初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 

2014年03月01日

〜【愛鳥闘病記】:パルちゃん、一緒に体調を崩す?〜

こんにちは、来て下さり有難うございます。

2月に入って以来、肝心の飼い主である私が体調不良で長期ダウン。
ずっと療養と鳥の介護だけに専念していた為、ずいぶん長い間日記を更新することが出来ませんでした。

詳しくは闘病日記「不調の原因は?ただ今考え中」風邪とアレルギーともう一つ・・・」「むずむず脚症候群とのお付き合いが始まりました」をご覧くださいマセm(__)m。

・・・そんな中、比較的「痙攣・翼の突っ張り」も落ち着き・食欲体重が安定していたパルちゃんですが、まるで私の体調不良に合わせるかのように、ほぼ同時期から急激に体重・食欲の減少という状態になってしまいました。       
IMG_3769.jpg

病気発症時の時はまだ少し元気も有ったよ。

IMG_3804.JPG

今はこんな感じ。時々フォーミュラーの補助の受けているから、ちょっと羽毛がカピカピなの^^;。

その間に一度薬が切れそうになり、薬の追加の電話をした時はまだ体重は29.5グラム〜28.5グラム位の間を行ったり来たりしていた時でしょうか?

・・・が、その後送って貰った薬を投薬している間にどんどん減って行く体重は、あっという前に28グラムを切り、食べていない時は27.5グラム前後、食べても28グラムを超えたら良い方〜といった状態に!?

丁度薬が切れる時だったのでかかりつけ医に電話をし、「食欲を促す整腸作用のある薬をブレンドしますね。」と処方内容を変えて頂き、数日様子を見たものの体重が29グラムまで行く事は無くなってしまいました・・・。      
IMG_3803.JPG

痙攣は落ち着いたし翼も突っ張りが薄れて来たよ。

  ・・・実は2月に入ってからずっと、右目の下まぶたが薄い赤い色になっている事にも気づき、電話で先生に相談もしていた最中でした。       
IMG_3805.JPG

     
特にかゆがって足で掻いたりする事も無かったので、先生にも「いじらなければ自然治癒で行きましょう」と言われ、様子を見てもいたのです。

・・・が、涙目にもならず・鼻にまで症状が広がる〜といった悪化は見られなかったものの、一向に自然治癒する気配も無い赤い下まぶたでした^^;。
直に見るとすぐに分かるのですが、写真では分かりにくいでしょうか・・・^^;?      

IMG_3822.JPG
 

・・・そんな弱って行くパルちゃんを見ていると、「もしかすると私が体調不良でずっと介護の時以外寝たきりになってしまったので、折角のパルちゃんの生活リズムが崩れてしまったのでは!?」「いつもの時間通りに食生活が出来なくなってストレスになってしまった!?」という不安と自責の念もありました・・・。

闘病ブログの方を見て頂けると分かるかと思うのですが、私は病気で昼夜逆転生活中なので、冬の夜はストーブがずっと点いていて暖かいのです(^^ゞ。
日中は寝ていますが主人が逆に居間にいるので、1日中誰かが鳥を見たり・温度調節をしたりしてくれます(^^ゞ。

・・・そんな訳で、鳥達のいる居間は1日中電気点けっぱなし(遮光性カーテンで仕切っていますので、鳥達の方は暗くなります。)、丁度関東などでは雪も降るほど寒い気候でもあったので、居間に布団を敷いて寝ながら・保温電球プラス灯油ストーブで鳥部屋の暖かさは絶やさないようにしつつ、自分も休み・鳥達もいつも通りの生活リズムを〜とも努力したのですが・・・(-_-;)。

私の不調が治らず、「通院が続く事もあり、家を留守にしている間に体調を悪化させているのではないか」という後ろ指を引かれる思いもありました。
     
そんな中、

体重・食欲はどんどん減少・目の赤色も・何もかもが気になって気になって、「でも本鳥はもう通院には耐えられないので連れて行けないし・・・」。      
IMG_3807.JPG
 

・・・という訳で「もう多分これが最後」という思いで、糞・デジカメ・動画持参でかかりつけ医に診察の予約をしたのが、先日2/25日の事でした。
もう私達だけでは糞の状態も・体重減少の理由も・目の下まぶたの赤い色の原因も分からないだけなので、本鳥は診て貰えなくても少しでの何か分かれば〜という事で2/27日に
診察に行く事になったのでした。

一緒に腫瘤持ちのくららちゃんの糞とデジカメ写真も持参します。
・・・多分2羽にとっては最後の「診察」になるのでは?と思いつつ・・・。

現在は診察も無事に終えて再度介護生活が始まっています。
診察の結果やくららちゃんの事については、また少しずつ日記でご報告させて頂きますね。

・・・いずれにしても、鳥達をお世話・介護する為には飼い主である私達が、心身ともにしっかりしていないとダメだと言う事を、今回も改めて思わされたのでした。
(これまで看取った子達の時にも何度か有った事なので・・・(-.-))

出来るだけ早めに更新して、現状と共に診察結果もお伝えできたら〜と思っています。 良かったら応援してくださいね。

↓良かったらポチっとしてね。
にほんブログ村  にほんブログ村 

posted by うず惚れ at 04:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

↓良かったらお好きな所をポチッとお願いします♪


↓鳥さんの闘病日記関係を集めた「日本ブログ村」のトラコミュです。病気に関するブログ・情報が表示されます。良かったら参考にされて下さい。
 にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ鳥の病気・怪我・病院

みんなで作る鳥の楽園とりっち←会員登録・参加しています。
 
小鳥レスキュー会 バナー.png
 
←埼玉県にある、鳥の保護・お世話をしているNPO法人です。保護情報は、主に法人のある埼玉県周辺になりますが、まだまだ法人の存在や活動内容について、ご存知ない方も多いので、是非1度ご覧になって見て下さいませ。NPO法人小鳥レスキュー会 活動ブログはこちら