​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜【愛鳥闘病記】:フォーミュラーに関する考え方についてーその2〜

2014年02月12日

〜【愛鳥闘病記】:フォーミュラーに関する考え方についてーその2〜

いつも訪問有難うございます。

前回は「フォーミュラーに関する考え方ーその1」として、私の改めて思わされた考えについて書かせて頂きました^^;。
今回はその2、以前「先生から返ってきたアドバイスーくららちゃん編」で記載した「フォーミュラーを与えるかどうか・その役割・判断について」ちょっと記載してみたいと思います。

上記日記では、先生から頂いたアドバイスの中で、先生ご自身は「自分で食べる事(食欲)を優先させたい」「自分で食べようとする事=本人の生きる力」=、「フォーミュラーはあくまでも補助的役割」とアドバイスしてくださいました。
また、私が先生の考え方に合わせる必要は無く、押し付けでもないので、私が思うように自由に与えて大丈夫とも・・・。

こちらに関しても以前記載した時同様、命を扱う医療機関であれば、人でも動物でも小鳥の病院でも、医師によって・人によって色々とした考え方が有ると思います。
「これが一番」という方法は、言葉が通じる「人」であればある程度融通が利くかもしれませんが、動物は違いますよね・・・。
色々と有って当然だと思います。

確かに鳥を診てくれる病院でも先生によっては、鳥さんに自分で食べて貰う代わりに完全フォーミュラー(流動食)で介護される方法を取られる先生もいますし、私のかかりつけ医の先生のように、本鳥の食べる力を優先しつつ、不足する分を補助的に与える先生もおられることでしょう・・・。


私も今の先生が以前、入院施設を持たれていた時に何度かお願いした時が有りましたが、入院した子にフォーミュラーを強制給仕する事があまりなかった印象が有ったので(常にエサ入れはありました)、「どうして強制給仕しないのかな?」と思った時もありました。


この日記を読まれている方の中にも色々な思いを持たれている方がいると思います。
どの考え方も正しいのでしょうね、きっと・・・。

私は前回も書かきましたが、これまではずっと「フォーミュラーはいざと言う時の万能薬」と思っていました^^;
なので、体重がちょっと減少したり・食欲が細くなったり等々の状態が見られただけで=フォーミュラーを与えれば大丈夫と思って愛鳥の事を考えていたつもりでもそうではなかったかもしれない時があったかも〜という事を思いました^^;。

・・・けれど万能薬では無い事も、どんなに与えても鳥さんの状態によっては多少の補助にはなっ手も目に見えて効果が出る訳でも、逆に鳥自身が「食べる気力を失ってしまう=食べる事を止めてしまう」と言う事も今回目からウロコのように改めて理解させられた今回。
先生も鳥さんがどうしても食べられない状態以外は鳥さんの生きる力と状態を見て最善を尽くしておられた事を知った今回。

・・・確かに自然界であれば、野生の鳥達は自分で食べられなくなれば=命が尽きる事なんですよね・・・。
飼い鳥にはフォーミュラーと言う食事補助も薬もある〜という違いだけなんですよね・・・。

私も先生のように鳥の様子を見ながら「鳥の食べる力を優先」しつつ「体重や糞の状態(未消化でないかどうか)」「食事量」を優先させつつ、あくまでも補助でありたい、と思いました。
もちろん明らかに鳥の食欲・量等の状態が変化した時は、ためらわずフォーミュラー給仕に切り替えますが。

言葉が通じれば、闘病中の鳥さんが「何を望んでいるのか」「どうして欲しいのか」分かるのに〜と、介護のたびに思います。
いつも「ああすれば良かったのかな?」ではなくて「これで良かったのかな?」と思えたらどんなに良いかと・・・。

それでも言葉が通じない以上は、鳥さんの事を一番よく見て知っている飼い主さんと・信頼できる医師・鳥さんの状態から、可能な限りの方法や介護の仕方を相談し合い、「こうしましょうか。」「こうしたいです。」と判断して鳥さんの闘病を手助けするしかないのでしょうね・・・。
100%これが正しいという方法は無いですし、言う事も出来ないのでしょうね・・・。

フォーミュラーの給仕方法も・投薬の仕方も内容も・医師とのやり取りも、信頼関係と愛鳥への思いから手探りでして行くしかないのでしょうね・・・。
かなり歯がゆいですが、精一杯の事はしたいものですね。

今回先生に大量のFAXを送らせてもらい色々と質問してしまいましたが、返ってきたアドバイスを読んで、改めて・特にフォーミュラーについて考えさせられることが多い出来事でした。
先生にはご迷惑だったと思いますが、疑問や不安を多少でも解決することが出来て、特にフォーミュラーに関しては迷っていた方法を真っ直ぐにして貰った気がします。

・・・それでも迷いが
尽きない事は分かっていますが、先生にはとても感謝した出来事でした。

皆さんの鳥さんに対しての思い・先生はどんな方法を持たれているでしょうか・・・?

↓良かったらポチッと押してね。
にほんブログ村 にほんブログ村

posted by うず惚れ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック