おうと思っています。
もし万が一の事が有れば、その時だけ近くの病院で〜なんて思いつつ・・・。

ポストに入っていたチラシを捨てなくて良かった^^;。
気になっていて・思い切って電話してみて良かった・・・という今回の、新しい病院との出会いなのでした。

病院のお世話にならないに越した事はありませんが、かかりつけ医が遠くにあり、高齢で診て貰いたくても診て貰う事が出来ない子がほとんどの我が家では、近くに鳥を診てくれる病院が一つあるだけでもありがたく思います。

特に今回は口ばしが伸びる=エサが摂れないという危ない所だったので、本当に助かりました。
・・・そんな鳥を診てくれる動物病院との出会いなのでした。

↓良かったらポチっとしてね。
にほんブログ村 にほんブログ村

posted by うず惚れ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック