◆左サイドにメールフォームを設置しました。何か有りましたら、こちらからご連絡下さいませ。◆



■うず惚れからのお知らせ■

◆白内障のため視力(界)の極度低下で誤字脱字が多くなっています。ご了承下さいませ・・・。−2016.09.28

🚩ブログの表示に時間が掛かるようになってしまいました。ご迷惑をおかけいたします。−2018.05月

🚩左サイドバーにメールフォームを設置しました。ご連絡等はこちらからよろしくお願い致します。

 なかなかリンク集を完成させる事が出来ない為、お勧めのインコ本を画像にして右サイドバーに臨時に表示しました。
リンク集が完成次第、新カテゴリ内や記事下に画像リンク集を移動・編集したいと思います^^;。
暫くは縦長レイアウトになってしまいますがご了承下さいマセm(__)mー2014.07.18。

🚩右サイドバーに臨時設置してあるアマゾンリンク集は、新刊発売時等に、随時更新してありますのでご覧下さいませ。−2017.05.05
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED



初めて「愛鳥闘病記」を読まれる方は、最初に「闘病日記を読まれる前に読んで欲しい事柄」をご覧の上、「自己責任」にて読んで下さいますようお願い致します。特に「写真等苦手な方は」スルーされる事をお勧めします。 

2018年11月21日

〜茶子ちゃんが急死しました:訃報日記〜

こんにちは。 
前回の更新から、あっと言う間に日が過ぎて、もう直ぐ1ヶ月が経とうとしています
その間に色々な事がありましたが、今回はその内の一つ、残念なお知らせをしなければならなくなりました。

前回25日の日付けが変わる頃)、アメーバブログで
”””【親バカフォトバトン】”””〜親バカ全開してもいいですか(^^ゞ?〜記事を書かせていただいたばかりで、私自身、未だに信じられないのですが、ヒメウズラの茶子ちゃんが、10月26日22時ちょっと過ぎ急死してしまいました・・・。
                   ↓ 

8 砂浴びを始めた茶子しゃん.JPG

アメブロ記事を書いた日(25日)は、当の茶子の通院日でもありました。
(こちらのサイトでは〜、アメーバブログを更新しました。〜になります。) 
そのアメブロでも書いていますが、今年の7月から卵管蓄卵材症・9月には卵管嚢胞(疑い)を発症し、でもこれまで特に大きな変化も無く、ずっと経過観察のみの通院でした。 

25日の通院も、普段の経過観察・健康診断、そんないつもと変わりのない通院。 
先生にも「とりあえず、体力のある今から漢方薬を試して行きましょう。」「これから状態が悪化して行く場合は消炎剤他、水が溜まってきたら本格的な治療・投薬を」「痩せないように食事内容・量の管理を」等々、これから先のアドバイスを言われる程度で、まだまだこれから先が、茶子の本当の闘病生活になる予定でした。
 
診察後も・帰宅後も普段通り。 
ご飯もチンゲンサイも・大好きなミルワームも食べて、いつも通り「今日は疲れたね。お休みなさい。」
深夜・早朝、様子を見た時も、特に変わった様子は見られませんでした。 

変化が見られたのは、翌26日、起床してからでした。
起こした時には、少し動き回ってはいた茶子の朝一番の体重測定では、前日71.9gだった体重が74.9g!?
違和感を感じて病院に連れて行った結果、卵材症と診断された時と同じような違和感を感じました。

体重測定後に入れた、朝一番のご飯はほとんどご口にしませんでした。

「昨日の疲れが残っているのかな?」そんな事を思いつつ、少し様子見ていた間に、茶子は目をつぶり・膨らんで一ヶ所でじっとして始めて・・・と、突然・急変しました。 

急いで先生の留守番電話(午前中のみの診察なので既に閉院後)にメッセージを入れて、ご連絡が来るのを待っている間に、保温の強化、ズプリームペレットの粉末をお湯で溶いた流動食と・漢方薬を、スポイドで一定間隔で補助をして・・・。

流動食と漢方での水分補給をするようになってからの茶子は、ほんの数回程、卵を産む時のような力む姿を見せるようになりました。
補助以外、朝から何も口にしていなかったので、勿論、糞も殆ど出ていませんでした。
「糞がしたいのかな?」
「もしかして糞が出来ないのかも

この時の茶子は、じっとしつつも、時々開ける目にはまだ、様子が急変した当初よりも目に生命力が戻ったような印象を感じました。
「給仕・水分補給で、少し落ち回復しれくれたのかな?」
そんな事を思わせる茶子でした。

20時頃先生から折り返しのご連絡があり、アドバイスをいただきました。
「もしかすると、排泄困難(糞詰まり)を起こしている可能性があるかも知れませんね。」
先生のアドバイスは「水分補給と自力排便の補助等々」。

定期的な流動食と漢方薬の水分補給、小さなケージに移して保温しての様子見。
そうこうしながら過ごした21時45分頃
何回目かの給仕補助の際、そっとケージから出して手に乗せた茶子は、足の力が入らなくなっており、ダランとした状態でした。

続きを読む
posted by うず惚れ at 21:48 | Comment(19) | L愛鳥闘病記ー頑張ってます!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 

↓良かったらお好きな所をポチッとお願いします♪


↓こちらもも参加しています。ついでにポチッとお願いします。
blogram投票ボタン

↓鳥さんの闘病日記関係を集めた「日本ブログ村」のトラコミュです。病気に関するブログ・情報が表示されます。良かったら参考にされて下さい。
 にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ鳥の病気・怪我・病院

みんなで作る鳥の楽園とりっち←会員登録・参加しています。
 
小鳥レスキュー会 バナー.png
 
←埼玉県にある、鳥の保護・お世話をしているNPO法人です。保護情報は、主に法人のある埼玉県周辺になりますが、まだまだ法人の存在や活動内容について、ご存知ない方も多いので、是非1度ご覧になって見て下さいませ。NPO法人小鳥レスキュー会 活動ブログはこちら