​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜【愛鳥闘病記】:小鳥の先生から返ってきたアドバイス:くららちゃん編〜

2014年02月05日

〜【愛鳥闘病記】:小鳥の先生から返ってきたアドバイス:くららちゃん編〜

いつも記録のような読みにくいブログに来て下さり有難うございます^^;。

先日パルちゃんとまとめて送らせて頂いた、くららちゃんの介護に関する疑問FAXに関して心優しい先生から有りがたいアドバイスを頂きました。
今回はそのくららちゃん編のご報告です。

  1. 体重変化について・・・
    ・フォーミュラーを中止してペレット等の固形物のみになったので消化に時間がかかり、体重が急激に増加したかどうか〜は正直言ってくららちゃんを診察して診ないと分からない、との事。

    腹水が溜まったり・臓器が腫れて来たり等々考えられる原因が幾つかあるそう。

    ※)ただ、FAXした後の電話確認をさせて頂いた1/23日に、特大に近い糞をして体重が元の60グラム前後に戻ったため、上記他の病気の併発は低い事が分かりました。(併発していればどんなに大きな糞をしても体重は変わらないので)

    ・本鳥ちょっとした環境変化や気温・体調によって、糞も体重も変化するので、今回はそのせいではないか。
    今回60グラム前後の糞をしたので、この体重が今最新の本鳥の基本体重としてこれから体重の増減の参考にしてほしい


    =けれどくららちゃんの場合、腫瘤の事もあって本鳥自体の体重が分からない状態なので(以前の状態では「腫瘤自体で20グラムくらいはあると思う」と言われたので)、「体重にはとらわれずにあくまでも痩せ具合の基準となる胸筋の出具合・痩せ具合で現状を見てあげてください」との事で、体重を量りつつ胸骨の触診も毎日行っています。

  2. 糞の回数・量の変化について・・・
    ・フォーミュラーでも種餌でも、スムーズに糞が出ていれば大丈夫
    ・特に圧迫排便をする事無く自分で出来るのであればそれに越した事は無い
    ・糞が出ていると言う事は、腸がきちんと動いていてくれている証拠

    糞が出にくければ水分(フォーミュラーでも可)を多めに与え、エサを食べなくなって糞の量や回数が減ればフォーミュラーを補助する。

    ・あまり考え過ぎずシンプルに、それだけです^^;。

    =フォーミュラーでも・種餌でもきちんと消化されて、それが糞として自力でも・圧迫排便でも出ていれば・腸がきちんと動いてるので、糞の状態には関係ないと言う事でした。
    未消化糞や悪臭がするなど、明らかな変化が無ければ大丈夫との事でした^^;。

  3. フォーミュラーの補助・役割について・・・
    ・(パルちゃんの時にも書いたが)先生個人の考えとしては、あくまでも「動物自身の食欲を尊重してあげたい。」
    「自分で食べる事」=「生きる力」であると思っている。
    「本当に大切なもの」を何ととらえるか?
    先生自身は本人の生きる力を尊重したい。」

    ・けれど、うず惚れさん自身が先生に合わせる必要は無く、押し付けるつもりもない
    ・与えすぎ・冷たいものを与えてお腹を壊さない程度であれば、うず惚れさんの自由に与えて大丈夫ですし良いですよ、とも。

    =基本的にはパルちゃんの時にも記載したように、私も先生の考えに同意見です。
    =私は胸骨のガリガリや・糞を圧迫排便しなくても自分で出来るだけして欲しいので、現在はフォーミュラー中止状態ではありますが、その様子を見ながら時々パルちゃん同様、多くても5滴程度の補助をしています。

    =特に(水分は本鳥も多く摂っていますが)尿が少なく感じる時・糞が出にくそうかお腹が張っていて圧迫排便が必要な時・糞は出ているのに体重がなかなか65グラムから63〜2グラムまで戻らない時のみ、限定で今でも時々フォーミュラーの補助を再開しました。

今回フォーミュラーの件では、先生に色々と教わる部分が多かったです。
これまで私がイメージしていたフォーミュラーの意図とは全く違っていた事もあり、改めてフォーミュラーの補助・給仕について色々と考えさせられました。

このフォーミュラーの医師によって違う考え方や・フォーミュラーの意味について、今回書こうと思っていたのですが、長くなってしまったので次回にしたいと思います^^;。

日々、毎日が介護と変化の毎日なので、今回先生にはご迷惑だったと思います。
・・・が、疑問に思っていたことを全て聞く事が出来て、改めて介護の仕方を主人と考え・相談し合い・100%納得する事は無いとしても「これでいいのかな?」と思いながら出来るような気がしました。

何分本鳥たちはもう病院に連れて行く事は出来ない状態なので、こうしてご迷惑ながらも聞く事が出来て良かったです。
鳥達が頑張っている間、私も頑張ります。

・・・過保護にならない程度に^^;。

↓良かったらポチっと応援をよろしくお願い致します。
にほんブログ村 にほんブログ村 

posted by うず惚れ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック