初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 

2011年02月09日

〜最新の鳥専門本・情報満載ー「コンパニオンバードの病気百科」です〜

私が今一番欲しい鳥専門の本、「コンパニオンバードの病気百科」です。

つい最近書店で見つけたのですが、前回紹介した「手乗り鳥の健康の本」の最新版といった感じです。
(出版社は違いますが。)



時間が無い中での立ち読みだったので、詳細は購入して見てみないと紹介出来ないのですが、ちょっとした立ち読みでも驚いた掲載内容を少しご紹介しますと・・・。


  • これまで知られていなかった病気や、あまり詳しくは分からなかった病名・一つの病気(病名)として扱われていた症状が、別々の病気として紹介されており、これまでに無い、新しくて最新・本格的な鳥の病気に焦点を当てた情報本
  • 写真はモノクロながらも感染を起こす病気の元となる細菌を、顕微鏡から見た角度で写真掲載されており、病院へ行った時にモニターを通して見せて頂く、顕微鏡の画面・見た事がるような菌の写真がアチコチに掲載。
  • 「手乗り鳥の本」同様に、病気で鳥の体に現れる症状などが写真で掲載されており、こちらも自分の大事な鳥が「おかしい」と感じた時に写真と見比べて調べる事が出来る
  • とても酷い状態のくちばしの写真などが掲載されており、「可愛そう」と思いつつも「こういう症状が表れたらこの病気の可能性もあるんだ・・・。」と、鳥に現れる症状によっても愛鳥の病気を探す手掛かりになる。

・・・そんな貴重な情報が満載でした。

因みにこちらの本は、不定期に発行されている鳥専門の情報誌「コンパニオンバード」の出版社から発行されたものなので、これまでの情報を集めた最新情報集かとも思われます。↓参照。
鳥のトリコ〜今日も鳥バカ絶好調!!〜のショッピング-コンパニオンバード雑誌他


うつろ覚えではありますが、確か体の部位・症状別に分かり易く分類されて掲載していたと思います。
詳しくは本の詳細・レビューをご覧くださいマセ。



また私が驚いたのは、鳥にも「アレルギー性鼻炎」が有るという事でした。

続きを読む
posted by うず惚れ at 20:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | L鳥・インコ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

〜一応体は着いたけれど・・・?〜

主人が最近色々な鳥の品種やパーツに挑戦しています。

まずは一つの種類にのみ集中して完成品を作れば良いと思うのに、色々と挑戦してみたいようで、中途半端に出来上がった鳥さんが家のアチコチに置かれていますたらーっ(汗)。←コレコレ^^;。

img635dcdc1zik8zj.jpg
 

これで完成なのか、再度パーツを追加して本当の完成品を目指すのか exclamation&question
それとも作り易い鳥を探しているのか・・・?
私には理解不能です^^;。
imge62aa4afzik8zj.jpg
 


中途半端でも可愛い事は可愛いのですよ黒ハート
鳥バカなので・・・わーい(嬉しい顔)

でも、どうせならこのブログで堂々とアップ出来るような完成品を作って欲しい、と思うのでしたあせあせ(飛び散る汗)

これでは「こんな中途半端な羊毛フェルト鳥しか作れないのか・・・?」と思われてしまうよぉ〜バッド(下向き矢印)


img287df580zik7zj.jpg


頼みます、旦那様決定exclamation&question
↑真剣です!!

posted by うず惚れ at 04:53 | Comment(6) | TrackBack(0) | Lチクチク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

〜鳥飼いさんには是非1冊お勧め本ー「手乗り鳥の健康の本」−です〜

小型〜大型まで多種の鳥の飼育・病気・環境について扱われている飼育本です。

お勧めは「健康な鳥」と「病気の鳥」の症状(糞・くちばし〜羽・体全体)を、カラー写真で「これでもか!!」と言うくらい比較掲載してあるので、自分の飼っている鳥さんがどれに当てはまるのか参考にする事が出来る点です。

他にも「火傷でそのうに穴が開いてしまった子」「痙攣する子」「主要を持った子」など、特殊な怪我や病気の子の・飼い主さんによる実際の闘病日記・介護生活が掲載されており、特殊な事態にも対応する為の事前知識も得る事が出来ます。

私自身が管理するmixiの「鳥の飼育・病気相談コミュニティ」でも紹介し、沢山の方の反響を得た、鳥専門の飼育・病気の本でもあります。

残念ながら出版社が移行し・通販のみで入手可能な、書店では手に入れる事の出来ない貴重かつ、在庫あるのみ(?)の希少な本なので、興味を持たれた方はお早めにご注文・入手される事をお勧めします。
CAP!

私のバイブル本でもあります。
posted by うず惚れ at 02:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | L鳥・インコ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

〜羊毛鳥その後・・・^^;〜

主人が試行錯誤しながら羊毛鳥を作っています。

最初は簡単な鳥から挑戦して行けば良いのに、いきなり我が家のヒメウズラ達をモデルに、ヒメウズラに挑戦し始めましたがく〜(落胆した顔)
ただでさえヒメウズラは丸々で、スズメやセキセイとは体系が全く違うと思うのに、初心者でいきなりの挑戦は無謀と言うものではないかい・・・?
主人よ・・・たらーっ(汗)


img9d404d43zik5zj.jpg
出来たウズラはお世辞にもウズラ・・・というか鳥に見えないどんっ(衝撃)
その姿はまるで馬のよう・・・?たらーっ(汗)

img9f0c87f2zik0zj.jpg
 

ブログで公開するかどうかもためらわれる失敗作ですが、ネタにはいいかなぁ?
・・・まずは簡単なものから挑戦しましょうね・・・バッド(下向き矢印)たらーっ(汗)

posted by うず惚れ at 14:06 | Comment(6) | TrackBack(0) | Lチクチク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

〜目玉の親父毛ーNo.2〜

こんにちは、うず惚れです。
我が家のインコ達は一斉に換羽期に入ったようで、ケージの周りは羽毛だらけでするんるん
 

・・・そんな先日、今度は通常サイズの・セキセイの目玉の親父毛exclamation×2
いやはや大量です。

今回は我が家で最も数が多い・でもなかなか見当たらない、イエローフェイスのセキセイの「目玉の親父毛」ぴかぴか(新しい)

img7c736e77zik1zj.jpg
小さくて・色が淡くてなかなかピントが合わなくてうまく取れませんでしたが、お宝映像ゲットです手(チョキ)
 
imgbdaad311zik5zj.jpg
  ブログを書くようになってからお宝物が発掘されるようになり、鳥達もネタの提供に協力してくれているのかしら・・・?るんるん

どんな抜けた羽でも綺麗でフワフワ。
私のコレクションですが、目玉の親父毛はやはりお宝の一つなのでした揺れるハート


↓良かったらお好きな所をポチッとお願いします♪


↓鳥さんの闘病日記関係を集めた「日本ブログ村」のトラコミュです。病気に関するブログ・情報が表示されます。良かったら参考にされて下さい。
 にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ鳥の病気・怪我・病院

みんなで作る鳥の楽園とりっち←会員登録・参加しています。
 
小鳥レスキュー会 バナー.png
 
←埼玉県にある、鳥の保護・お世話をしているNPO法人です。保護情報は、主に法人のある埼玉県周辺になりますが、まだまだ法人の存在や活動内容について、ご存知ない方も多いので、是非1度ご覧になって見て下さいませ。NPO法人小鳥レスキュー会 活動ブログはこちら