初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 

2014年01月22日

〜【愛鳥闘病記」:パルちゃんのその後〜

いつもご訪問有難うございます。

前回はあまりに長文になってしまった為、パルちゃんの写真や近況を載せる事が出来ませんでした(^^ゞ。
読みにくかったと思います、すみません・・・。

現在パルちゃんは投薬の量が1滴増えて1回3滴を1日3回服用しています。
どの鳥さんも投薬・保定は嫌なものらしく、パルちゃんも体力がない中でも必死に抵抗して保定する主人の指を思いっきり噛んでくれるなかなかの子でございます^^;。

投薬時にケースに入れて体重測定・羽の痙攣具合を見るのですが、投薬する時は薬が切れる時でもあるようで、痙攣していない時を見る事はほとんどありません
・・・が、以前の投薬量よりも幾らか良いのか痙攣している右の翼を下にダランと下している事は少なくなったような気がします。

IMG_3768.jpg


目も投薬して眠気が有る時よりも少し生気があるように感じられます♪
長年飼っているとはいえ手乗りではないので、ケースに入れて観察する時も気を許さず・ちょっと怯えているのか、そんな感じで震えているのか・痙攣しているのか〜の判断がちょっと難しいですね^^;。

IMG_3769.jpg
ケージにそっと近づいて観察してみようとしても、直ぐに気配を察して目を開け、正面を向いてしまうので、肝心の痙攣部分を見る事も・眠り具合を見る事も難しいのが辛い所です。
何とか上手に、そっと近づいて様子を観察出来れば良いのですが・・・。
(写真を撮ろうとまでは言わないので^^;)

・・・とりあえず眠気は前よりも出てはいるようですが、心配していた横にコロンとなってまで寝る事は無いようです。
けれどネムネム・ウトウトはしています^m^。

フォーミュラーも一度与え、投薬は毎日ですが、主人の一番痛い指の部分(爪と肌の間)をかじって抵抗したりする気力はあるようです。
保定する際は捕まるのを嫌がって、頑張って天井付近の高い所まで登って逃げたりもします^^;。

・・・因みに夜寝かせた後、パルちゃんのケージ周辺だけライトを点けて明るくし、どんな反応をするか観察しましたが、隣の鳥達が気になるようで高い所に登って行こうとし、エサは食べてくれなかったので、体力温存に夜は暗くする事に・・・。
1羽で寂しいんだよね、前の闘病の時もそうだったから・・・。

もし、このまま一生薬を飲み続ける事になっても、少しでも楽しく・ゆっくりのんびり・痙攣が治まって落ち着いた状態で過ごしてくれたら〜と願うばかりです。
どうか応援してくださいね。

IMG_3770.jpg


↓良かったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村

posted by うず惚れ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

〜【愛鳥闘病記」:パルちゃん投薬量増やす〜

いつもご訪問有難うございます。

先日1/9日に糞とデジカメ・動画持参でかかりつけ医を受診し、年齢による無意識な痙攣症状と分かったパルちゃん
2週間分の薬を頂きつつ、まずは薬を1日3滴・1回2滴から初めて1週間後、様子を電話で知らせる事になっていたパルちゃんです。

・・・と言う事で1/16日にかかりつけ医に1週間の経過報告を電話でしました。

  • これまでの薬の量と回数では、薬を服用している間は多少痙攣は止まるものの薬の効果が切れるのが早い気がする。
  • 睡眠作用が有る事は聞いていましたが、ウツラウツラする程度で前例として挙げられていた丸1日眠ってしまったり〜と言う事はなく、軽くうたたね寝ている程度(そっと近づくとすぐに目を覚ます)のよう。
  • 食事の回数や量は健康な時に比べて少なくなっているものの、投薬して眠った後、数時間してからようやく食べ始める特に朝は少なく、寝る前に食べる方が多少多い位で小食
  • 体重は朝一で測って28.5グラム前後、夜食後は29.5グラム前後で30グラムは切っている
  • ケージは大きいケージのまま、止まり木等を低くして生活させているが、ほとんどヒーターの側か・ブランコ・餌箱の前と位置が決まっており、ほとんど移動することも高い所に登ろうとする事も無い
  • 32度設定にしているがどうしても背中の羽毛の膨らみが取れない。(自分でヒーターの近く・離れる等、調節している)。
  • 心配していた糞は黒くならず1週間同じ薬で過ごす事が出来た。

・・・これが私達が観察したパルちゃんの1週間の様子でした。

結果先生から頂いたこれから1週間の指示は、

続きを読む
posted by うず惚れ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

〜【愛鳥闘病記」:くららちゃん、最近ちょっと具合が悪い?〜

いつも来て下さり有難うございます。


くららちゃんは腫瘤が右足の付け根少し上にあり・なおかつ頭よりも大きくなってしまった腫瘤のせいか、普段はブランコに体を載せて体を預けているのが大好きです。


IMG_3757.jpg

この姿勢が今一番楽なのよ♪

そのくららちゃんが最近ブランコに体を預けるよりも、キッチンペーパーを敷いた床に立ったままネムネムしていることが多いように感じるようになり、「もはやブランコに寄りかかるのも辛くなった?」と心配した1/14日の頃でした。

くららちゃんがまだ元気で気力があるかどうか〜を知る目安にブランコにくっつく包帯 が巻いてあります。

ブランコの各段には腫瘤が傷を付けないようにテーピングを巻いている訳ですが、気分の良い時はきっと色々と抱えているであろうストレスを発散させるためにテーピングをカジカジして、熱心にテーピングをブランコから外そうとしたり・実際に外してしまったりしています。


楽天市場:くっつく包帯 



私がテーピングを巻いてはくららちゃんが外し、くららちゃんが外しては私がまき直し〜の繰り返しで、その繰り返しが1日に何度も頻繁に起こると「体力消耗にならないのだろうか?」と不安になってしまいます。



・・・が、何時だったかの診察で先生に尋ねた時は、「ストレス発散しているのだと思います」「巻き直すのも大変かも知れませんが、好きな様にさせてあげてください。」「それで腫瘤をかじったり自分で傷を付けたりするよりはまだテーピングが被害に遭った方が良いので^^;」と言われました。

確かにテーピングを外そうとしている姿や音を聞いていると、まだ動いていられるんだな♪と、その繰り返しの行為も嬉しいやり取りにも感じていた最近です。

・・・それでもテーピングを完全にブランコから外す事はしなくなり(出来なくなり?)、ブランコにテーピングを付けたままカジカジ・テーピングがボロボロになる〜という感じで、爪に引っかからない程度にボロボロになった時点で新しいものと取り外して交換するのか最近の習慣で、ちょっと寂しさを感じたりも・・・。

床に立ったままネムネムしている写真を撮ろうとしても、直ぐに気付いてブランコに避難してしまうのでなかなか撮る事は出来ませんが、負担をかけさせる訳にもいかず・・・。


それでも最近はまた再度ブランコにいるようになってはくれました♪


IMG_3759.jpg


覗かれるとブランコに非難するの。ここが私の一番安心する場所だから♪

写真ではジャンボの体と腫瘤の大きさで見えにくいですが、ブランコの足場2本にはテーピングが巻かれています^^;

春の温かくなる季節まで頑張って欲しいなぁと思いつつ、毎日糞の形・数をチェックしている私でした^^;(毎日計何個したか・大きい時はどの位か糞の重さを量って記録を付けていたりする私です^^;)

↓良かったらポチットしてね。


にほんブログ村  にほんブログ村



posted by うず惚れ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

〜今流行のアロマディフューザーの使い方について〜

いつもご訪問有難うございます。

先日、私自身の闘病日記で「超音波式加湿器」を新購入し使い勝手が良かった〜といった内容の日記を掲載しました。

こちらの加湿器には、器具に指定された部分にアロマオイルをたらしてその香りを発散された水蒸気と一緒に放出する・・・という、癒し・アロマ効果作用も一緒に楽しむことが出来る仕様となっています。
←私が購入した超音波式加湿器です。

ブログでも書きましたが、私は匂い系全般で喘息が出てしまうので私自身使う事はありませんが、今はこういう加湿器やアロマ効果のある物が結構出回っていますよね。
・・・そんな内容の日記を公開した時に、とある鳥飼い友人から注意を促す情報提供メッセージを頂きました。

とある鳥を飼っておられる方のブログで、アロマディフューザー(精製油はラベンダー)を使用したところ、使用して暫く立った後、鳥さん達が相次いで落鳥した〜という内容のものでした。
それで私にも「こういう事があったようです。」と情報を下さったのですね。

因みにアロマディフューザーというのはどういうものかご存知でしょうか?
★アロマディフューザーはこちらー楽天市場より★
★私が購入した超音波加湿器はこちら。アロマ効果が有る様式の物もありますー楽天市場より★
商品自体は異なる物も多く、ディフューザーの方がアロマ効果の高い仕様に感じますが、加湿器にもアロマ効果を出すことのできる物が出回っている事がお分かりだと思います。
使われている方もおられるかもしれませんね。

・・・そんな中での友人からの不慮の事故を知らせるブログの記事を紹介して貰い、私自身も読みに行って確認した次第です。
具体的にどういう仕様の物・アロマ精製油を使われたのか分からないので、どんな物・当時の使っていた状況・鳥さんとの関係は分かりませんが、「こういう危険もあるようですよ。」という情報でした。

丁度先日パルちゃんの診察の前に頂いたメッセージだったので、かかりつけの小鳥の先生にも「詳しい状況は分かりませんが〜」と言う事を前提に確認してみる事にしました。

続きを読む

2014年01月15日

〜【愛鳥闘病記】:くららちゃんの腫瘤にプスッと・・・(・・;)〜

注)今回は腫瘤のアップ写真が2枚のみ掲載されています。
いつも来て下さり有難うございます。
この所続けて書いている【愛鳥闘病記】に出てくるくららちゃんですが、先日1/9日、パルちゃんの糞検査と一緒にくららちゃんの糞も持参し、診て貰ってきました。

結果はパルちゃんよりも綺麗に食べた物が消化されており、雑菌も無い腫瘤さえなければ良い状態の糞でした(*^_^*)。
腫瘤の成長は止まったか・分からない位ゆっくりと大きくなっているのかも知れませんが、私には特に変わった感じはしていません

・・・ただ痩せ具合・肥満具合を測る胸骨は確実に出てきており、かなり痩せてガリガリなのは分かります
糞の結果と私の話の状態から、「くららちゃんはゆっくり進行して行く病気なので、体調も痩せ具合もゆっくり進行して行っているのでしょうね。」「胸骨がガリガリでも頑張って生きてくれた子はいますよ。」「糞は圧迫排便しなくなった事はとても良い事ですね。」と先生は話されていました。

・・・そんなくららちゃんの腫瘤に、最近血が付いている時が有る事に気付きました。ティッシュでふくと直ぐに綺麗になり、血がにじみ出てくる事も無く、主人と「一体どうして?」と思っていた矢先の事・・・。
どうやら保定した時に腫瘤のある方の足、一番小さくて奥にあるとがった爪が、ちょっとした保定の姿勢によって足が腫瘤の前に出た時に、プスッと刺さって血が出ているようなのです〜\(◎o◎)/!。
IMG_爪表示写真.jpg
腫瘤の中はギッシリで、プニプニ柔らかくあるものの水のような流れ出るものが入っている訳ではないので、刺さって少し血が出ただけで治まっているとの事でした。ーかかりつけ医談。続きを読む
posted by うず惚れ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

↓良かったらお好きな所をポチッとお願いします♪


↓鳥さんの闘病日記関係を集めた「日本ブログ村」のトラコミュです。病気に関するブログ・情報が表示されます。良かったら参考にされて下さい。
 にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ鳥の病気・怪我・病院

みんなで作る鳥の楽園とりっち←会員登録・参加しています。
 
小鳥レスキュー会 バナー.png
 
←埼玉県にある、鳥の保護・お世話をしているNPO法人です。保護情報は、主に法人のある埼玉県周辺になりますが、まだまだ法人の存在や活動内容について、ご存知ない方も多いので、是非1度ご覧になって見て下さいませ。NPO法人小鳥レスキュー会 活動ブログはこちら