初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 

2011年03月28日

〜初めて里子に出しました、羊毛フェルトスズメ♪〜

少し前の話になりますが・・・。
ようやく少しずつ、羊毛フェルトで鳥を作るコツが分かってきた感じの主人。
そんなある日、小鳥の病院に行った際、デジカメに撮った羊毛フェルトで作ったスズメちゃんをお見せすると、とても気に入って下さったご様子でしたるんるん

・・・主人に話をすると、「こんなんで良ければ・・・」と躊躇いつつも、初めて羊毛鳥を里子に出してみる事にしましたexclamation&question
行先はお世話になっている小鳥の病院の先生と・その助手さんですプレゼント

img7fd63daazik4zj.jpg
まだまだ人様にプレゼントできるようなものでは無いのですが、ストラップにして、ドキドキしながら小鳥の診察に行った際に先生と助手さんにお渡ししましたあせあせ(飛び散る汗)
img0649f6a3zikdzj.jpg

お二人ともスズメちゃんが大好きという事・ストラップになっているという事で、とっても大喜びして下さいました揺れるハート
本当にドキドキものでしたちっ(怒った顔)あせあせ(飛び散る汗)
そうして「通販すれば良いのに〜」「チラシはこの病院に置いて下さって構いませんよ。」といった、有り難いお言葉まで下さったのでした。

img5afca086zikbzj.jpg
何よりもとっても喜んで下さった先生と助手さんを見て、安心すると共に 「本当に鳥さんが好きなんだなぁ〜」と思ったのでしたハートたち(複数ハート)
祝・初里子さん・・・かなわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


ひらめき後日談です。

つい先日、鳥の健診に久し振りに小鳥の病院へ行って来ました。
・・・すると診察室の中・顕微鏡のモニター近くに、里子に出した、「あの羊毛スズメ」が1羽ぶら下がっていたのでした〜。

先生曰く、 「この子とっても人気が有るんですよ。飼い主さんがよく、「どこで売っているんですか?」と聞かれるんです。」との事。
・・・どうやら「羊毛スズメちゃん」は好評のようです黒ハート

「是非、ご主人さん量産して販売して下さい。」と先生に言われて帰宅した、嬉しい後日談でしたかわいい
posted by うず惚れ at 17:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | L里子に行った子達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

〜羊毛スズメ完成品・お披露目♪〜

東北地方の大地震があってから、早くも1週間以上が経ちましたが、被災地に住まわれている方々、余震・計画停電の中におられる方々には、心からお見舞いを申し上げます・・・。

・・・こんな時にどうか、とも思ったのですが、少しでも鳥好きサンの心の癒しになれば・・・と思い、下記内容の日記を書かせて頂きました。

以前、目のパーツが無い・・・という悲しい出来事に、中途半端な仕上がりになっていた羊毛スズメちゃんちっ(怒った顔)
今回、ようやく目のパーツが入り、無事に完成・お披露目となりました〜ぴかぴか(新しい)
ビーズに紐までつけて、ストラップタイプにしてみたそうです。

imgb1aa4523zik7zj.jpg

リアルなスズメちゃんでは有りませんが、丸々・コロコロしていて、「こんな感じの羊毛スズメちゃんでもいいかなぁ〜」・・・なんて思うこの頃です。
1つ1つサイズも形もバラバラなのは、手作りならでは・・・?

すっかりこのバージョンに慣れた感じの主人は、1羽完成すると、2羽・3羽・・・と、同じバージョンのスズメ達がどんどん我が家に溢れ出してしまったのでしたわーい(嬉しい顔)
最終的に写真では4羽ですが、現在我が家には6羽もの同タイプちゃんが・・・6exclamation&question

img8b13fcbfzik7zj.jpg
まだまだ人様にお渡ししたりするには未完成・未熟な部分も多いですが、「少し進歩&人様の目にお披露目出来るほどにはなったかな?」・・・と思うのですが、如何でしょうか?。
ちまたではリアルな羊毛鳥さんや、細部まで精密に作られた鳥さんグッズが見られるようになり、主人が作る羊毛鳥さんは、そうした方々に比べたらまだまだだとは思うのですが、「こうした丸々・コロコロした鳥さんもいいかなぁ〜」なんて思ったりもするのでしたää
imgc719a513zikczj.jpg

皆さんはご覧になって見て、如何でしょうか?。
(あ、足が無いふらふらどんっ(衝撃)

今回は野鳥も・飼われている鳥さんも、多大なストレスを受けた事と思います。
少しでも早く、また明るい・賑やかな鳴き声が聞こえてくる日が来ますように・・・。

posted by うず惚れ at 16:22 | Comment(9) | TrackBack(0) | L試作品ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

〜心よりお見舞い申し上げます・・・〜

お久し振りです。
こ1週間以上、風邪なのか原因不明の熱で寝込んでおり、ブログの更新も何も出来ない状態でいた、うず惚れです。

つい先日、東北地方で大きな地震・津波が起き、今でも詳細が不明との事。
日本でこのような災害が起きるとは思ってもいませんでした・・・。

幸い私の住む場所は震度3程度で済みましたが、鳥達がパニックを起こして怪我をしないか大変でした。
そういう事を思うと、震災地におられる方々は勿論、計画停電などの区域におられる方々は、とても大変な事と胸を痛めています・・・。

我が家も実家ほ北海道・妹夫婦が住む埼玉・友人が住む東京方面とは、暫く電話連絡が取れず心配でしたが、幸い皆無事でしたが、未だに連絡の取れない方々の事を思うと、とても他人事とは思えないです・・・。
鳥を飼っている者としては、どうしても「鳥を飼われているお宅はどうしているだろう?」「鳥さんは無事だろうか?」「飼い主さんは不便を感じていないだろうか?」と心配してしまいます。

何かできる事が有れば・・・と思いつつ、何も出来ない自分が不甲斐ないです。
どうか少しでも沢山の方が無事でありますように・・・。
鳥さんもどんな命も無事でありますように・・・。
願うばかりです。

お気に入りブログに登録させて頂いている方々は、無事でおられた事を知り、本当に安心しました。
引き続き、お大事にされて下さいマセ・・・。

posted by うず惚れ at 16:04 | Comment(6) | TrackBack(0) | ■その他うず惚れ情報:日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

〜どんな姿でもポイントな子ーその2♪〜

今回は、前回紹介したコピーちゃんのポイントーその2ですかわいい

・・・コピーちゃんには数ヶ月違いで産まれた妹がおり、成長してからはずっとその妹と同居していました。
ルーチィちゃん・♀。

IMG_1632.jpg

その妹が先にそのうの病気になり、闘病の末昨年亡くなって以来ケージに1羽になってしまったコピーちゃんは、ちょっと元気が無くなり・寂しがり屋になってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
「後追いするのでは?」と心配するほどでしたがく〜(落胆した顔)

産まれてからず〜っと一緒に同居していた子だったので、突然いなくなった事がわかったのでしょうか・・・手(パー)
(妹とが本格的闘病に入り隔離するまではずーっと一緒。隔離されていてもコピーちゃん(と妹が同居していた)のケージの上が一番暖かく保温に適していたので、そのケージの上が隔離ケージ置場。)
気配は感じていたのではないかと思います耳

亡くなった妹はコピーちゃんの通院仲間でもありました病院

妹が病気を発症したのと同時期に、コピーちゃんも前回の日記最後で少し書かせて頂いた骨腫が見つかり、手術や切り離しが難しい部位だと分かって以来、定期的に一緒に病院にも通っていたのです車(セダン)

img6f4502bbzik0zj.jpg

年の近い女の子同士。
決してベタベタの仲良しさんではありませんでしたが、それでも一緒に居るのが当たり前の存在だったのでしょうね・・・ムード

何とか亡くなった妹に代わって同居してくれる子がいないものか・・・と、色々な子と同居させてもみましたが上手くいきません。

そんな時白羽の矢が立ったのが、当時1羽でケージ暮らしをしていた「ジャンボセキセイのくららちゃんでしたexclamation&question
 

imgfb799035zikezj.jpg


この子は以前の日記でも書いた通り、とても怖がりサン(おっとりさん、とも言う?)だったので、気の強いコピーちゃんと一緒に生活出来るかという不安もありました。

・・・でもくららちゃん以外同性の女の子はもうおらず、皆弟や甥っ子達ばかりだったので、試に同居させてみる事に・・・。

案の定くららちゃんは初めての他の鳥との同居に怯え、コピーちゃんは妹よりも大きな体のジャンボちゃんにビックリし、初めはお互いに遠慮がち&オドオドしつつの生活でした(苦笑)あせあせ(飛び散る汗)
それでもコピーちゃんの方が力関係は強いようでしたね。

・・・でもコピーちゃんには1羽でいる寂しさの方が大きかったのかも知れません・・・。
あんなに同性には気の強い年長者だったのですが、次第にくららちゃんに寄り添うようになり、時には口ばしをくっ付け合って求愛(雛が親にエサをねだる様に)するような真似事もして甘えてみたり・・・かわいい

眠る時は2羽ともブランコに乗って眠るのが好きなのですが、何故か2か所止まる場所が有るにもかかわらず同じ場所がお気に入りで、寝る時になるとよく場所取りで喧嘩し、いつも負けていたくららちゃんあせあせ(飛び散る汗)
それが今では時々譲ってあげ、自分はくららちゃんのかたわら・止まり木で寄り添って眠るようにまでなったのでしたるんるん

IMG_2189.jpg
2個ある餌箱もどちらで食べるか〜が大抵決まっていたのですが、時々くららちゃんがコピーちゃん用の餌箱で食べていたりするとそのまま譲ってあげて、自分はくららちゃん用の餌箱で食べたりするのですぴかぴか(新しい)

あんなに気が強くて「さすが年長者!?」「くららちゃんとは別居させた方が良いかな?」なんて話していたのですが・・・。
妹が亡くなり・自身も12歳の高齢となって以来、新たな同居鳥くららちゃんにも優しく気遣ったり譲ってあげたり・・・かわいい
そんなコピーちゃんがとても愛おしくてたまりません黒ハート

羽毛が無かろうが、手乗りで無い為私達夫婦には鳥同士のように気を許してはくれなかろうが、そこに居るだけで癒してくれるまだまだ長生きして欲しい、そんな年下(鳥)には優しい所がポイントのコピーちゃんなのでししたかわいいかわいい

2011年03月06日

〜どんな姿でもポイントな子ーその1♪〜

今回は、我が家で一番の高齢お嬢様:コピーちゃん・♀・約12歳をご紹介したいと思いますかわいい
前回紹介したジャンボセキセイのくららちゃんと同居しているお嬢様です。

・・・写真を見て頂けるとお分かりかと思いますが、この子は体の羽毛の大半がありません
PBFDではありません(羽毛の異常病気)。
我が家で産まれた子なのですが、5〜6歳を過ぎた頃から突然毛引きをするようになりましたたらーっ(汗)

img577024e6zik5zj.jpg
小鳥の病院で診て頂くと、「たまに5〜6歳を過ぎた女の子にみられる症状で、高齢になってから発情し、欲求不満から毛引きをするようになる子が稀にいます。」との事で、コピーちゃんはまさにその症状でしたexclamation&question

・・・産まれてから今回毛引きを始めるまで、殆ど全くと言って良いほど発情も産卵もした事が無い子でした。
「女の子でもこういう子もいるんだ・・・。」と思っていました。
それが産まれてから5〜6年を過ぎて初めての発情。
年齢的にもセキセイにはこれから高齢に向かう一つの節目。
家にいる子達は兄弟・甥っ子なので結婚もさせられませんもうやだ〜(悲しい顔)

可愛そうではありますが、母親になる事は諦めて貰うしかありません・・・。
唯一心配したのは、毛引きが止まらなくなり・毛引き予防にエリザベスカラーを点けるかどうか、という事でした。

これまで病気もほとんどした事が無い子でしたので、これから老後に向かうコピーちゃん。
カラーを付けた不自由な生活をを過ごさせたくない・・・と、小鳥の先生と相談しました。
幸いにもその後発情が治まり、毛引きも止まり、カラーを付ける必要が無くなったので、これまでと変わりない生活を続ける事が出来るようになりましたわーい(嬉しい顔)るんるん

我が家にはこうした毛の無い子がもう一羽(既に逝ってしまいましたが)いました。
初めて見る方は、「雛?」「病気?」「可愛そう」等々、色々と言って下さいます。

確かにフサフサの羽毛の子のある子に比べると、保温などの点で不自由さはあるかも知れません。
・・・が、当鳥は写真以上に毛引きする事も無く、自分を特別とも思わない普通に暮らしていますわーい(嬉しい顔)
私達夫婦も保温以外に特別扱いする事も無く、毛が少ないけれどどんな姿でも鳥さんで愛おしい子なのでした黒ハート

imgc5000510zik0zj.jpg

毛が少なくてもきちんと換羽期も訪れ、毛繕いにも余念なく綺麗に羽毛の手入れをし、眠る時は無い「もも毛」に足を引っ込めて眠ります。
健康な子と同じように、羽毛に足を入れているつもりらしいです。
そんな仕草一つ一つが可愛らしくて・愛おしくてたまりません揺れるハート

女の子特有の気の強を持ち、羽毛が無いだけでごく普通のセキセイと変わらない、私達にとっては美人でちょっと気の強いお嬢様
そこがポイントの可愛いコピーお嬢様なのでしたかわいい

余談ですが・・・。
この子には羽毛が少ないという事の他に、骨に出来物が出来ている・・・という病気持ちでもありますexclamation&question
掲載した写真の向かって右側の肩よりちょっと下の方に、小さな丸いものが付いているのが分かるでしょうか?

img6f4502bbzik0zj.jpg


今は様子見・何か分からない「骨腫」です。
今後大きくなっていく可能性もあるので、こちらも要注意しつつ暮らすお嬢様ですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

 

↓良かったらお好きな所をポチッとお願いします♪


↓こちらもも参加しています。ついでにポチッとお願いします。
blogram投票ボタン

↓鳥さんの闘病日記関係を集めた「日本ブログ村」のトラコミュです。病気に関するブログ・情報が表示されます。良かったら参考にされて下さい。
 にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ鳥の病気・怪我・病院

みんなで作る鳥の楽園とりっち←会員登録・参加しています。
 
小鳥レスキュー会 バナー.png
 
←埼玉県にある、鳥の保護・お世話をしているNPO法人です。保護情報は、主に法人のある埼玉県周辺になりますが、まだまだ法人の存在や活動内容について、ご存知ない方も多いので、是非1度ご覧になって見て下さいませ。NPO法人小鳥レスキュー会 活動ブログはこちら