​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜【愛鳥闘病記】:糞が出なくなるまでと圧迫排便してからの糞の変化〜

2013年12月20日

〜【愛鳥闘病記】:糞が出なくなるまでと圧迫排便してからの糞の変化〜

注)今回は鳥さんの糞の写真を沢山掲載しています。苦手な方はスルーして下さい。

現在我が家で闘病中のジャンボセキセイ・くららちゃん(♀)が、長い闘病の間に筋力が無くなって行き、自力で糞をする事が段々と出来なくなってしまいました。
・・・そんな中、かかりつけ医に教わったのが「圧迫排便」という、前回の日記で掲載した、張ったお腹を人工的に押して・排尿を促してあげる〜という方法でした。

今回はそんなくららちゃんの、「糞の量が減った?大きくなった?」と思い始めた頃から〜圧迫排便で出るようになった特大糞までの糞の経緯写真を載せています。
苦手な方はスルーして下さいね。

〜以下、今日に至るまでの糞の変化写真です〜

  1. くららちゃんの「糞の回数が減った?1回にする糞の量が大きくなった?」〜と、何となく糞の変化に気付いた頃の糞写真です。 
    IMG_コーヒー豆サイズの糞.jpg

    一つの糞の大きさがコーヒー豆位になり、水分の少ないコロコロした糞になっています。 
    IMG_コーヒー豆サイズの糞3.jpg

    ・・・ただその少くない尿の色が白色ではなく、少し黄色がかっているのが気になる所です。=痛風の症状。
    思わず測ってみると1センチ。 
    IMG_コーヒー豆サイズの糞2.jpg

    健康なインコだとその半分位でしょうか・・・?
  2. くららちゃんが自力で何とか糞を出していた頃の、最後の方の糞写真です。 
    IMG_糞が出無くなる前の最後の柔らか糞.jpg

    先生の「水分を多めに与えて、尿を柔らかくしてあげてください。」というアドバイスのお蔭で、大分糞は柔らかくなりました。
    けれど糞の大きさはどんどん大きくなり、1日にする回数も減って行きました。

    因みに水分補給には「少しでも栄養補助になればよいかな?」と、闘病用+オリジナルのブレンドフォーミュラーしたものや、多少冷たい感じの・いつも与えている整腸剤+ビタミン剤入りの水をスポイドで時々与えていました。(先生の許可済みです) 
    IMG_糞が出なくなる前の最後の柔らか糞2.jpg

    糞は細長いものがニョロニョロと繋がって1度に長いものが出てくる〜といった感じです。
  3. 先生に「水分の補助」アドバイスを頂いてから、暫くした後に出始めた糞写真です。 
    IMG_3664.JPG

    水分が多くて固くならなかったおかげだと思いますが、かなり見た目にも柔らかい感じがします。
    ・・・ただ、1回にする糞の量が♀の産卵時と変わらない大きさというのが凄いですね^^;。

    思わず測った糞の長さは約4センチ。 
    IMG_3665.JPG

    これが1回にする糞の量です。
    本鳥も辛いのか、お尻フリフリ・思いっきり力んでいるのが見ていて分かります(;_:)。
  4. ・・・だんだん糞をする回数が減って行く反面、1回に出る糞の大きさが以前にもまして大きくなって行っています。
    柔らかくて固くならずにいるのが幸いです。(尿結石・肛門の穴を塞いでしまう固い糞等、症状は色々あります。) 
    IMG_第二弾便を量ってみる.jpg

    こちらはまだ小さい方です^^;。
    尿の色がまだ白っぽいのが救いですが、これが黄色くなったり量が増えたりすると痛風が疑われますね・・・。
  5. 上記糞の後、暫く経ってからした糞写真です。 
    IMG_第二弾特大便2.jpg

    これまでの中で一番大きかったので思わず測ってしまいました^^;。 
    IMG_第二弾特大便.jpg

    約5センチありました〜。

    さすがにこの辺りまで来ると自力でするのも大変そう・・・。
    試に量ってみた重さは約4グラム。 
    IMG_第二弾を量ってみる2.jpg

    セキセイインコが1日かけて食べる食事量位あるでしょうか?

    この辺りのくららちゃんのお腹の張り具合はこんな感じ。 
    4 お腹が張った状態1.jpg

    「1個で普通のセキセイの糞20個〜位分ありますね^^;」−かかりつけ医談。
  6. 電話では思うようにいかず、とうとう病院へ行って教えて貰ったのが前回の「圧迫排便」方法です。
    1回目の初圧迫排便で出した糞は、写真・動画を撮る事が出来なかったので、2回目に行った時に出た特大糞の写真を載せてみました。(いつ飛び出るか・どの位ニュルンと出るか分からない。保定上カメラを向ける位置が難しい等々^^;)
    マッサージをして飛び出した糞.jpg


    定規で測ってもリアル感が無さそうだったので、身近にあるティッシュの箱でどの位飛び散ったのか〜を撮ってみました。 
    マッサージして飛び出した糞2.jpg

    これまで1個ずつ頑張って出していた細長い塊が、一気に2〜3個の塊に分かれて、でも1度に出た〜という感じですね。
    本鳥も溜まっていた糞が一気に出たと分かったのかスッキリした顔でした♪

    糞をする前のくららちゃんの体重は62.2グラム
    糞をした後は57.4グラム
    約4グラムの糞をした事になるでしょうか・・・?
    因みにくららちゃん自身の体重は、腫瘤の大きさ・重さが有って分かりません。
    「多分20グラム〜は腫瘤の大きさでしょうから、本鳥はかなり痩せていますね」−かかりつけ医談
  7. こちらは圧迫排便した方が良いかお尻を見ようとした時に、自力でケース内でしてくれた特大糞です^^;。
    長さは7センチありました。
    IMG_マッサージ前にした特大便.jpg


    同じく別角度から撮った写真。 
    IMG_マッサージする前にした特大便2.jpg

    よく自力で出せたなぁ・・・と思います^^;。

以上、くららちゃんが自力で糞を出せなくなる状態から圧迫排便して出すようになった糞までの経過写真でした^^;。

圧迫排便は掲載した写真状態も分かりにくかったと思いますが、一度コツをつかんでしまうと直ぐに出せるようになります^^;。
尿・糞が溜まっていた当初は白いトロリとした糞が先に出て、その後緑色に変わりつつ糞がブシュっと(歯磨き粉を一気に出した感じ)出る〜といったものでした。

・・・が、圧迫排便をしてから後、糞の溜まる場所が広くなったのか・肛門の穴が開くようになったのか、最近は白い尿があまり出ず、いきなりトロリとした糞が出た・・・と思ったら、ブシュっと溜まった糞が出るので、心の準備が出来ずにチラシ以外のじゅうたんや手にもかかります^^;。
尿が出ると「そろそろだな?」と分かるのですが・・・^^;。

近頃は深夜の間に日中に食べたエサを消化しているのか、朝一番に見ると小〜中の糞が2〜3個してあったり、圧迫便をするかどうか保定しようとするとケースに手をかけた段階で、自力で特大糞をしてくれたりもするようになりました(*^_^*)。

体内に糞を溜めておく時間が少なくなったせいか、心配していた尿酸値=痛風による尿の黄色かも無くなり、どちらかと言うと多尿便に近い感じです。
臭いもしなくなりました。
また近いうちに先生に電話で糞の状態を報告しつつ、そうした変化も聞いてみようと思います。

まずはリクエストのあった「自力で出来なくなるとどんな糞をするようになるのか。」「圧迫排便で出る糞の状態は?」という声にお応えして、糞写真てんこ盛りで掲載させて頂きました。
お食事中の方、すみませんm(__)m。

この糞の変化前後に前回の日記「圧迫排便法アレコレ」が有ったわけですね^^;。
少しでも参考になればよいのですが・・・。

・・・失礼いたしましたm(__)m。
posted by うず惚れ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック