◆ただ今、我が家の鳥達紹介が編集中になっています。今しばらくお待ち下さいませ。 白内障のため視力(界)低下により、記事中に誤字脱字が多々見られると思いますが、ご了承下さいませ・・・。◆

初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 

2012年02月19日

〜鳥もとっても器用だよー2〜

回書いた、先生性の障害と足の障害を持ちつつも順応しているミントちゃん。
今回はミントちゃんがどんな生活をしているのか書きたいと思います。

小鳥の先生から「両足がグー」の状態と「首が垂れ下がった」状態なので、「高齢ですしバリアフリーのケージにレイアウトし直しましょうか。」と勧められ、飼い主である私達は早速バリアフリーの計画・実行をしたのでしたひらめき

・・・が、当鳥はなんともたくましく、バリアフリー状態のケージを嫌がり、暴れる・へばり付く・狭い〜などなど文句を言いたげな言動なのでしたふらふら

結果、小鳥に先生と相談して止まり木を大小さまざま(細いもの〜通常サイズを2本並べた太めのもの)を用意し、滑らないように人間用のテーピングを巻いたり・・・と工夫することにしてみたのです^^;・

テープで止めなくても、テーピング同士がくっつくので鳥がテープなどを気にしなくても大丈夫るんるん
色も肌色・白・黒様々で止まり木や鳥の好みに合わせて選るのが嬉しいです〜。
今は便利なものが売っているんですねかわいい

こんな風に巻いてそのまま切ってもほどける事はありません♪(鳥が勝手にかじってほどくことはありますよ〜♪)

e8f3c77646c8581ee9c465766a526ca1366b2a92_63_2_9_2.jpg


床は糞切り網を取り、エアークッションを敷いて・その上に新聞紙を置き、落下してもクッションで怪我をしないようにしています。

飼い主にしてみたらバリアフリーの方がはるかに安心なのですが、当鳥は通常のケージでもなんのその
同居の子と一緒に止まり木や階段をトコトコ渡ったり・一番上の止まり木から床にダイレクトに飛び降りてエサを食べに行ったり(床をクッション性のものにして良かった^^;。)、ブランコの上で垂れ下がった首を時々乗せては休んだり〜と、
本当に高齢&障害を持っているとは思えないほど普通に暮らしていますバッド(下向き矢印)グッド(上向き矢印)

頑張れば時々こんな風に頭を持ち上げることもできます♪

03a1bd16294b688641f83c013562e028b72048bf_63_2_9_2.jpg
デジカメにビックリして引いてしまいましたが、写真ちょっと前はブランコに頭を乗せてくつろいでいたのでした。なんでも活用します。
ab274c3ae5af3ce4c8e0cc1b5361acfc8649efbb_63_2_9_2.jpg

本当に鳥って小さくてもたくましい生命力と順応性を持っていて、出来る中で一生懸命生活を楽しむ生き物なんだなぁ・・・と思いつつ、日々愛しく眺めているのでした揺れるハート
(出せ出せコールもしますよふらふらたらーっ(汗)。)

2012年02月18日

〜鳥もとっても器用だよ♪〜

現在我が家にいるセキセイインコのほとのどは、ショップから購入した子が大半ですが、それまでは初代の子(つがい)の初代の子達・自家繁殖して生まれてきた子達がほとんどです。
初代のつがいが沢山の子供・孫・ひ孫〜と血を受け継いでいってくれていましたかわいい

今、その血を受け継いで残っているのは、初代お母さんの子供:ミントちゃん(12歳・♂)と、お母さんにはにひ孫にあたる子供ピコちゃん(11歳・♂)の2羽だけになってしまいました・・・。
今日はそんなミントちゃんのお話でするんるん

bcd4f9207ff10ab6e1e9e7dc61377882cb521e58_63_2_9_2.jpg

今思えば両親どちらかに遺伝性の潜在的な病気か何かが有ったのだと思います。
このつがいから産まれてきた子達は、産まれた時から先生性の何らかの障害を持っていたり・後から出てくる子が多かった、その後者がミントちゃんでした。

写真で見て貰うと分かると思います。
この子は5歳を過ぎた頃からでしょうか・・・?
我が家で一番多かった、首が下に垂れてしまうお辞儀状態・・・という、「神経障害」を発症しましたexclamation&question

お辞儀しているみたいでしょう?
4268cdf6ceed460c1a3fb7edad952322bc49cff0_63_2_9_2.jpg


我が家では鳥を取るにつれて一番多く出ていた神経障害です。

また、中雛の時に、気付かないうちに足を骨折したらしいのです・・・。
「足がおかしい?」と思って病院に連れて行ったのですが、その時は鳥専門の病院がなかったので「動物病院」で「先天性」と診察されましたがく〜(落胆した顔)
 
・・・けれどその後、現在のかかりつけ小鳥の病院の先生に出会って診察して頂いて初めて、「骨折の跡が有るわ。先天性では無くて骨折した骨がそのまま固まってしまったのね。」と言われた、なかなか数奇な鳥生を生きてきた子でしたもうやだ〜(悲しい顔)むかっ(怒り)

fb9183bb1f66c80bf66669f667371f99cc5b7bf6_63_2_9_2.jpg


当時は片足だけでしたが現在は両足がこの状態です。

3f5620d1ef6adce6c009e01f886d70cc83a0a268_63_2_9_2.jpg
通常、人から見ると「可愛そう」「他の子と比べると不自由そう」と思われるところですが、小鳥の先生曰く「鳥はどんな状態になっても自分が置かれた状況に順応して生きて行きますよ。」・・・と言われたとおり、本当に順応して生活し、初代最後の子供となって生きてくれていまするんるん

・・・どんな工夫をして順応していると思いますか?
それは次回お伝えさせて頂きますねるんるん

2012年02月09日

〜今時期のスズメのポイントは・・・?〜

先日いつもの通院の帰り道、たまたま立ち寄ったお店での駐車場。
車を降りようと窓から外をのぞくと、そこには群れになったスズメちゃん達がワラワラと集まっていたのでした〜かわいい

171cf9a9f6bcfc824bf956c225fa023afa0ded4c_63_2_9_2.jpg

当初、私達夫婦の車に驚いたのか一斉に散らばってしまったのですが、群れのスズメちゃんのエサ場ベストポジションだったのか、次々にまた集まってきたスズメちゃん達です。
車の(汚い^^;)窓の内側から撮ったので綺麗には撮れませんでしたが、車の中に私達がいるのも忘れたのか・車の中にいたからか、あちこちからどんどん集まってきました揺れるハート

99dadd96710aa4cebf97fe2a11b5a82cda1a2e1a_63_2_9_2.jpg

今時期のスズメちゃん達って寒さから身を守るためかプクプク・丸々していますよね。
小さなスズメちゃん達が、自然の中でエサを確保しつつ冬を越すのは凄く大変だと思うのですが、鳥好きとしてはもうその丸々とした姿に煩悩されてしまいます揺れるハート

ab6d80bfbc6c83373d716dc494692ec7fb60719b_63_2_9_2.jpg

スズメちゃんって日本に一番なじみ深い野鳥だからなのか、身近にいながらにして触れることのできなくて見ているだけの鳥だからでしょうか・・・?
「憧れの鳥」・・・と思うのは私だけでしょうか?
どの時期でも可愛いと思うのは当然なのですが、特にこの冬の時期は格別・・・と思うのも私だけでしょうか・・・?

1e21c2252df10e376ee6ab02c1b0af193e1cddae_63_2_9_2.jpg
けれど、思わず立ち止まって・ついついじっと眺めてしまうスズメちゃん達は本当に不思議な鳥ですね。
900d0f51ae91ee4178658a7cc9e0d1be42bd81ba_63_2_9_2.jpg


そうして一番プクプク・丸々している姿が何よりも一番のスズメちゃんポイントぴかぴか(新しい)と思う、鳥バカの私でした。

・・・もうこの姿を間近で見る事ができただけで、通院の疲れなどふっとんでしまった現金な私は、本っ当に鳥バカですね。


↓良かったらお好きな所をポチッとお願いします♪


↓も参加しています。
blogram投票ボタン

↓鳥さんの闘病日記関係を集めた「日本ブログ村」のトラコミュです。病気に関するブログ・情報が表示されます。良かったら参考にされて下さい。

にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ鳥の病気・怪我・病院

みんなで作る鳥の楽園とりっち←会員登録・参加しています。