​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜【愛鳥闘病記】:パルちゃん病院へ行ってきました〜

2014年01月12日

〜【愛鳥闘病記】:パルちゃん病院へ行ってきました〜

いつも訪問有難うございます。
先日記載した、「パルちゃん年末から調子悪い?」日記の後、ようやく予約していた1/9日にパルちゃんの糞と体調不良時のデジカメ写真と動画を持参し、かかりつけの小鳥の病院へ行ってきました。

結果からご報告しますと、「高齢(年齢)による神経障害(痙攣)の発症」という事でした。

以前闘病した時も「中枢神経障害」でしたが、その時の症状は脳の平衡感覚機能が上手くいかず、真っ直ぐに歩けない・鳴けない〜といった一時的・一度に症状が出る神経障害だったそうです。
今回は「自分の意思とは関係なく、体の一部分(鳥の個体や状態によって一部だったり・複数だったり色々あるそうです)が勝手に1日中休まず痙攣して動き続ける〜」という継続的に症状が続く神経痙攣だそうで、前回とは違うとの事でした。

実際、パルちゃんも年初めから右の翼が骨折でもしたかのように浮かしつつ、フルフルと小刻みに震え続け、本鳥もその震えがとても気になっているようでした。 
IMG_3750.jpg


気になって羽毛をむしったり・かじったりする事はありませんでしたが、落ち着かないのかその震えのせいで羽毛が膨らんでいたり・食欲がわかない、そんな感じでした。
中には気になって毛引きになったり・自虐してしまう子もいるそうです・・・。)

具体的な診察結果として先生に言われた事は、
  • 糞からは雑菌は出ているものの、いたずらして不調になるほどの量ではない。
  • 年齢と共に身体の一部(進行すると他の部分も〜と言う事も)が、意思に関係なく勝手に1日24時間痙攣して動き続ける、年齢からくる神経の痙攣
  • 1日24時間痙攣し続けるので鳥さんは睡眠不足になり、一気に疲労感が出る。その為、1日で食欲不振・体重が急減少して弱ってしまったりする辛い症状
  • 痙攣を抑えない限り鳥さんは急激に弱ってしまうので直ぐに投薬開始
・・・という事でした。 
IMG_3748.jpg



最近友人のブログで似たような症状の日記を読んだことが有りました。
その方の鳥さんは足がパタパタして勝手に動いてしまうそうです。

結果、処方薬・頂いたアドバイスは、

  • 以前処方された薬3種類の内、1種類の薬(抗菌剤ーステロイドが入っていないもの)にプラス、今回新たに痙攣を抑える薬を処方、ブレンドして与える。
  • 1日2〜3回、1〜2滴を1週間続けて与え、羽の痙攣の状態・食欲・体重・糞の色をチェック
  • 途中で糞が黒くなれば、別の種類(抗菌剤入り)と今回の新処方薬とのブレンドに変えて、同じく1週間様子を見る。
  • 痙攣を抑える為に、少し眠くなる作用が入った薬=1日何回・何滴与えてどの位眠くなるかもチェック。(多少眠らせる事で睡眠不足の解消と、痙攣を落ち着かせるらしいです。)
  • 羽の痙攣が落ち着くまでは、今の大きなケージでのバリアフリーのまま、環境を変えずに様子を見る
  • 保温は32度でも大丈夫。膨らまない程度に保温維持
  • フォーミュラーはあくまでもパルちゃん自身の食欲に任せ、食べなかったり体重が減少した時に補助。沢山与えない事。
  • 現在の体重は食べてない時に量った27グラムが妥当。29グラムはエサの分。
  • 1週間上記投薬と観察をした後、一度先生に経過連絡。その後の事を考える。
との事でした。
薬さえ効けばある程度日にちが経つと痙攣が落ち着いてくるそうです。
IMG_3749.jpg


通院からの帰宅後早速薬を与えました^^;。
直ぐに痙攣が治まるわけではありませんが、いつもより進んでエサを食べに行っていた感じがします♪
体重も29.8グラムありました。(本来の体重ではありませんが)

・・・先生に「眠ったまま目を覚まさない」「そのまま目を開けない」なんて事は無いですよね?と、思わず聞いてしまいました。

「眠ったまま目を覚まさない」=「丸1日寝て目を覚ました、と言う子はいます」^^;。
「そのまま目を開けないなんてことは・・・」=「余程弱っている子だとあるかも知れませんが、適量であれば大丈夫ですよ。目は覚まします。」^^;。
かなりドキドキです。

・・・と言う事で再度闘病生活が始まったパルちゃんです。
長生きしてくれることは嬉しい事ではありますが、穏やかに何事もなく〜というものは、本当に難しい事・長く生きていても全ての子が老衰で〜と望む事は難しい事なんだと改めて思い知らされました・・・。

それでも、元気な頃から今まで、沢山私達夫婦を楽しませ・和ませ・癒してくれた鳥達なので、今度は恩返しに一生懸命介護したいと思います。
少しでも幸せで不自由のない老後を送ってくれるように・・・。

また何かありましたら随時ご報告させて頂きますね。
くららちゃんと一緒に頑張ろうね。

↓良かったらパルちゃんを応援してね。
にほんブログ村 にほんブログ村

posted by うず惚れ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック