初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 

2014年01月12日

〜【愛鳥闘病記】:パルちゃん病院へ行ってきました〜

いつも訪問有難うございます。
先日記載した、「パルちゃん年末から調子悪い?」日記の後、ようやく予約していた1/9日にパルちゃんの糞と体調不良時のデジカメ写真と動画を持参し、かかりつけの小鳥の病院へ行ってきました。

結果からご報告しますと、「高齢(年齢)による神経障害(痙攣)の発症」という事でした。

以前闘病した時も「中枢神経障害」でしたが、その時の症状は脳の平衡感覚機能が上手くいかず、真っ直ぐに歩けない・鳴けない〜といった一時的・一度に症状が出る神経障害だったそうです。
今回は「自分の意思とは関係なく、体の一部分(鳥の個体や状態によって一部だったり・複数だったり色々あるそうです)が勝手に1日中休まず痙攣して動き続ける〜」という継続的に症状が続く神経痙攣だそうで、前回とは違うとの事でした。

実際、パルちゃんも年初めから右の翼が骨折でもしたかのように浮かしつつ、フルフルと小刻みに震え続け、本鳥もその震えがとても気になっているようでした。 
IMG_3750.jpg


気になって羽毛をむしったり・かじったりする事はありませんでしたが、落ち着かないのかその震えのせいで羽毛が膨らんでいたり・食欲がわかない、そんな感じでした。
中には気になって毛引きになったり・自虐してしまう子もいるそうです・・・。)

具体的な診察結果として先生に言われた事は、
  • 糞からは雑菌は出ているものの、いたずらして不調になるほどの量ではない。
  • 年齢と共に身体の一部(進行すると他の部分も〜と言う事も)が、意思に関係なく勝手に1日24時間痙攣して動き続ける、年齢からくる神経の痙攣
  • 1日24時間痙攣し続けるので鳥さんは睡眠不足になり、一気に疲労感が出る。その為、1日で食欲不振・体重が急減少して弱ってしまったりする辛い症状
  • 痙攣を抑えない限り鳥さんは急激に弱ってしまうので直ぐに投薬開始
・・・という事でした。 
IMG_3748.jpg



最近友人のブログで似たような症状の日記を読んだことが有りました。
その方の鳥さんは足がパタパタして勝手に動いてしまうそうです。

結果、処方薬・頂いたアドバイスは、

続きを読む
posted by うず惚れ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

〜【愛鳥闘病記】:パルちゃん、神経障害の再発!?まずは病院へ・・・〜

いつも来て下さり有難うございます。

年末のかかりつけの小鳥の病院が休診日に入った頃でしょうか?
以前、雑菌てんこ盛りから中枢神経障害を起こし、それでも頑張って闘病してくれたパルちゃんですが、何となく羽毛が膨らんでいる様子を感じるようになりました。

当初は保温の温度を上げて様子を見たのですが、32度でようやく羽毛の膨らみが取れる〜と言うのは「明らかに体調が悪い?」という不安がよぎる初めの兆候でした。
IMG_3752.jpg

その後、中枢神経障害の後遺症として残った、右足指の力が入りにくい・弱いという症状が再発したかのように、よくその左足を羽毛に隠して1本足で立つように・・・。
体重を量ると神経障害が回復した時と同じ位、29.8グラムでした。

  • ・・・が、胸骨が細い!!
  • 筋肉・脂肪が全然ない!?
  • 持っても軽い!?

比較的食欲はあったので油断してしまいました。
てっきり治ってくれたものとばかり・・・。

続きを読む
posted by うず惚れ at 03:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

〜鳥用に買った気化式加湿器の使い勝手♪〜

つい先日鳥用に購入した気化式加湿器
今回買ったような、

  • 気化式
  • 水の吸収・発散率の高い特殊な紙を使用
  • 凄く小さくてコンパクト
  • 水を入れて閉めると簡単にはこぼれない仕様
・・・というものは初めてでした。 

今年は特に乾燥が酷いようで、高齢鳥達も闘病の子達にも適度な加湿調節が必要でした。(ケージ内の湿度計の湿度が・・・^^;)
何だか乾燥が辛いのか「ちょっと羽毛を膨らませている子も?」という感じだったので、年末年始で病院が休院の間だけでも加湿で何とか少しでも楽になれば〜という気持ちもあって、
正直何処まで加湿されるのか分かりませんでしたが、「濡れタオルをつるしたりするよりは「加湿器」とうたっているだけの効果は有るだろう」という多少効果が有れば良い、と言うお試しの感じで買ってみました

乾燥から言えば「私が思っていた以上に加湿程度が良い」と言うものでした。
少なくとも濡れタオルをつるしていた時よりも、ケージ内の加湿温度は高めに維持されていて安心しました〜!!

  1. 1個の大きさはとてもコンパクト
    IMG_3722.jpg

    使わない時はたたんで置いておけるのでスペースも取らず、手のひらサイズです。
    IMG_3725.jpg

    IMG_3726.jpg

    IMG_3727.jpg

    IMG_3728.jpg

    開けてみた本体も、じゅうたんコロコロとほとんど変わらないコンパクトサイズ

    IMG_3729.jpg

    IMG_3730.jpg
     
    IMG_3733.jpg

    ・・・正直言って「こんなにコンパクトで鳥小屋加湿できるのかなぁ」と言う感じでした。
  2. いざ加湿器を使用する時の状態に開いてみましたが、後ろにサイズの基準にと置いておいたじゅうたんコロコロが見え隠れする程度のコンパクトさでした。
    色は緑色と2色ありましたが私はピンクを♪ 3色販売している所もありました♪

  3. 肝心の水を入れるタンクはスライド式になっているので、下から引き出す仕様になっています。
    第一印象は「ちょっと水を入れる容量が少ない?」「これだけ?」と言う感じでした。 
    IMG_3731.jpg


    こちらに満杯に入れるとこぼれてしまうので、半分位が目安と言った感じなので、余計水を入れる量が少なく感じました。 
    IMG_3732.jpg

    けれど、適量を入れてきちんと元に戻してしまえば、逆さにしたり・ちょっとした事では水が容器からこぼれない安全仕様になっているので、その点が決め手でもありました。

  4. 本当は■楽天 気化式加湿器 スワン

    を欲しかったのですが、水を入れるペットボトルを何かの拍子に倒してしまう危険が私には一番のデメリットでした(;_:)。
     


    ペットボトルに差し込んで鳥のケージ周辺に置くと 、結構な高さが有るので鳥が一番良く行く餌箱等から丸見えとなってしまい、怖がりサンの我が家の鳥達には不向きかとも・・・(^_^;)。

  5. 結局エコロジー/加湿器(かしつき)/エコ加湿器/エコロジー加湿器/卓上/オフィス/ちょこっとオアシ... の方を購入しましたが、低くて1個のサイズがコンパクトと言う事が良かったようで、狭い鳥小屋にも置くことが出来ました。 
    IMG_3734.jpg

  6. 保温用のヒヨコ電球のちょっと下部分、2個のケージの狭い間や前方に置くことが出来、なおかつ万が一落ちても水をこぼす事が無い、という安心感が良かったようです。 
    IMG_3735.jpg

我が家は写真のようなラックが上下2段になっているので、2個購入
1個ずつ各ケージの間に置いて加湿してみました。

水を入れる容器部分がコンパクトな分小さくて、鳥を保温しながらだと小まめに水を補給しなければならない〜という欠点はありました(^^ゞ。
けれど触ってみても「いかにも水を吸っています。」「気化して水分を飛ばしています」という湿った紙の感触が良く、過度に加湿しすぎない感じでまずは満足といった感じです。

もし「もう少し加湿温度を高めたいなぁ」と思えば、追加購入して調節できるのも良いかも・・・♪

アマゾンはこちら

これで濡れタオルともサヨナラ。

保温電球を使っている為、これ以上電気も使わずに済む気化式と言う事も良いですね♪
「人に優しい、ちょっとしたスペースに・エコで〜」という加湿器ですが、鳥用にも十分使えるようで嬉しい我が家でした。

・・・因みに「ちょっと羽毛を膨らませている?」と感じた子も、多少乾燥の違いが有るのか、少し膨らみが取れたような印象でした。
もちろん病院には連れて行きますが、もし乾燥のせいで喉がイガイガ・不快感などがあったとすれば「買って良かった鳥用^^;加湿器」、でした。

↓良かったらポチッとしてね。
にほんブログ村 にほんブログ村

2014年01月05日

〜今時期必須の鳥用(?)エコ加湿器〜

冬になると鳥飼いさんであれば誰でも一度は頭を悩ませるのが、「鳥さんの加湿環境」だと思います。

乾燥は鳥の健康にとって大敵ですが、鳥のケージ周りに置くのにちょうど良い加湿器が無くて、「どれがいいんだろう?」「どうやったら適度な湿度を保てるだろう?」「加湿器は何処に置こう?」と悩んで、最終的には今も家庭で加湿用にしている「濡れタオルをつるす。」「洗濯物を室内に干す」といった事をされる方も多いのではないでしょうか?

・・・私もそんな悩みを抱えていた一人です。
・・・そんな時にお勧めしたいのが、今回私が買ったどこでも持ち運びできる、電気不要の小型エコ加湿器です。ちょこっとオアシス プラス ピンク... です。
  • 小柄で省スペース
  • 電気もいらず
  • 水を足すだけの気化式
  • 水入れ容器がスライド式なので水がこぼれにくい
・・・といった利点があったのが決め手でした。


以前楽天ブログの方では鳥グッズらしく「可愛らしいスワン」柄を紹介させて頂いた物と同じ気化式・コンパクトサイズの別バージョンです。
私もスワン柄で鳥グッズとしても購入したかったのですが、何分スペースが限られている為、直ぐに水をこぼしてしまいそうな事と・背が高い(?)ものだと鳥がビックリする可能性があったので低めの・今回のコンパクトタイプを購入した次第です(^^ゞ。

続きを読む

2014年01月02日

〜今年もよろしくお願い致します〜

早くも新しい年2014年になりましたね。
新年を皆様と鳥さん達がどのように過ごされたでしょうか?

我が家は「新しい年を迎えられるか・・・?」と思われた闘病中のくららちゃんが、まずは無事に新しい年を迎えてくれた事が一番の喜びとなっています。
IMG_3607.jpg


現在、食欲あり・フォームラーの補助あり〜という生活の中、それでも少しずつ体重は減って行っている状態ではありますが、圧迫排便もする事がほとんど無くなり自分で少しずつながら糞をしてくれています。

食欲が減ったからなのか・糞の量が減ったから自力で出来るようになったのかはかかりつけ医でも「分かりかねますね・・・」との事ですが、それでも頑張ってくれているくららちゃんの年明けです。

他にも昨年(平均寿命と言われている)5歳を超え・6歳4ヶ月で迎えたヒメウズラのチョコちゃんが、何と今年も無事に1年をあっという間に過ごしてくれて、今年も7歳4ヶ月という年齢で新しい年を迎えてくれました。 
IMG_3640.jpg


一緒に過ごしていた2羽の子達に2年前に相次いで先立たれ、「この子も〜」なんて思いつつの毎日でしたが、大きな病気をする事も無く無事に新しい年までいてくれた事はこちらも私にとっては大きな喜びです。

こちらも一番の年長者、現在13歳になったばかりのセキセイ・ピコちゃん。 
IMG_3648.jpg


この子も首・両足に障害を持ちつつも、昨年は一度も病院にかかることなく、我が家では多分一番健康・問題の無い子だと思います。
今年も1年、何事もなく我が家の長寿の歴史を塗り替えて欲しいと思いますね♪

今年、くららちゃんの前に雑菌てんこ盛り中枢神経障害を起こして一時は危ない橋を渡ったパルちゃんも、ちょっと気温変化に羽毛を膨らます事が有りつつも無事に新しい年を迎えてくれた、10歳ちょっとになる子です。 
IMG_3642.jpg


羽毛のふくらみが心配なので、エコなインコ用加湿器を購入し、様子を見つつ新年早々病院に連れて行くか検討しています^^;。

パルちゃんの回復後、同居の子として他のケージから移ってきたチロルちゃん
こちらも10歳になりました。
IMG_3644.jpg


こちらはほとんど我が家に来てから病院に行った事が無い病院知らず。
今年も病気知らずでパルちゃんを励ましつつ仲良く生活して欲しいなぁと思います(^^ゞ。

・・・そうして最後はなかなか出番のないオカメインコ・ポポちゃん
この子も13歳になりました。 
IMG_3652.jpg


いやはや皆高齢さん達ですね。

新しい年を迎えるたびに当然年を取る鳥達ではありますが、今年もこのまま病院知らず・健康で幸せな鳥社会で暮らしてくれたら〜と思います。
(こうしてみると、皆お迎えしたり・生まれたりしたのが年末〜年初めだったりして、今ごろちょっとビックリです^^;)

・・・そんな闘病中のくららちゃんと共に今年も我が家の鳥達と当サイトをよろしくお願い致します。

具体的な生年月日はこちらをご覧くださいマセ。

↓良かったらポチッとお願いします♪

にほんブログ村  にほんブログ村


↓良かったらお好きな所をポチッとお願いします♪


↓鳥さんの闘病日記関係を集めた「日本ブログ村」のトラコミュです。病気に関するブログ・情報が表示されます。良かったら参考にされて下さい。
 にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ鳥の病気・怪我・病院

みんなで作る鳥の楽園とりっち←会員登録・参加しています。
 
小鳥レスキュー会 バナー.png
 
←埼玉県にある、鳥の保護・お世話をしているNPO法人です。保護情報は、主に法人のある埼玉県周辺になりますが、まだまだ法人の存在や活動内容について、ご存知ない方も多いので、是非1度ご覧になって見て下さいませ。NPO法人小鳥レスキュー会 活動ブログはこちら