​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!!
  3. 〜【愛鳥闘病記】:まだまだ落ち着いたとは言えませんが・・・〜

2013年11月30日

〜【愛鳥闘病記】:まだまだ落ち着いたとは言えませんが・・・〜

こんにちは、かなりお久し振りになってしまいました。
愛鳥家の皆さま・鳥さん達は如何お過ごしでしたでしょうか・・・?

最後の更新をしてから約2ヵ月半が経ってしまいましたが、鳥はもちろん私の体調も少し良くなってきましたので、ようやくブログの更新にこぎ付ける事ができるようになりました♪

・・・とは言っても鳥の闘病・介護はまだ続いている子もおり、まだまだ落ち着いた状態とは言えませんが、闘病日記もそろそろ記録がたまり、日記にも記載して行きたいと思い何とか再開に至りました〜(#^.^#)。

このブログ休止中の間に3羽の鳥が病院のお世話になり、2羽が回復、現在は1羽が闘病・介護中です。
詳細はこれから新しく作ったカテゴリ=「愛鳥闘病記−頑張っています!!」に時系列で書いて行きたいと思います。

・・・が、ブログを休む前に闘病に入った子達の事を心配して下さっている方が沢山おり、先にそちらのその後のご報告だけ順次させて頂きますね。

まずは最後の更新で「雑菌てんこ盛り」から「神経障害」を発症した子のその後についてです。(記事掲載当時は鳥の体調を考えて写真の掲載を控えさせていただきましたが・・・。)
IMG_3476.JPG
この後闘病用のケースに移動したんだよ。
この子は本当に良く頑張ってくれて、雑菌が全く無くなるまで1ヶ月、神経障害=「中枢神経障害」を発症してから更に1ヶ月間闘病用ケースで投薬・フォーミュラーの生活をした後、無事に現在は通常の大きさのケージで生活
出来るまでに回復しました。
IMG_3477.JPG
今は声も出せないから、して欲しい事を目で訴えるしかないの・・・。
当初は体も神経障害の影響で
  • 「体は曲がらず」
  • 「毛繕いもできず」
  • 「足に力が入らないので羽で移動」
  • 「声も出せないほどに神経・体が麻痺している」
  • 「食欲体重減少」(25グラム切るか切らないか状態でした(-_-;))
  • 「目は光が頼りの視力が無いかも?」
状態でしたので、かかりつけ医にも「これは厳しいかも・・・。」と言われていたパルちゃんです。
それが今では「一時危篤状態だった」とは思えないほどに元気・元気になりました。
  • 「体は自由に曲がり毛繕いも出来ます」
  • 「右足のみ多少力が入らない」という後遺症は残りましたが、「ケージの天井を登って何故か天井を歩いたりもします^^;」
  • 「元気に鳴いてます。ご機嫌のさえずりも・不機嫌の抗議も^^;」
  • 「体重も30グラムちょっとを過ぎ、30グラムを切る事が無くなりました」
  • 「視力も戻ったようで、今では夜に電気を点ける事無く暗くして寝てくれます。」(同居の子がいるからかな?)
  • 「もちろん、出せ出せコールもします^^;」
IMG_3616.JPG
これ位の毛繕いはもう出来るよ♪

最悪のケース」を覚悟しての介護だったので、本当に2ヶ月で回復してくれた事には嬉しさを隠しきれません。
回復さえしてくれれば、投薬・給仕・介護の間なんてあっという間、苦労にも感じない喜びを改めて実感されられました。

かかりつけ医に最終的な糞(のみ持参)検査をお願いしに行った11月中旬には完全に菌は無くなり完治宣言
上記回復の様子を話した際、医師に「正直言って治るまであと半年はかかると思っていたんです。治っても後遺症は残るとも・・・。」と驚かれた次第です。

先生は私達の気持ちを想って言わなかったのだと思います。
が、改めてそう聞かされると「パルちゃんがいかに悪かったか。」を思い知らされました。
・・・そうして生命力の強さも。

IMG_3615.JPG
・・・遠くからで保温ビニールも有るから写りは悪いけれど、ここまで体が曲がるようになったんだよ♪


今現在、パルちゃんのいたケースには別の子が入っていて闘病中ですが、パルちゃんの経験を思い出しながら介護しています。
例えパルちゃんと同じ結果が望めないとしても少しでも幸せな闘病生活を送って欲しいから・・・。

・・・そんな鳥と自身の闘病生活と並行してのブログの再開ではありますが、またゆっくりと更新して行けたらと思います。
暫くは闘病日記三昧になってしまうと思いますが、それでも良ければ遊びに来て下さいね。

心よりお待ちしつつ・・・。
まずはブログ再開のご報告とパルちゃんのその後報告でした。
 
↓良かったらポチット押してね♪

にほんブログ村   にほんブログ村

posted by うず惚れ at 03:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック