​◆左サイドと記事一番下に、メールフォームを設置しました。ブログへのご意見・お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ◆​ ​
■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。ー2018.09月

🚩楽天市場アマゾンで鳥グッズを捜そう」カテゴリ内が、ほぼ完成しました。こちらから商品の検索・ご注文をする事が出来ます。-2018.12.15
 
🚩我が家の鳥達、ただ今4羽」を更新しました。−2018.12.15

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 
  1. 鳥のトリコ〜何から何まで「鳥がポイント」〜
  2. ■鳥のここがポイントー鳥バカ日記
  3. 〜どんな姿でもポイントな子ーその2♪〜

2011年03月11日

〜どんな姿でもポイントな子ーその2♪〜

今回は、前回紹介したコピーちゃんのポイントーその2ですかわいい

・・・コピーちゃんには数ヶ月違いで産まれた妹がおり、成長してからはずっとその妹と同居していました。
ルーチィちゃん・♀。

IMG_1632.jpg

その妹が先にそのうの病気になり、闘病の末昨年亡くなって以来ケージに1羽になってしまったコピーちゃんは、ちょっと元気が無くなり・寂しがり屋になってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
「後追いするのでは?」と心配するほどでしたがく〜(落胆した顔)

産まれてからず〜っと一緒に同居していた子だったので、突然いなくなった事がわかったのでしょうか・・・手(パー)
(妹とが本格的闘病に入り隔離するまではずーっと一緒。隔離されていてもコピーちゃん(と妹が同居していた)のケージの上が一番暖かく保温に適していたので、そのケージの上が隔離ケージ置場。)
気配は感じていたのではないかと思います耳

亡くなった妹はコピーちゃんの通院仲間でもありました病院

妹が病気を発症したのと同時期に、コピーちゃんも前回の日記最後で少し書かせて頂いた骨腫が見つかり、手術や切り離しが難しい部位だと分かって以来、定期的に一緒に病院にも通っていたのです車(セダン)

img6f4502bbzik0zj.jpg

年の近い女の子同士。
決してベタベタの仲良しさんではありませんでしたが、それでも一緒に居るのが当たり前の存在だったのでしょうね・・・ムード

何とか亡くなった妹に代わって同居してくれる子がいないものか・・・と、色々な子と同居させてもみましたが上手くいきません。

そんな時白羽の矢が立ったのが、当時1羽でケージ暮らしをしていた「ジャンボセキセイのくららちゃんでしたexclamation&question
 

imgfb799035zikezj.jpg


この子は以前の日記でも書いた通り、とても怖がりサン(おっとりさん、とも言う?)だったので、気の強いコピーちゃんと一緒に生活出来るかという不安もありました。

・・・でもくららちゃん以外同性の女の子はもうおらず、皆弟や甥っ子達ばかりだったので、試に同居させてみる事に・・・。

案の定くららちゃんは初めての他の鳥との同居に怯え、コピーちゃんは妹よりも大きな体のジャンボちゃんにビックリし、初めはお互いに遠慮がち&オドオドしつつの生活でした(苦笑)あせあせ(飛び散る汗)
それでもコピーちゃんの方が力関係は強いようでしたね。

・・・でもコピーちゃんには1羽でいる寂しさの方が大きかったのかも知れません・・・。
あんなに同性には気の強い年長者だったのですが、次第にくららちゃんに寄り添うようになり、時には口ばしをくっ付け合って求愛(雛が親にエサをねだる様に)するような真似事もして甘えてみたり・・・かわいい

眠る時は2羽ともブランコに乗って眠るのが好きなのですが、何故か2か所止まる場所が有るにもかかわらず同じ場所がお気に入りで、寝る時になるとよく場所取りで喧嘩し、いつも負けていたくららちゃんあせあせ(飛び散る汗)
それが今では時々譲ってあげ、自分はくららちゃんのかたわら・止まり木で寄り添って眠るようにまでなったのでしたるんるん

IMG_2189.jpg
2個ある餌箱もどちらで食べるか〜が大抵決まっていたのですが、時々くららちゃんがコピーちゃん用の餌箱で食べていたりするとそのまま譲ってあげて、自分はくららちゃん用の餌箱で食べたりするのですぴかぴか(新しい)

あんなに気が強くて「さすが年長者!?」「くららちゃんとは別居させた方が良いかな?」なんて話していたのですが・・・。
妹が亡くなり・自身も12歳の高齢となって以来、新たな同居鳥くららちゃんにも優しく気遣ったり譲ってあげたり・・・かわいい
そんなコピーちゃんがとても愛おしくてたまりません黒ハート

羽毛が無かろうが、手乗りで無い為私達夫婦には鳥同士のように気を許してはくれなかろうが、そこに居るだけで癒してくれるまだまだ長生きして欲しい、そんな年下(鳥)には優しい所がポイントのコピーちゃんなのでししたかわいいかわいい
この記事へのコメント
人と鳥さんの間にも少しずつお互いに近づいてゆき信頼関係が生まれる様に鳥さん同士でもそういった感覚があるのでしょうね♪その過程を見守れるのも微笑ましく素敵ですね〜(^-^)その少しずつ近づいていくのを見守るのも幸せな一時ですね♪一羽飼いの我が家では絶対見れない素敵な光景です! (2011.03.16 22:08:10)
Posted by RAY LEE CHANG at 2012年10月19日 03:34
>RAY LEE CHANGさんへ
お返事が遅くなりすみませんでした。

鳥も本当に感情豊かなんだなぁ・・・と思わされます。
確かに多数飼いだと、色々な個性や思いやりを見る事が出来て、見ていてとても癒される微笑ましい光景です♪

人間も見習わないといけないなぁ・・・と思わされることも有ります。

(2011.03.18 05:45:35)
Posted by うず惚れ at 2012年10月19日 03:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック